只見線のキハ40形500番代(キハ40 542)

1年前は何をしていたのだろうかと思って写真を探してみました。

快速「あいづライナー」の583系電車を撮りに会津若松駅へ行って、そのまま只見線沿線をドライブしてキハ40形の形式写真がきれいに撮れそうな駅をロケハンしたようです。

そのときの写真はだいたいアップ済みですが、障害物があったためにお蔵入りにしていた写真がありましたので、今回は会津川口駅で撮影した キハ40 542(仙コリ)をアップします。

 
只見線沿線は豪雪地帯なので、雪で隠れないように背が高い停止位置目標(先頭位置を定める標識)が設置されています。
普段、停止位置目標があっても車体に掛からなければOKと見なしているのですが、只見線ではほとんど駅で停止位置目標が邪魔になります。

ホーム側に停止位置目標が設置されている駅を探してロケハンしましたが、停車時間が長く、撮影時に引きが取れる駅は只見駅と大白川駅くらいしか見つかりませんでした。

 
2011(平成23)年7月30日の豪雨により現在も会津川口〜大白川間が不通ですが、もう1回只見線行脚に出かけたいと思っています。

 
キハ40 542

キハ40 542(仙コリ)  2011年5月28日 会津川口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
写真の キハ40 542 は元左沢線のワンマン改造車で、ロングシート改造車です。
出入扉脇にワンマン運転用の乗降表示器が取り付けられていますが、只見線ではワンマン運転を行わないため使用停止となっています。

左沢線時代に便所が撤去されているロングシート改造車(キハ40 542・578・579)の3両と汚物処理装置が取り付けられていない キハ40 550 は、便所付きのキハ40形とペアを組んで運用に就いているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=6023