JR各社の“春の臨時列車のお知らせ”について(写真は クハE232-519)

昨日(1/18)、“春の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、3月からの撮影計画のためにリストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表に直接リンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)

JR四国

JR九州
JR九州(D&S列車)

 
 * * *

 

ここ数年の撮影活動が功を奏したようで、最近は撮影対象の形式(区分)が地味にレアな方向にシフトしています。

顔出しを撮るのが難しい車両を追いかけるなんていい例ですよね。
以前よりも余裕が出てきからです。

 
ということで、今回も撮れたときの感動が大きい、地味な車両を昨年暮れに撮ってきましたので、今回はそのうちの1枚をアップしたいと思います。

 
春の臨時列車にはぜんぜん関係ありませんが、青春18きっぷを使って撮ってきた車両。
臨時快速「青梅 奥多摩号」に充当されている、青661編成の クハE232-519(八トタ)です。

 
クハE232-519

クハE232-519(八トタ)  2018年12月23日 古里駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

オレンジ帯のE232系0番代は中央快速線や青梅・五日市線で使用されています。

しかし、このグループを各形式区分ずつ一通り撮るのは意外に大変なのです。

 
すべてが10両固定編成ではなく、青梅・五日市線にも入るので4・6両編成も用意されています。

編成両数が変わると必要となる装備が若干変わってくるので、形式が同じでもその仕様ごとに番代が起こされます。その結果、10両固定編成にしか連結されない形式区分、また、4・6両編成でしか見られない形式区分というのが出てきます。

 
オレンジ帯のE232系0番代には14種類の形式区分が存在しますが、この中で1つだけ普段の運用だけではどうしても撮れない区分があります。

それが、6両編成の偶数向き(大月・奥多摩・武蔵五日市方)先頭車、クハE232形500番代だったのです。

 
10年くらい前までは拝島駅や青梅駅留置線で気軽に撮れた車両でしたが、状況が変わってしまい撮れなくなりました。

クハE232形500番代なんて珍しくもなんともないですし、普通に顔を出している車両ですが、いざ形式写真を撮るとなると撮影場所がない困った車両なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=30163