「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「あかぎ」基本編成のサロ651形100番代(サロ651-1006)

line

昨日(12/19)、JR各社より来春のダイヤ改正の概要が発表されました。

今回の目玉は北陸新幹線の金沢延伸開業と上野東京ラインですので、JR東日本とJR西日本の発表は速達タイプの「かがやき」がどうとか、これに接続するためにこんな列車が走ります、品川に乗り入れる列車は… みたいな内容がメインです。

 
でも、住んでいる地域や乗りたい・撮りたいと思っていた列車などによって注目する内容が異なりますので、JR各社の発表を一読しておくのがいいと思います。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JRグループ

JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社山梨エリア)
JR東日本(八王子支社多摩エリア)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(近畿統括本部)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR九州

JR貨物

 
 * * *

 
普段から今後の車両動向を予測しながら先回りして撮影したいと思っています。

なかなか実行できるわけではないですが、心掛けるようにしているので、形式写真の仲間うちでも“現行ダイヤで撮影できた●●系がダイヤ改正後は撮れなくなりそう”、“じゃあ急いで●●系は▲▲駅で撮っておかないと”、みたいなやりとりがもうすでに何往復が飛び交っています。

 
JR東日本高崎支社の発表で、“「スワローあかぎ5・4号」は、651系7両編成で運転します。”とありましたが、11両編成だった同列車が7両へと短かくなるだけで撮れなくなる形式が出てくるのです。

もしかしたら別の場所で撮れるのかも知れないですが、少なくとも今のところほかの撮影場所は思いつきません。

 
こういう場合は列車自体がなくなるわけでもないですし、車両が置き換わることでもないので、一般的にスルーされてしまいます。

でも、撮れると思っていた車両が撮れなくなるので、撮影を先送りにしていると撮れず仕舞いになることだってあるのです。

 
ということで今回は、来春のダイヤ改正で「あかぎ5・4号」「スワローあかぎ5・4号」が短編成化されると撮れなくなる可能性が高い651系1000番代のうちの1つ、サロ651形1000番代をアップします。サロ651-1006(宮オオ)です。

 
サロ651-1006

サロ651-1006(宮オオ)  2014年12月20日 深谷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「あかぎ5・4号」「スワローあかぎ5・4号」が短編成化されると、651系1000番代の4両付属編成の定期運用がなくなりますので、直接影響を受けるのは付属編成(オオOM301〜303)です。

しかし、付属編成のみに連結されているクハ651形1100番代は9月の出撃のときに撮っていましたので、問題なし。

でも、編成が短くなることで停車位置が変わって撮れなくなる可能性まで考えると、基本編成のサロ651形1000番代が問題になります。

 
それでは早めに撮っておいた方がいいよね!ということで、埼玉県北部に午前中だけ曇り予報が出ていたので、サロ651形1000番代を撮ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_saro651-1006/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP