「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「夢空間」と名付けられた豪華車両のうちの1両(オシ25 901)

line

前回に引き続き電気機関車をアップする予定にしていましたが、車種にとらわれずにスキャンやレタッチをした形式写真をアップすることにしました。

気まぐれに形式写真をセレクトした方がモチベーション維持にはいいようなので、デジタル一眼レフカメラとフィルム中判カメラにとらわれずに進めていきます。

 
今回は、「ブルトレ新系列客車のすべて」のときにポジフィルムをスキャンし直していた形式写真をアップしたいと思います。

「夢空間」と呼ばれた豪華仕様の3両のうちの1両、食堂車“ダイニングカー”の オシ25 901 です。

 
オシ25 901

オシ25 901(東オク)  2007年10月19日 尾久駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

次世代寝台特急を模索して「夢空間」と名付けた豪華車両が1989(平成元)年に試作されました。

このときに、2人用個室車“デラックススリーパー”のオロネ25-901、“ラウンジカー”のオハフ25-901 とともに食堂車“ダイニングカー” オシ25-901 が新製されました。

 
写真の オシ25-901 は24系編成の端部に連結されることを前提に設計されているため、丸妻非貫通の後位車端部にダイニングルーム(食堂)が配置され、同室の両側に非常口が設置されています。

ダイニングルームは「北斗星」「トワイライトエクスプレス」のスシ24形と同じように大きめのテーブルを配置し、フルコース料理にも対応できるように配慮されました。1-3位側(写真の向こう側)の車体中央部には4人用個室が設置されるなど、プライベートな空間も用意されていました。

 
2009(平成21)年6月に廃車となりましたが、現在は武蔵野操車場跡地にオープンした“ららぽーと新三郷”に展示されています。

 
「夢空間」の落成時期がバブル末期であったことと客車列車そのものの衰退時期が重なってしまったため、直系の後継車は生まれませんでしたが、その理念は「四季島」「瑞風」「ななつ星」などのクルーズトレインで結実されることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_osi25_901/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP