鶴見線で活躍する元埼京線用・先頭車化改造車のクハ205形1100番代

先日(1/20)の磯子出撃は午前中だけでお仕舞いでした。

京浜東北線・根岸線を走っているのがE233系1000番代だけですからね。
こういうときは長居は無用です。途中から雪も降り始めてましたし…

そのあとは野暮用があったので、川崎市内に移動。

 
せっかくの出撃なのにテツ活動を何もしないで川崎に行くのももったいないですから、鶴見線の大川駅に立ち寄って雑草の状況を確認に行ってきました。

この駅に入線する鶴見線用の205系1100番代の形式写真は、50mm標準レンズを使えば簡単に3両とも撮影ができます。

 
すでにこちらにアップしている中間電動車 モハ205形0番代(モハ205-95)をご覧になると分かると思いますが、中間車のモハ205形はパンタグラフを搭載している車両なので、少しサイド寄りからやや広角気味の45mmレンズで撮影した方がいいと思っています。

でも、このときは50mmレンズしか持っていないときで、他に選択肢がありませんでした。

今ならタムロンの45mmレンズがあるので、もう少し被写体をサイド側から撮ってシングルアーム式のパンタグラフがはっきり分かるような構図で撮ることができます。
撮影場所は道路沿いなので下がることができないという撮影場所の制約からも逃れられますしね…

 
ということで、以前から大川駅での撮り直しを画策していましたが、問題は大川駅構内の雑草。

以前のように現場で気軽に形式写真が撮れないですから、駅構内で引きが取れるところで撮影するしかないので、線路際の手入れが行き届いた時期に撮り直ししたいと思っていました。

 
ということで、大川駅構内の雑草を確認してきました。

 
鶴見線大川駅構内

 
やっぱりまだダメのようです。
立ち枯れた雑草の中に大川駅ホームが浮いているような感じ。

う〜ん…

3月中旬にもう1回確認してみたいと思います。

 
今回は駅構内の雑草がきれいに刈られた時期に撮影した クハ205-1108(横ナハ)をアップしたいと思います。

 
クハ205-1108

クハ205-1108(横ナハ)  2014年3月26日 大川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

鶴見線で走っている205系1100番代は元山手線用と元埼京線用の車両を転用改造したグループですが、制御車(Tc)のクハ205形1100番代はすべて埼京線用10両編成の4号車または7号車のサハ205形を先頭車化改造したものです。

なお、今回アップした クハ205-1108 は サハ205-229 からの改造車です。

 
山手線にE231系500番代が投入された際、従来の205系を他線区へ転用するときに6ドア車だけは埼京線の一部のサハ205形(4ドア車)を置き替えるかたちで転用されました。

このときに余剰となったサハ205形が先頭車化されて鶴見線の103系置換用として再活用されました。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

相模線用205系500番代のパンタグラフ付き中間電動車(モハ205-509)

この週末から曇りがちの天気になりそうでしたので、前回の遠征で最後に寄りたかった新潟県内に行こうと準備し、今朝出掛けるつもりでいました。

昨晩はぜんぜん寝られなくて完全に徹夜してしまったので、その勢いで出掛けようと天気予報を確認したところ、iOS版の tenki.jp(気象協会)とウェザーニュースは1日中曇り。でも、気象庁とWeb版の tenki.jp は日中晴れ。

このように予報が割れるときが出掛けないに越したことはない。しかも、tenki.jp は何度再読み込みしても、iPhone と MacBook でぜんぜん違う予報… 変ですよね。

 
こういうときは無理して遠出しない方がいいので、昨日(11/7)は近場だけど行くのが面倒な新秋津に行ってきました。

でも、残念ながら晴れてしまったのと、変な思い込みがあってそもそも7両編成の最後尾は撮れないことを忘れていたため、新秋津は撃沈でした。

気を取り直して、こんどは帰りに橋本に寄って205系500番代の中間電動車が撮れるかどうか確認してきました。

 
ここは相模線用車両が撮れる数少ない場所です。

しかし、中2線空きで205系500番代が留置され、さらにモハ205形のパンタグラフが上がっている時間帯は限られてしまいます。

梅雨の時期を過ぎると背の高い雑草が下回りを隠してしまうという大きな問題があるので、今までは平日ダイヤの17時前後の約20分間を6月ごろに狙うしかないと思ってました。

その時期の曇りの日の夕方に橋本駅に行くなんてピンポイントなことはできないですから、車内が室内灯で明るくなった写真しか撮れません。

でも、土休日の昼間にパンタ上がりのモハ205形500番代が撮れるのなら、雑草が落ち着いた時期の曇った日に来ればいいので、撮影がだいぶ楽になります。

 
どうやら今年3月のダイヤ改正で橋本駅構内の留置状況が変わったみたいで、寝起きの遅い運用が留置される場所が変更されたようです。

それを確認に行ってきました。

 
ここは晴れていると完全に逆光なので、曇ってくれないと芸術的な写真になってしまいますが、昼間の明るい時間帯に撮れることが分かりました。

昨日は運よく待っているあいだに20秒ぐらい雲が太陽を遮ってくれたので、ロケハンだけで終わらずに モハ205-509 の形式写真を撮ることができました。粘り勝ちです。

 
モハ205-509

モハ205-509(横コツ)  2015年11月7日 橋本駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

夕方よりはきれいに撮れますね。

4年前の夕方に撮った モハ205-510 と見比べていただくと分かりますが、車内が明るすぎるよりは今回の写真の方が安心して見えますよね?

 
でも、パンタグラフが上がっているモハ205形500番代が撮れるのは20分間だけですので、土休日ならいつ行っても撮れるわけではありません。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

川越・八高線のモハ204形3000番代(モハ204-3004)

先日の書き込みのとおり 45m標準レンズの“TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)”を購入しましたが、このレンズに適した撮影地での試し撮りは済んでいません。

どこか遠征に出る前に F013 のクセを十分に把握しておきたいのですが、なかなか安定して曇ってくれません。

今年の10月は晴れてばかりですからね。

 
しばらく試し撮りは無理かと思っていたところ、先週の金曜日(10/23)に午前中だけ曇り予報が出たので高麗川に行ってきました。

このときに撮影したのが川越・八高線用のモハ204形3000番代(モハ204-3004)です。

 
モハ204-3004

モハ204-3004(宮ハエ)  2015年10月23日 高麗川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

何てことのない形式写真ですが、今回の写真は45mmレンズだから撮れた構図なのです。

 
50mmレンズで同じような構図で撮るには1m下がらないといけませんが、ホームに地下階段があるのでこれ以上は下がれません。

そのため、普段は反対の4位側(右側)から撮っていますが、そちらから撮るとこんどはホーム屋根が車体に写り込むので車体のステンレス部分が黒ずんでしまいます。

でも、今回のように2位側(左側)からカメラを構えると写りこんでしまう構造物が少ないので、車体はそれほど黒ずみません。

 
ステンレス製車体の車両を撮る場合、被写体周りの構造物との位置関係が大変重要になります。

鋼製車体では気にならなかった問題です。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

南武線用の先頭車化改造車 クハ205形1200番代(クハ205-1204)

横浜線につづいて南武線にもE233系が投入される予定ですが、JR東日本八王子支社からE233系の運用開始時期についての発表がありました。

南武線用のE233系8000番代は10月から運用されるようです。
横浜線用のE233系6000番代と同様に線区ロゴが入るみたいで、カラー帯に入れられるロゴは横浜線よりも凝ったデザインになるみたいです。

 
南武線に投入予定のE233系(イメージ)

南武線に投入予定のE233系(イメージ)

 
現在、南武線は205系(6両編成×27本)と209系(6両編成×4本)で運用されていますが、E233系が投入されると205系と209系0番代が淘汰されると予想されます。

淘汰対象車のうち205系0番代については稲城長沼駅が高架化される前の電留線でだいたいの形式を撮りましたが、先頭車化改造車のクハ205形1200番代・クハ204形1200番代は何とか撮りたいと思っています。

209系は今年に入ってから武蔵溝ノ口駅に何度か通ったので、中間車についてはOK。でも、先頭車はまだまだです。

 
立川方の先頭車を何処で撮るか?
これが問題で、もう1回くらいロケハンをして撮影場所を探しておこう!そう思ってから何年か経ってしまいました。

一方の川崎方については、矢向駅の留置線でお休みしているのを狙うのがベストだと考えています。

 
ですが、狙っている車両が矢向駅の留置線でお休みする確率がかなり低く、しかもその日に曇ってくれるかどうかも分からないので、クハ205形1200番代、クハ209形0番代、クハ209形1200番代の撮影がぜんぜん進んでいません。

 

南武線の車両を好条件で撮影するとなるとやっぱり年単位に。

でも、そんなことは言ってられないので、最後はどこかの駅で適当に、と諦めることになりそうです。

 
一応、クハ205形1200番代については矢向駅の留置線(中3線空きの場所)に入ってくれたので、今回アップする写真のようにきれいに撮れましたので一安心ですが、あとはクハ209形0番代とクハ209形1200番代です。

引退までにここで撮影する機会に恵まれるか、何に祈ればいいのでしょう?

クハ209形0番代なんて クハ209-68 の1両しかいないですからね… ここでは撮れないかも。

雑草も伸び放題だし…

 
クハ205-1204

クハ205-1204(横ナハ)  2014年7月17日 矢向駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

川越・八高線用のクハ204形3000番代(クハ204-3001)

前にも書きましたが、この時期はまだ雑草が伸びきっていないときなので、JR車両が留置されている場所のうち夏場になると撮れなくなりそうな場所に出掛けるようにしています。

 
昨日(4/22)は曇り予報でしたが、つきみ野は朝からピーカン。

でも、お昼過ぎから雨が降り始める不安定な天気で、出撃するには判断が難しい天気でしたが、関東地方の北部に行くと雨の確率が低くなる傾向が見られたので、川越・八高線の高麗川駅まで撮影およびロケハンに行ってきました。

 
高麗川駅の留置線は、川越・八高線の4ドア車(205系3000番代、209系3000番代、209系3100番代)と通称八高北線(非電化区間の高麗川〜高崎間)のキハ110系の2本がお昼寝する場所ですが、ダイヤ改正後はどのように留置線が使われているのか確認したかったので、1枚でも写真が撮れればいいという軽い気持ちで行ってきました。

昨日は実際に1カットしか撮影できなかったのですが、高麗川駅東口の工事状況も確認できたので、無駄な出撃に終わりませんでした。

 
今回は昨日撮影した唯一のカット、川越・八高線で使用されている先頭車化改造車、クハ204-3101(宮ハエ)をアップします。

 
クハ204-3001

クハ204-3001(宮ハエ)  2014年4月22日 高麗川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

鶴見線を走る205系(1100番代)と同じように、川越・八高線の205系3100番代も先頭車はすべて中間車からの改造車です。
そのため、クモハ204形1100番代などと同じ形状の先頭部が取り付けられていますが、こちらは鶴見線などよりも寒い地区を走るので、押しボタンの操作でドアが開閉するように半自動化されているのが特徴です。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本