「増毛ノロッコ号」の制御機能付きの展望客車(オクハテ510-2)

今回も「増毛ノロッコ号」の客車をアップしたいと思います。

舌をかみそうな形式を名乗っている運転台付きの展望車、オクハテ510-2(旭アサ)です。

 
客車であるにも関わらず乗務員室(運転室)が設けられているので、形式に重量を表す“オ”の次に制御車を意味する“ク”が入れられています。
国鉄時代には考えられなかった形式です。

戦前の特急「燕(つばめ)」「富士」のスイテ38形やマイテ49形などのように後方展望を楽しむタイプの展望車ではないですが、車体側面からの眺望が楽しめるような構造になっているので、展望車を表すために形式の末尾に“テ”が加えられて“オクハテ510”という珍しい形式を名乗っています。

 
オクハテ510-2

オクハテ510-2(旭アサ)  2016年5月7日 留萌駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「増毛ノロッコ号」のディーゼル機関車は増毛方に連結されています。
 
「増毛ノロッコ号」の編成表(左側が増毛方)

「増毛ノロッコ号」の編成表(左側が増毛方)

 

従来の客車列車でしたら、終点で機関車を付け替えて方向転換(機回し)していました。

しかし、これでは近年の簡素化された線路配置で機回しができないため、JR北海道のノロッコ号は、ディーゼル機関車に総括運転ができる機器を搭載し、最後尾の客車に設置された運転台からの遠隔操作でプッシュプル運転をすることで機回しを不要としています。

このような方式はオハ50系化された「釧路湿原ノロッコ号」(1998年)で初めて採用され、1999(平成11)年に登場した「富良野・美瑛ノロッコ号」にも採用されました。

 
「増毛ノロッコ号」は「富良野・美瑛ノロッコ号」用車両を中心に組成されたので、増毛行きの下り列車はディーゼル機関車(DE15 1533)が先頭とした一般的な客車列車でしたが、留萌・旭川行きの上り列車は当車(オクハテ510-2)が先頭車の不思議な見慣れない編成で運転されました。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , オハ50系 , ジョイフルトレイン

「増毛ノロッコ号」の3号車に連結された“バーベキューカー”(ナハ29002)

今回は、遠征2日目(5/7)の話しです。

 
この日は北海道内に横たわっていた前線の影響で、岩見沢は朝から雨模様。

キハ182-405 をもっと好条件で撮り直したかったので、朝から岩見沢駅にスタンバって「オホーツク1号」待ちしてましたが、残念ながら到着直前に土砂降り。

仕方ないので、深川に早めに移動するも、こんどは晴れ。

やはり、道内の天気は難しいですね。

 
しかし、2時間も滞在しているうちに次第に雲が多くなってきたので、留萌本線で使用されているキハ54形500番代を撮影。

そして、留萌で折り返す観光列車「増毛ノロッコ号」を追いかけに 4925D に乗車して留萌に到着。

初めての留萌です。

 
ここでもキハ54形500番代を撮影し、「増毛ノロッコ号」の入線を待ちます。

ワクワクしますよね。

 
ゴールデンウィーク突入直前に発表された「増毛ノロッコ号」。

留萌本線留萌〜増毛間は12月4日を以て廃止されるので、「ノロッコ号」用の車両がゆっくり撮れる最後のチャンスかも知れないです。

 
「増毛ノロッコ号」の折り返し時間は約1時間20分。

ディーゼル機関車を含めて5両を撮影するには十分な時間ですが、風が強すぎるのと、ときどき雲が切れて晴れてしまったので、1時間近くも掛けてゆっくり撮影しました。

「増毛ノロッコ号」の編成表を描いてみましたが、こんな感じです。

 
「増毛ノロッコ号」の編成表(左側が増毛方)

「増毛ノロッコ号」の編成表(左側が増毛方)

 

1号車(オハテフ510-51)と4号車(オクハテ510-2)の2両は「富良野・美瑛ノロッコ号」用車両で、茶色をまとったお揃いの車両です。この2両は旭川運転所(旭アサ)に配置されています。

緑色の オハテフ510-2 は「くしろ湿原ノロッコ号」用車両で、ナハ29002 は“バーベキューカー”です。何れも釧路運輸車両所(釧クシ)に配置されています。

1両ごとに塗色がバラバラという印象が強く、寄せ集め感は否めないですが、撮影車側から見ると賑やかでいい雰囲気の列車でした。

 

今回は、「増毛ノロッコ号」の3号車に連結されていた“バーベキューカー”の ナハ29002 をアップしたいと思います。

因みに、形式番号の“29000”はバーベキューの肉(ニク=29)の語呂合わせから名付けられたようです。

 
ナハ29002

ナハ29002(釧クシ)  2016年5月7日 留萌駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ナハ29002 は2001(平成13)年7月に登場した“バーベキューカー” ナハ29000形の増備車です。

ナハ29001 と異なり1,000mm幅のドアを設置しているので、となりに連結された気動車(キハ40形など)から移動せず直接乗車できるようになりました。
また、肉や野菜などの販売カウンターを後位側に配置しており、カウンター内に大形冷蔵庫や手洗い設備、流し台、水タンク、殺菌装置などが設置されています。

客室の座席はテーブルをはさんだ4人掛けのボックスシートになっていますが、「富良野・美瑛ノロッコ号」「増毛ノロッコ号」として使用されるときはテーブルの電気式ホットプレートは撤去されます。

 
種車は、かつて「カートレイン北海道」で使用されていたワキ10000形の ワキ10165 です。

車体側面には貨車時代を思わせるものがほとんど残っていませんが、高速貨車用として開発されたTR203台車と、リブ付きの浅い三角屋根に当時の面影が残っています。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , オハ50系 , ジョイフルトレイン

JR東日本の建築限界測定車(マヤ50 5001)

年内は「トワイライトエクスプレス」用の24系客車と681・683系“クロ”を続けてアップしていきたいと書きましたが、意気込みだけで更新できませんでした。

すみません。

 
今年は例年の12月とは違ってまったり新年の準備ができるだろうと思っていましたが、現在書庫として使っているアパートが取り壊しになるのと、もう1つ別の理由から急遽不動産探しすることになってしまい、いつものようなバタバタな12月になってしまいました。

運よく自宅から3分という好立地の貸事務所が見つかりましたので、2日前に契約を済ませてホッとしたところです。

 
いろいろと事情があるのですぐに引っ越し作業に入れませんが、3月に入ったら本格的に引っ越しするので、時間があると書棚の配置などを考えている今日この頃といった感じです。

2ヶ所に分かれている2万冊あまりの在庫を整理しないといけないのも頭痛のタネで、どのように効率的に引っ越しするか?これも大きな問題です。

 
 * * *

 
今年もあと数時間だけになりました。

今年はいろいろなことがありましたが、たくさんの方にお世話になりながら何とか無事に過ごすことができました。
ありがとうございます。

皆さまにとって2015年が素晴らしい年になりますように願っております。

 
今回は予告していた24系客車や681・683系“クロ”ではありませんが、JR東日本の建築限界測定車 マヤ50形をアップします。

以前アップしたことがある写真とは反対側ですので、今回のと合わせて2枚の写真があれば模型作りなどに役立つのではないでしょうか?

 
マヤ50 5001

マヤ50 5001(仙セン)  2014年8月31日 横川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , オハ50系

“East i-E”に組み込まれた建築限界測定車(マヤ50 5001)

1月下旬に娘(小5)のFGS(巣状糸球体硬化症)が再発して自宅静養になり、また長男の高校受験が始まり、奥さんが相変わらず忙しすぎて寝に帰るような状況が続いていたので、しばらく形式写真の撮影に出られませんでした。

ネットショップを営んでいるので自宅作業にシフトすれば特に問題ないのですが、ようやく娘のFGS再発にともなうネフローゼ症候群が治まり、長男の高校受験が昨日(2/18)の面接で終わりましたので、早速近場の出撃に行ってきました。

 
「フレッシュひたち」のE653系付属編成の先頭車(クハE653形100番代)を撮りに行きたかったのですが、長男が学年末試験の前で朝から勝手に子どもたちを置いて出られるタイミングではなかったので、朝食後に家を出ても間に合う場所ということで久喜まで行ってきました。
ねらいは、尾久〜黒磯間で運転された乗務員訓練列車の牽引機、今はなき「スーパーエクスプレスレインボー」に合わせた塗色をまとった EF81 95 でした。

 
うまく撮れていれば今回アップする予定でしたが、残念ながら埼京線の影響で東北本線が遅れていたためなのか、久喜駅で停車すると思っていた乗務員訓練列車は5秒くらい一時停車しただけで行ってしまいました。

この車両にはいつも嫌われていますが、今回もダメでした。

 
久喜で長居する気はなかったので、気を取り直して211系サロを撮りに小山まで移動。
昨年の12月に上野口の211系運用が激減したため、明るい時間帯に東北本線下りを走るのは567Mと581Mしかありません。

両列車をねらいに小山に移動したところ、宇都宮行きの567Mの直前に建築限界測定車マヤ50形を組み込んだE491系“East i”の4両編成が入線し、撮り直しをしたかったマヤ50形が橋上駅舎の影にならない場所に停車してくれたので、これを撮影しました。

 
マヤ50 5001

マヤ50 5001(仙セン)  2013年2月19日 小山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
電気・軌道総合試験車のE491系“East i”は3両編成ですが、今回のようにマヤ50形をはさんだ “(←青森方)クモヤE491-1 + モヤE490-1 + マヤ50 5001 + クヤE490-1(上野方→)” の4両編成で検測することもあります。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , オハ50系

元「海峡」用の防災代用車両 オハフ51 5003

昨日(1/13)は函館駅ホーム横の駐車場から6時30分頃に撮影した ED79 4 をアップしましたが、その1時間前、朝の5時30分過ぎに撮った オハフ51 5003(函ハコ)をアップします。
青函トンネルで事故があったときに乗客を救出するための“防災代用車両”として余生を送っている、元「海峡」用車両です。

海からの強風の中、30分粘って、3秒以上のスローシャッターで撮影したカットです。等倍に拡大してもブレなく撮れたみたいで満足してます。

 
オハフ51 5003

オハフ51 5003(函ハコ)  2010年8月1日 函館運輸所



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , オハ50系