「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「くしろ湿原ノロッコ号」を牽引・推進運転したディーゼル機関車 DE10 1661

line

今回は、北海道遠征の撮影3日目(10/3)の話しです。

 
10/3(土)は、北海道遠征の大本命、「くしろ湿原ノロッコ号」が川湯温泉まで延長運転する日です。

「くしろ湿原ノロッコ号」は週末を中心に釧路〜塘路間で運転されていますが、普段の運転区間ではオハフ51形を改造したトロッコ車両や DE10 1661 がきれいに撮れません。未確認なので断言できませんが、少なくとも引きが取れる場所はありません。

そこで目を付けたのが、川湯温泉までの延長運転。

昨年(2019年)から延長運転が復活しましたが、今年(2020年)の5月はコロナ禍のため運転取りやめに…

 
今秋の延長運転日も 10/3(土)だけ。

うまくいくか分かりませんが、ピンポイントで「くしろ湿原ノロッコ号」用の5両を狙うことにしました。

 
この日の天気は曇り☁️

運よく形式写真日和に恵まれましたが、「くしろ湿原ノロッコ号」は、指定席(2〜4号車)は満席、自由席(1号車)も座りきれないほどの混雑。

長時間停車する駅ではイベントが開催されたため、駅舎の近くは乗客で溢れかえってました。

乗客が写らないように撮影できるか心配でしたが、中線跡のある 標茶駅、敷地外から引きが取れる 摩周駅、折り返しで時間のある 川湯温泉駅、それぞれの駅でなんとか撮りました。

 

「くしろ湿原ノロッコ号」の編成表(左側が釧路方)

 

4号車の オクハテ510-1 だけは乗客がいっぱいのときしか撮影できなかったので、この1両だけは機会があれば撮り直したい…

残りの4両はいつものようなクオリティで撮れましたので、今回はそのうちの1両、「くしろ湿原ノロッコ号」を牽引・推進運転した DE10 1661 をアップしたいと思います。

 
DE10 1661

DE10 1661(釧)  2020年10月3日 摩周駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

DE10 1661 は総括運転用の機器を搭載しているので、帰りの釧路行き(81号)は先頭車となる オクハテ510-1(4号車)の運転台から DE10 1661 を遠隔操作して推進運転します。

この運転方式は「富良野・美瑛ノロッコ号」の富良野行き(1・3・5号)とまったく同じで、同列車の場合は オクハテ510-2DE15 1533 または DE15 1534 を制御します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrn_de10_1661/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP