「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

小湊鐵道に譲渡された元只見線用の キハ40 2026

line

元JR東日本から小湊鐵道に譲渡されたキハ40形の キハ40 2 が営業運転を開始しました。

定期運行に先立ち「急行『さと山』号運転 キハ40定期運行前ツアー」という貸し切り列車が 4月23・24日の“夜行コース”と4月24日の“昼コース”に設定され、これに元 キハ40 2026 の キハ40 2 がJR時代の東北地域本社色のまま塗色変更されずに充当されました。

 
2020(令和2)年5月に、只見線と磐越西線(会津若松〜野沢間)での運行を終えた郡山総合車両センター会津若松派出所(仙コリ)のキハ40形のうち キハ40 2021 と キハ40 2026 の2両が小湊鐵道に搬入され、その後、小湊鐵道仕様への改造工事が進められていました。

キハ40 2021 が キハ40 1 に改番されて、塗色も小湊鐵道のキハ2000形に準じたものに変更されましたが、一方の キハ40 2(元 キハ40 2026)は東北地域本社色のままJRマークの代わりに“KTK”のマークが貼付されました。

後位側の全般検査(全検)標記は“郡山総合車セ”から“五井機関区”に改められ、出入扉付近の出入口表示器も“小湊鐵道”の幕に変更されましたが、“仙コリ”をはじめとするJR時代の表記は一部残りました。

 
キハ40 1・2 とも正面の助士席側に北海道の一般・急行形気動車のような車両番号標記が入りましたが、キハ40形の追加導入を見越した措置なのかが気になります。

今なら状態のいいキハ40形が手に入りますからね…

 
 * * *

 

ということで、今回はJR時代に撮影した キハ40 2026(現小湊鐵道の キハ40 2)をアップしたいと思います。

 

キハ40 2026(仙コリ)  2020年3月8日 会津若松駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kiha40_2026/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP