「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

ドレミファインバータ搭載のE501系未更新車(モハE501-5)

line

JR車両を追いかけていると、いつでも撮れそうな車両を後回しにしてしまいます。

E501系交直流電車もそんな車両の一つで、気が付けばシーメンス製のVVVF主変換装置が残る未更新車は10両編成1本(K702編成)だけとなってしまいました。

いつ工場に入場してもおかしくない状況でしたので、先日の水戸方面への出撃ではK702編成も追いかけて、VVVF主変換装置を搭載したモハE501形とモハE500形を撮ってきました。

 
モハE501-5

モハE501-5(水ミト)  2012年6月21日 水戸駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
この写真で左側に配置された大きな床下機器がVVVFインバータ制御の主変換装置(CS52)です。

タモリ倶楽部などでネタにされた京浜急行電鉄の新1000形や2100形よりも先に採用された独シーメンス製のシステムで、発車・停車時にキーボードを奏でるようなメロディ音を発するので「ドレミファインバータ」とも呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_mohae501-5/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP