「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「あかぎ」付属編成のクハ651形1100番代(クハ651-1102)

line

今日(9/20)は1日まったり過ごす予定でしたが、朝起きたら昨日(9/19)時点の晴れ予報から1日曇りに変わっていたので、185系を撮りに新秋津まで出掛けました。

と、途中までは185系の変わり種車両を撮るつもりでしたが、「ホリデー快速鎌倉号」に充当されている編成が目当てのものでなかったのが事前に Twitter で分かったので、新秋津を素通りして大宮に直行。

185系が撮れなかったのは残念でしたが、土休日の大宮駅にも行きたいと思っていたので、ちょうどいい機会になりました。

 
土休日は家族の予定が優先されるので、なかなか出掛けることができないのです。または、比較的予定が入れられる土曜日に出撃できるように調整しても、そういうときに限って晴れてしまう、そんなことがここ半年ぐらい続いてました。

ということで、今回は貴重な土曜日出撃となりました。

 
でも、大宮駅は鉄道ファンが多く、できるだけここでは撮りたくないのですが、ほかに撮影場所が思い当たらない車両というのがあったので、今回はその2両だけを撮影してすぐに帰りましました。

 

今回はそのうちの1枚をアップします。土休日でないと撮れない車両で、「スーパーひたち」から転用されて半年が過ぎた「あかぎ」系統用のクハ651形1100番代の クハ651-1102(宮オオ)です。

 
クハ651-1102

クハ651-1102(宮オオ)  2014年9月20日 大宮駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

特急「あかぎ」「スワローあかぎ」は7両編成が基本ですが、1往復だけは4両の付属編成(オオOM301〜303)が連結されます。

クハ651形1100番代は、この付属編成の前橋方(11号車)に連結される奇数向き先頭車です。
付属編成は4両と短いため、偶数向きのクハ650形1000番代に搭載されている電動発電機(MG)と空気圧縮機(CP)で十分容量が足りているので、当車にはMGとCPが搭載されていません。そのため、付属編成の奇数向き先頭車だけが1100番代に区分されています。

 
撮影するたびに閑古鳥が鳴いている651系「あかぎ」「スワローあかぎ」を見ていますが、そもそも11両編成も必要な列車なのでしょうか?

いつ見てもガラガラです。

バブル時代に登場した比較的豪華な仕様の651系なのにもったいないです。

せっかく元“新特急”の185系を置き替えたのだから、単に空気を運ぶなんてもったいないことは止めて、乗車率が上がるような施策は打ってもらえないのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kuha651-1102/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP