「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「つがる」から外された中間車 モハE750形0番代 (モハE750-3)

line

まめに形式写真をアップしているので、いろいろなキーワードで訪れてくれる方が多いです。

おかげさまで、最近は週末を中心に1日300人以上のアクセスがあり、ページビューも2,000を上回る日があります。
また、変わった形式を検索して訪れる方が多いようで、ブログのトップページが飛び抜けてアクセスが多いということもなく、過去30日間でアクセスが多かった「人気の投稿」欄で分かるように、ネタものに関係ない車両も上位に食い込んでいます。

 
本当にうれしいです、ありがとうございます。

 
以前アップしていた モハE751-3(盛アオ)のアクセス回数が多かったので、今回はこの車両とペアを組む電動中間車(M’)の モハE750-3(盛アオ)をアップします。

 
モハE750-3

モハE750-3(盛アオ)  2010年11月26日 弘前駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
現在、特急「つがる」はE751系電車で運用されていますが、2010(平成22)年12月の東北新幹線新青森延伸開業までは八戸〜青森・弘前間の「つがる」として運用されていました。

八戸発着時代までは6両編成でしたが、秋田〜青森間の特急「かもしか」を「つがる」として引き継ぐ際に中間車2両が外されました。

もともと秋田〜青森間は3両編成の485系1000番代で運用されていた区間なので、多客期でも新「つがる」にモハE751形0番代とモハE750形0番代を増結しるほどの需要はないようです。

E751系はATC-Lが未設置(準備工事のみ)で、6両編成3本しか製造されなかったので、いまの装備では青函トンネル入線の特急「白鳥」に使えません。
2015(平成27)年度に北海道新幹線新青森〜新函館(仮称)間が先行開業する予定なので、それまでは「白鳥」系統に大きな動きはないものと思われます。

 
モハE751形0番代とモハE750形0番代はJR北海道のキサロハ182形550番代のように使用用途が見つからないまま、保留車として留置され続けていくのでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_mohae750-3/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP