「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「はくたか」で運用されている“しらさぎ”色の681系(写真はサハ681-10)

line

今回は遠征3日目(2/24)の話しです。

 
前日(2/23)に魚津駅8時間耐久の写真撮影レースを繰り広げましたので、北陸地区2日目は石動駅で朝だけしか撮れない車両を撮影し、残りの時間は高岡駅で撮影する予定でした。

しかし、曇り予報だったハズなのに朝から晴れてしまい、石動ではまさかの(ほぼ)空振り、高岡に戻っても撮影枚数ゼロ。

このままでは無駄な1日に終わりそうだったので、富山周辺の天気予報と概況を確認し、東に移動すれば曇るような予感がしたので、もう1日魚津駅で粘ることにしました。

 
「はくたか」の車両を撮影する場合、同列車は富山駅で乗り降りする乗客が多いので、魚津で撮るよりも高岡で撮った方が乗客が少ない状態で撮れます。もちろん、視線を気にせずに撮ることもできます。

前日(2/23)はそれを見越して魚津駅で「はくたか」用車両を撮っていたのですが、天気予報が外れてしまったので無駄骨に。

 
結局、2日連続で魚津駅に入り浸ってしまいました。

撮れず仕舞いよりはいいので、この日も列車が来たら対向ホーム側から写真を撮る、この作業をず〜っと繰り返しました。

 
2日間も同じ場所で合計12時間以上も撮っていたので飽き飽きしましたが、取り敢えず撮っておきたい車両は撮りきったという気持ちです。

ただ、残念ながら直前に413系100番代が運用から外されて七尾線の415系800番代の代走運用に入ってしまったので、413系100番代の2両は撮れませんでした。

これまで413系100番代には振られっぱなしでしたが、最後の最後もダメでした。

 
 * * *

 

昨年9月以降、特急「はくたか」に充当される金サワの681系編成は、基本6両編成(W01〜W05編成)の3号車(モハ681形200・300番代)と付属3両編成(W11〜W15編成)の8号車(モハ681形0番代)とのあいだで車両交換が行われて編成が組み替えられました。

これは北越急行所属の681系2000番代と683系8000番代も例外ではなく、同じように編成が組み替えが行われました。

 
JR電車編成表 2015冬」は締め切りの関係で基本・付属とも2本ずつしか編成組み替えが反映されていません。

昨年11月上旬の北陸遠征のときは組み替えが行われていない従来編成を目撃しましたが、11月中旬の遠征では見掛けなかったので、11月中旬までに完了したのだと思います。

 
※ 681系の編成組み替えは鉄道ニュースでもしっかり採り上げられていませんので、そのうちこちらに最新の編成表をアップします。

 
この状態でダイヤ改正を迎えて特急「しらさぎ」に充当されるものと思っていましたが、3月14日のダイヤ改正を目前に控えた2月になって「しらさぎ」転用のための塗色変更が開始されました(出典:RMニュース)。

 
今回の遠征でそんな話題の車両を撮影しましたので、帯色が「しらさぎ」に充当されている683系2000番代のように“青色+オレンジ色”に変更されたサワW04編成の サハ680-10(金サワ)を写真をアップします。

 
サハ680-10

サハ680-10(金サワ)  2015年2月24日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この帯色変更ですが、実際に車両を近くで見て塗り分け部分を確認してみたところ、塗装によるものでなくカラー粘着フィルムによる施工のようでした。

サワW04編成は「しらさぎ」転用準備として車体全体が塗装されたのではなかったので、雨スジはそのままでした。

従来は サハ683-4 の写真ように前位車端部にロゴエンブレムが貼付されていましたが、同部分に楕円形のグレーのフィルムが貼られていたので、“WHITE WING”のロゴは読み取れませんでした。

 
“WHITE WING”のロゴが消された部分

サハ680-10 の“WHITE WING”のロゴエンブレムが消された部分

 

鉄道ニュースによると、吹田総合車両所京都支所(近キト)の681系にも“しらさぎ”色をまとった編成が登場しているようなので、ダイヤ改正までに「しらさぎ」転用の準備を終わらせる気なのかも知れません。

今のところ、金サワ配置の681系は基本編成、付属編成ともに1週間にだいたい1本のペースで帯色の変更が進められているので、ダイヤ改正までに間に合うかも知れません。

 
なお、今回の遠征(2/23〜2/24)で確認した“しらさぎ”色の「はくたか」編成は、W01編成・W04編成・W11編成・W13編成の4本でした。

いつものようにイラストにしてみましたが、こんな感じです(右側が大阪・金沢方)。

 
金サワW01編成

金サワ W01編成

 
金サワW04編成

金サワ W04編成

 
金サワW11編成

金サワ W11編成

 
金サワW13編成

金サワ W13編成

 

“しらさぎ”色をまとった「はくたか」編成の681系。

このような過渡期と思われる姿が記録できるのも、あと2週間あまりとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_saha681-10/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP