「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「はるか」の荷物室付き先頭車(クハ281-7)

line

この週末の関西遠征で初日(3/2)の最初に撮影したカットを今回アップします、特急「はるか」の米原方先頭車、クハ281-7(近ヒネ)です。

 
特急「はるか」は関西国際空港へのアクセス特急列車で、ほとんどの列車は京都〜関西空港間で運行しています。

この区間で281系車両の形式写真を駅撮りで押さえるのは至難の業ですが、朝の時間帯の一部列車だけ米原発が設定されているので、以前からこの延長区間内の野洲駅で281系を撮りたいと思っていました。
そこで今回の遠征は、野洲駅 8:21発の「はるか13号」に間に合うように移動しました。

直前から雪が振り始めましたが、本降りになる前だったので何とか関西国際空港方の先頭車、クハ281-7 だけ撮影できました。

 
クハ281-7

クハ281-7(近ヒネ)  2013年3月2日 野洲駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
クハ281形は乗務員室(運転室)と客室のあいだに荷物室が配置されており、京都駅構内の京都シティエアターミナル (K-CAT)で預かった手荷物を収容していました。その後、K-CATが廃止されたため荷物室は閉鎖されていますが、客室化などの改造は実施されていません。

大きな“JR”マークが描かれた部分のスライドドアもそのまま残されており、“クハニ281”と呼びたくなるような外観のまま活躍しています。

 
JR東日本の「成田エクスプレス(N’EX)」は253系時代に乗車して客室設備の悪さに閉口し、成田空港への移動でJRは使わなくなりましたが、JR西日本の281系はそんな手を抜いた車両ではありません。落ち着いた雰囲気の客室で、特急に相応しい車両になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kuha281-7/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP