陸羽西線に投入されたキハ110形200番代の最終増備車(キハ110-238)

今回は、タイミングを逸していた形式写真をアップしてみたいと思います。

 
キハ110系の両運転台車のキハ110形200番代のうち陸羽西線用として小牛田運輸区(仙ココ)に投入された キハ110-238 です。

 
キハ110-238

キハ110-238(仙ココ)  2016年2月13日 石巻駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ110-238 は、1999(平成11)年12月の山形新幹線新庄延伸に合わせて陸羽西線に投入されたキハ110系最終増備車のうちの1両です。

基本構造は従来のキハ110形200番代と同じですが、トイレが車イス対応の洋式に仕様変更されています。
客窓のカーテンが省略されており、その代わりに窓ガラスが熱線吸収ガラスに変更されています。

 
投入当初は、片運転台車の キハ111-213〜221 と キハ112-213〜221 は陸羽東線用、キハ110-237〜245 は陸羽西線用と運用が分かれていましたが、現在はこの線区別の運用は解かれ、キハ40系を置き替えるかたちで石巻線や気仙沼線でも使用されています。

キハ110形は当初陸羽西線向けとして投入されたため側窓下部に“最上川のもたらす豊かな恵み”を示す黄色の帯が入っています。赤帯を配したキハ111・112形とは塗色が異なるので、遠目からでもすぐに形式を確認することができます。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系

コメント

  • とても親しみある車両が登場して嬉しいです。
    この車両、243~245は一人掛け座席が45度回転することでも知られていますね。
    窓とあっていない部分も少なくないですが。

    2017年5月30日 21:29 | 日本海ファクトリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=26747

トラックバック