「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

第三セクターへの譲渡準備のためにJRマークが剥がされていた クハ520-31

line

5/19(金)に“夏の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
数日前から急に暑くなって全国的に晴れベースの天気に変わってきたので、これまでの遠征で撮影した写真を少しずつ整理しています。

 
普段から珍しい車両を追いかけているわけではないのですが、過ぎてみたらほんの短い期間にだけ見られた姿を記録していた、という写真がありましたのでアップしたいと思います。

北陸本線で使用されていた521系交流電車の制御車(T’pc)、クハ520-31(金サワ)です。
第三セクターへの譲渡準備のため乗務員扉横のJRマークが撤去されていたときに撮影したものです。

当時はG26編成と名乗っていた2両編成の米原方に連結されていましたが、北陸新幹線開業にともない北陸本線金沢〜直江津間が第三セクター化されたため、現在はあいの風とやま鉄道のAK15編成として活躍しています。

 
クハ520-31

クハ520-31(金サワ)  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

あいの風とやま鉄道は富山県内の北陸本線石動~越中宮崎間を引き継いだ第三セクター鉄道で、2015(平成27)年3月の開業時にJR西日本から521系2両編成16本と413系3両編成5本を譲り受けています。

発足当初はほとんどがJR時代の塗色のままでしたが、鉄道会社の発足に合わせて順次521系の塗色変更が実施され、山側にブルー、海側にグリーンのラインを施した新しいデザインに改められました。

すでにあいの風とやま鉄道ではJR色の521系は消滅しましたので、JRマークのない青帯車は見られなくなりました。

 
クハ520-31のJRマーク剥がし跡

JRマークの剥がし跡(クハ520-31)

 

このときはまだJR在籍中でしたので、運転台部分の前面窓に“G26”と書かれた編成番号表示パネルが掲げられています。

 
編成番号の“G26”(クハ520-31)

 

JR所属車なのにJRらしさが少し足りない、過渡期だけに見られた521系を記録した、という話しでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kuha520-31/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP