湘南帯もすっかり板についた東北本線のクハ204形600番代(クハ204-612)

たまたまタイミングが合わなくて1年近く下書きのまま放置されていた形式写真がありましたので、今回は湘南帯の205系600番代をアップしたいと思います。

 
最近は、滞泊先を狙わないと撮影できない形式を夏至前後の時期に撮るようにしています。

昨年(2017年)は黒磯駅の新幹線高架脇に行って上野方の偶数車、クハ204形600番代(クハ204-612)を撮りました。

奇数車(青森方)のクハ205形600番代は宝積寺駅で行けば撮れますが、偶数方は簡単に撮ることができません。
宇都宮駅で撮れることがありますが、ダイヤ改正ごとに留置場所が変わったり、ダイヤが乱れないと撮れなかったりするので、地元ファンでないと追いかけることができません。

以前、日光線色時代の クハ204-603(現在は“いろは”に改装) を宇都宮駅で撮ったことがありますが、この場所に留置されるのは希なケースです。

 
湘南帯のクハ204形600番代を撮るなら反対側の2位側を撮りたいと思っていたところ、一昨年(2016年)の福島遠征で暗いなか黒磯で205系を確認したので、再度訪問して撮影したのが今回アップする クハ204-612(宮ヤマ)です。

 
クハ204-612

クハ204-612(宮ヤマ)  2017年5月14日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

こちらのブログでは、50mmレンズ(COSINA Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZF.2)と45mmレンズ(TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD)の2種類で撮影した形式写真を掲載していますが、実は標準レンズをもう1本所有しています。

上の写真をクリックして拡大すると使用機材のクレジットが“COSINA Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N”となっているとおり、58mmレンズも使っています。

 
COSINA Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N

COSINA Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N

 

“Voigtländer”(フォクトレンダー)なんて聞き慣れないブランドですが、Nikon マウントの“CarlZeiss”レンズを製造している“COSINA”製のレンズです。

やや広角気味のときに使っている TAMRON の45mmレンズ(F013)よりも描写性が優れています。さすが“COSINA”です。

 
このレンズはすでに販売終了になっていますが、現在は後継モデルの“COSINA Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II S”が販売されています。

後継モデルは品番が“N”が“S”になっただけですが、オールドレンズ風味が増した外観にマイナーチェンジされて、マニュアルフォーカス時代の Nikon レンズでお馴染みだったカニ爪が再現されています。

光学設計はそのままで定価が1万円ほど高くなってしまったので、残念ながら4万円でおつりがくるほどのお買い得感はなくなりました。

 
後継モデルも小さくて軽いので、“今日は少し遠くに止まっている車両を撮るぞ!”というときには好適なレンズだと思います。

 



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

SIVを搭載している武蔵野線用のモハ204形5000番代(モハ204-5062)

予告なしにブログの更新を半月ほどお休みさせていただきました。
申し訳ありませんでした。

 
7月中旬に発売されるムック本の執筆に取り掛かっていたからなのですが、それ以上に問題だったのは不眠でした。

まったく寝られない日や明け方まで眠気が来なかったりで、日常生活が送れないほどでした。早めに取り掛かっていた執筆もアタマが回らない日ばかりが続いたので想定より遅くなってしまいました。

 
昨日(6/14)までにほぼ終わりましたので、今日からブログを復活したいと思います。

少し余裕ができたので中断していたジョギングも再開し、家事をサボって気兼ねなく就寝できるように気持ちを切り替えました。

そして、今日(6/15)、プチ出撃をして気分転換してきました。

 
形式写真仲間の冨田さんのブログに「武蔵野線に転用された菱形パンタグラフのモハ209-512」という記事がありましたので、リハビリを兼ねてケヨM81編成の モハ209-512 を撮りに府中本町に行ってきました。

今日のM81編成は朝の混雑が一段落する時間帯に府中本町に入線する運用だったので、きれいに撮れるだろうと期待して駅ホームで準備していたら「デジタル形式写真館」の横山さんに声を掛けられました。

横山さんも同じことを考えていたようで、2人で三脚を並べて モハ209-512 を撮りました。

予想どおり乗客が少ない状態できれいに撮りましたが、このときの写真はすでに横山さんがサイトにアップしていますので、こちらをご覧いただければと思います。

 
ということで、こちらは今だったら普通に走っている SIV(SC66B)搭載のモハ204形5000番代、モハ204-5062(千ケヨ)をアップしたいと思います。

 
モハ204-5062

モハ204-5062(千ケヨ)  2018年6月15日 府中本町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国鉄形車両の電動車は2両を1ユニットとして編成を組みます。

2両ユニットのうち奇数形式(205系の場合、モハ205形)に制御装置が搭載され、偶数形式(205系の場合、モハ204形)に補機類が搭載されます。

なので、モハ204形には補助電源として電動発電機(MG)が搭載されますが、武蔵野線で使用されている205系5000番代は山手線から転用された車両が主体になっているので、MG未搭載のモハ204形も武蔵野線に転用されました。

 
しかし、MGは国鉄時代の設計のもので新造することができない機器だったので、新しい静止形インバータ(SIV)をモハ204形の一部に搭載することにしました。

このときの編成組み換えおよび電動車ユニットのインバータ制御化改造にともなう改番を整理すると下図のようになります。

 

上段:ヤテ 55編成(東京総合車両センター←旧山手電車区)

ヤテ55編成からケヨM31編成への組み換え

下段:ケヨ M31編成(京葉車両センター)

上の編成図をクリックすると大きく表示されます。

 

M31編成に組み込まれなかった165番ユニットは、インバータ制御化されて5067番ユニットとなりM34編成に組み込まれました。一方、余った6ドア車 サハ204-68 は廃車されました。

 
山手線の205系の大転用劇も約15年前の話しなんですね…



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

阪和線からに奈良線に転用された205系1000番代(クハ205-1005)

奈良・和歌山遠征の2日目(4/25)の話しです。

 
初日に和歌山まで550kmも運転してヘロヘロ気味だったので、四国入りとか中国地方への移動は諦めてそのまま奈良に泊まることにしました。

4/25(水)は朝方まで雨が残る予報だったので、少し朝寝坊して10時ごろから奈良線長池駅で205系1000番代を撮っていました。

 
205系1000番代は阪和線用として1988(昭和63)年に製造されたマイナーチェンジ車ですが、阪和線に大量の225系が投入されて3ドア車に統一されたため吹田総合車両所日根野支所(近ヒネ)から奈良支所(近ナラ)に転属しました。

3月17日ダイヤ改正から奈良線の103系運用の一部に入って営業を開始したようだったので、長池に行けば4両編成の普通列車運用で簡単に撮れるものだと思っていました。

でも、行ってみると、ウグイス色の103系はまだまだ現役。
しかも、221系まで普通列車運用に入っているので、205系1000番代の各形式区分を一通り撮るには何時間か滞在しないとダメ。

205系1000番代を撮るだけで4時間も掛かってしまって、ほかの駅に移動する余裕はありませんでした。

 
ということで、今回は103系や221系と一緒に活躍している205系1000番代をアップしたいと思います。

新天地ではNE409編成と名付けられた4両編成の奈良方に連結されている クハ205-1005(近ナラ)です。

 
クハ205-1005

クハ205-1005(近ナラ)  2018年4月25日 長池駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR西日本

宇都宮駅の留置線でお昼寝している205系日光線色の クハ204-603

ここ数週間ほど睡眠障害で昼夜逆転の生活に…

しかも、睡眠時間が短いので起きているあいだの生産性も悪く、どんどん悪化しています。

1ヶ月前の遠征記録についても勿体ぶらずにどんどん書いていきたいのですが、作業的なことは難なくできても苦手な文章書きモードに入ると思考停止。困ったものです。

 
理由は簡単で、暑くて寝られないからです。

 
同じ寝室で寝ている奥さんがエアコン嫌いで、エアコンを付けながら就寝するとすぐに風邪を引いてしまう。

寝室を快適温度にして寝ることができないのです。

 
寝室を別にしたいので、もう何年も前から書斎を片付けるつもりでしたが、なかなか着手できない。

以前はリビングで寝るときもありましたが、今はネコを飼っているので、ネコの毛を掃除してからでないと体中が痒くなってしまう。

ネコを飼ってますけど、ネコ好きではないので…

 
飼い始めからマッタリ・モード全開のモカ

 

でも、可愛いですよ…
 

栃木市に住む義母のお世話もあって栃木に行くことが多いですが、マスオさん状態なのでなかなか落ち着かない。

奥さんの実家に行っても、家事を何もしない男連中にヨソ者の私が家事をやるのも馬鹿らしい話し。

 
栃木に行ったときは可能な限り向こうの実家には滞在せずに出掛けるようにしています。

早朝や真っ昼間の栃木県内は神奈川県民にとって遠い場所です。

これを機に栃木県内のJR車両を撮っておこうということで、“大人の休日倶楽部パス”で酒田駅(山形県酒田市)に遠征した翌日、7/2(日)に宇都宮駅まで行ってきました。

 
小山駅や小金井駅の構内の雑草の状況を確認したかったので、小山駅にクルマを駐めてから東北本線(宇都宮線)で移動しました。栃木(市内)〜小山駅間は渋滞しないのでね…

すでに酒田往復で“大人の休日倶楽部パス”の元は取ったので、短距離利用については気にしませんでした。

 
 * * *

 
今回は、“大人の休日倶楽部パス”の2日目(7/2)の成果として宇都宮駅で撮影した205系600番代をアップしたいと思います。

日光線色のクハ204形600番代、クハ204-603(宮ヤマ)です。

 
クハ204-603

クハ204-603(宮ヤマ)  2017年7月2日 宇都宮駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本

鶴見線で活躍する元埼京線用・先頭車化改造車のクハ205形1100番代

先日(1/20)の磯子出撃は午前中だけでお仕舞いでした。

京浜東北線・根岸線を走っているのがE233系1000番代だけですからね。
こういうときは長居は無用です。途中から雪も降り始めてましたし…

そのあとは野暮用があったので、川崎市内に移動。

 
せっかくの出撃なのにテツ活動を何もしないで川崎に行くのももったいないですから、鶴見線の大川駅に立ち寄って雑草の状況を確認に行ってきました。

この駅に入線する鶴見線用の205系1100番代の形式写真は、50mm標準レンズを使えば簡単に3両とも撮影ができます。

 
すでにこちらにアップしている中間電動車 モハ205形0番代(モハ205-95)をご覧になると分かると思いますが、中間車のモハ205形はパンタグラフを搭載している車両なので、少しサイド寄りからやや広角気味の45mmレンズで撮影した方がいいと思っています。

でも、このときは50mmレンズしか持っていないときで、他に選択肢がありませんでした。

今ならタムロンの45mmレンズがあるので、もう少し被写体をサイド側から撮ってシングルアーム式のパンタグラフがはっきり分かるような構図で撮ることができます。
撮影場所は道路沿いなので下がることができないという撮影場所の制約からも逃れられますしね…

 
ということで、以前から大川駅での撮り直しを画策していましたが、問題は大川駅構内の雑草。

以前のように現場で気軽に形式写真が撮れないですから、駅構内で引きが取れるところで撮影するしかないので、線路際の手入れが行き届いた時期に撮り直ししたいと思っていました。

 
ということで、大川駅構内の雑草を確認してきました。

 
鶴見線大川駅構内

 
やっぱりまだダメのようです。
立ち枯れた雑草の中に大川駅ホームが浮いているような感じ。

う〜ん…

3月中旬にもう1回確認してみたいと思います。

 
今回は駅構内の雑草がきれいに刈られた時期に撮影した クハ205-1108(横ナハ)をアップしたいと思います。

 
クハ205-1108

クハ205-1108(横ナハ)  2014年3月26日 大川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

鶴見線で走っている205系1100番代は元山手線用と元埼京線用の車両を転用改造したグループですが、制御車(Tc)のクハ205形1100番代はすべて埼京線用10両編成の4号車または7号車のサハ205形を先頭車化改造したものです。

なお、今回アップした クハ205-1108 は サハ205-229 からの改造車です。

 
山手線にE231系500番代が投入された際、従来の205系を他線区へ転用するときに6ドア車だけは埼京線の一部のサハ205形(4ドア車)を置き替えるかたちで転用されました。

このときに余剰となったサハ205形が先頭車化されて鶴見線の103系置換用として再活用されました。



この形式写真に関連するタグ: 205系 , JR東日本