「かいじ」のE257系を置き替えたE353系の非貫通形先頭車(クハE352-16)

この春は青春18きっぷを購入したので、曇り予報が出たら積極的に撮影に出ようと準備していました。

でも、なかなか曇ってくれませんね…
2日間でもいいから九州や四国で曇り予報が出たら遠征するつもりでいましたが、なかなか安定的に曇りそうではないので、作戦変更で近場の出撃を積み重ねることにしました。

 
3月16日のダイヤ改正で特急「かいじ」の全列車がE257系からE353系に置き替えられたので、E353系の各車両を甲府まで撮りに行ってきました。

甲府始発の「かいじ」を狙っていれば簡単に乗客がほとんどいない状態で形式写真が撮れますからね…

でも、全国の県庁所在地で日照時間が一番長い甲府はなかなか安定的に曇ってくれません。とにかく晴れます…

E353系のような白色系の車体を晴れた日に撮影するとスッ飛んでしまいますので、曇りの散乱光のもとで撮っておきたい形式です。

 
春分の日、3/21(木)に曇り(ときどき雨)予報を期待して甲府に行きましたが、お昼前までは小雨、午後は晴れときどき曇りで、安定的に曇る天気にはなりませんでした。

まぁ〜、朝から晩までいればきれいに撮れるチャンスはあるもので、なんとかE353系の偶数向き非貫通形先頭車、クハE352形がきれいに撮れました。

 
なんでこんな非効率な出撃までして撮影しているのだろうか?
そう思いながら撮影してましたが、きれいな仕上がりだったので、松本車両センター(長モト)のクハE352形、クハE352-16 をアップしたいと思います。

貫通形先頭車と同じデザインの前頭部ですが、正面の貫通扉はダミーですので、連結器下部の自動連解結装置が省略されています。

 
クハE352-16

クハE352-16(長モト)  2019年3月21日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=30714