「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

JR東海の第1期機関換装車のキハ48形3800番代(キハ48 3816)

line

昨日(12/18)、トイレなしの機関換装・ワンマン改造車のキハ48形6800番代(元キハ48形1500番代)をアップしましたので、今回はトイレ付きのキハ48形3800番代(元キハ48形500番代)をアップしたいと思います。

 
キハ48 3816

キハ48 3816(海ミオ)  2010年11月5日 高山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

トイレなしのキハ48形1500番代はJR東海に継承された17両が機関換装に合わせてすべて6500番代に改番されましたが、これはJR東海としては第2期にあたる1994(平成6)年以降に機関換装が行われたため、新たに搭載された駆動機関(エンジン)がカミンズ社製のC-DMF14HZBで揃っていたためです。

 
しかし、トイレ付きのキハ48形500番代は機関換装が早い時期から行われたため、1992(平成4)年に施工されてC-DMF14HZを搭載したキハ48形3500番代(5両)と、1995(平成7)年以降に施工されてC-DMF14HZBを搭載したキハ48形5500番代(13両)の2種類に分かれました。

C-DMF14HZはキハ85系で実績のあったエンジン、C-DMF14HZBはキハ75形とおなじエンジンで、いずれも出力は350PSです。

オリジナルのDMF15HSAは220PSと非力のエンジンでしたから、民営化以降の機関換装により出力が1.5倍以上に。これで実用レベルの出力となりました。

 

今回アップしたキハ48形3800番代は第1期機関換装車です。

しかし、現在は機関換装のときに与えられた番号(3500番代)ではありません。

 
これは、第2期機関換装車のときに採られた新しいキハ40系の付番ルールに合わせて再改番されたからです。

 
再改番以前、キハ48形3500番代は原番号に3000をプラスした キハ48 3526・3529・3531・3532・3541 を名乗っていましたが、これでは第2期機関換装車の番号と整合がとれません。

ワンマン改造済みだったキハ48形3500番代は、機関換装のみを加味した改番だったため、百の位(末尾3桁目)にワンマン対応を示す3または8が入っていません。

また、国鉄からJR東海に継承されたキハ48形500番代の18両を番号順に並べ、若い番号から順に1番目から18番目までの車両という意味の末尾2桁の整理番号も付いていません。

 
これでは元キハ48形500番代の18両の末尾2桁がきれいに並びませんので、キハ48 3526・3529・3531・3532・3541 の5両は1999(平成11)年に キハ48 3809・3812・3814~3816 へと再改番されました。

 

JR東海のキハ48形(耐寒耐雪形)の系譜を整理すると次のようになります。

1両ごとに履歴を書いた方がいいのかも知れませんが、グループとして整理した方が分かりやすいと思いましたので、イカロス出版の形式本で使っているチャートのようにまとめてみました。

如何でしょうか?

 
JR東海キハ48形の系譜図(耐寒耐雪形) ※両数は2014年9月30日現在

JR東海キハ48形の系譜図(耐寒耐雪形) ※両数は2014年9月30日現在

上図をクリックすると大きな系譜図が表示されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrc_kiha48_3816/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP