大井川鉄道に譲渡されて オハ47 512 に改番された旧国鉄 オハ46 512

すでに鮮度落ちの情報ですが、今年(2016年)3月に廃止となった急行「はまなす」で使用されていた14系客車4両を大井川鐵道が購入した、との発表が6/9(木)にありました。

すでにスハフ14 502 と スハフ14 557 の2両は大6/9(木)に大鉄入りしており、残りの2両(オハ 14 511・535)も発表後の6/11(土)に到着しました。

 
少し前まで経営難に喘いでいた大井川鐵道ですが、2014(平成26)年夏に「きかんしゃトーマス号」の運転を開始して以来、同社は攻めの姿勢に転じ、今ではすっかり息を吹き返しました。

子ども向けキャラクターだから成し得たこことはいえ、牽引機の蒸気機関車をキャラクター・デザインに改造するなどの思い切った施策が功を奏したかたちになります。

 
賛否両論はあるでしょうが、何処かで収益をきっちり上げていかないと旧形車両の動態保存はできないですから、「きかんしゃトーマス号」に対して批判的な気持ちはありません。

まだ子どもが小さくて、“きかんしゃトーマス”好きだったら、私も家族で大井川鐵道に乗りに行っていたと思うので。

 
西武鉄道にもいろんな塗色の9000系が登場していますが、これからは、いつ塗り替えられてしまうか分からないという緊張感を持つようにして鉄道車両を撮っていかないといけないようです。

今年(2016年)は“きかんしゃトーマス”の3年契約の最後ですから、見慣れない塗色になってしまった旧国鉄の旧形客車も撮っておいた方がいいように思います。

ということで、今回はオレンジ色になったトーマス客車の オハ47 512(旧国鉄 オハ46 512)をアップいたします。

 
オハ47 512(旧国鉄オハ46 512)

オハ47 512(旧国鉄オハ46 512)  2016年4月28日 大井川鐵道新金谷駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

“トーマス”専用客車として車体がオレンジ色に変更されたのは、オハ47 81・380・398・512、スハフ42 184・286・304 の7両です。

 
国鉄/JR の“オハ47形”はスハ43形の台車を TR47 から TR23(一部の車両はTR34)に交換したために誕生した形式です。

これは、改造名義の軽量客車(オハネ17形とオシ16形)を製造するときに、乗り心地のよいTR47台車を供出する必要があったために台車交換が行われたからです。

スハ43形は698両が新製されましたが、そのうち328両がオハ47形に改造されました。

 
一方で、698両も新製されたスハ43形のうち、途中から設計変更などにより自重が“ス”級から“オ”級に収まるまで軽量化が進んだ改良タイプが160両も製造されました。

これらの車両は落成後すぐの1956(昭和31)年に“オハ46形”に形式変更されました。

すでに、オハ46形はオリジナル設計で オハ46 1〜60 が落成していましたが、スハ43時代の番号そのままでオハ46形に編入されたので、編入車は オハ46 374〜398・494〜553・599〜628・654〜698(飛び番号)となりました。

 
今回アップした大井川鐵道の オハ47 512 は1990(平成2)年まで旧国鉄時代の オハ46 512 を名乗っていた車両ですので、元々は1954(昭和29)年製の スハ43 512 ということになります。

 
終戦後に新製された切妻形の同タイプの一般形客車は“スハ43系”と呼ばれますが、“スハ43形”として最後まで活躍した車両は多くありませんでした。

鉄道模型では代表形式として必ず製品化されますけどね…

 
これは、自重の関係で“オ”級のオハ46形とオハ47形が重宝がられたことが影響していたためで、旧形客車がほとんど淘汰された1985(昭和60)年3月時点ではほとんど見掛けられませんでした。

そのため、動態保存されているのもオハ47形ばかりとなりました。

 

本格的に形式写真を撮りはじめた1985(昭和60)年3月中旬、すでに稼働状態にあったスハ43形は東北と山陰、そして九州に少しだけ。

スハ43形は撮れないものと諦めていましたが、トップナンバーで盛岡客貨車区(盛モカ)の スハ43 2001 が常磐線平駅に入線したときにはビックリしました(2001を名乗っているのは電気暖房搭載車のため)。

しかも、鉄道ダイヤ情報誌に書かれていたぶどう色の塗色でなく、青15号でしたからね…

 
そのとき撮影した スハ43 2001 もアップしておきます。

 
スハ43 2001

スハ43 2001(盛モカ)  1985年3月13日 平駅



この形式写真に関連するタグ: スハ43系 , 国鉄 , 大井川鐵道

Nikon D800E でじっくり撮影した スハフ44 25

先週末の出撃報告でアップした スハフ44 25 や、デジタル一眼レフ Nikon D800E の作例を探している方々がこちらのブログに訪れていますので、今回は双方のニーズを満たすような写真をアップしようと思います。

 
真岡鐵道真岡駅に留置されている旧国鉄 スハフ44 25 をじっくり時間を掛けて Nikon D800E で撮影しましたので、そのときの写真です。

まずはいつものサイズの形式写真です。

 
スハフ44 25

スハフ44 25(函ハコ と標記)  2012年7月22日 真岡鐵道真岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

つぎに“等倍画像”をアップいたしますが、JPEG切り出し画像は恥ずかしいので勘弁してください。

今回の“等倍画像”データは、Photoshop CS6 のプラグイン Camera RAW 7.1 でRAW現像処理を行い、そのあとにレンズ補正および垂直補正(画像回転)を行っています。

そのため、オリジナルより若干サイズが小さくなっていますが、7,265 × 4,783 px の3,474万画素です。
今回はスマートシャープネス処理は施しておりませんので、少しぼけた画像に見えます。

※ シャッタースピード:1/10秒、絞り値:f/10、露光補正量:+0.3EV、ISO感度:100

 

 (下画像をクリックすると等倍画像が表示されます)

スハフ44 25

スハフ44 25(14.89MB)

 
一応、撮影時の機材を列挙します。

カメラ: Nikon D800E
レンズ: COSINA(コシナ) Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
三脚:  SLIK グランドプロ CF-4
雲台:  Manfrotto(マンフロット) 410

最近は Manfrotto 405 というギア付き雲台を使用していますが、この雲台の使用感などについては後日書いてみようと思っています。

 

 

Nikon D800E 入手後に試し撮りしたときの“等倍画像”データはこちらにあります。

モハE233-3608(東チタ)
キハE130-7(水スイ)



この形式写真に関連するタグ: スハ43系 , 国鉄

甲府および小山・真岡の出撃報告(クモハ215-3・スハフ44 25)

昨日(7/21)、今日(7/22)と2日連続でチョット気になる車両の形式写真を撮りに出掛けてきました。

 
昨日行ってきたのは山梨県の甲府駅で、未撮影の2階建て車両215系、そして485系ジョイフルトレインの「ニューなのはな」、臨時特急「はまかいじ」の一部の車両などがターゲットでした。

6時間も駅ホームをウロウロしてましたが、いつものように天気予報がハズれて雨となったため、曇ったときだけ撮影。非常に効率の悪い1日でした。

 
「スーパーあずさ」のE351系、「あずさ」「かいじ」のE257系も撮りましたが、夏休み最初の土曜日だったため乗客が多く、乗客の乗り降りするたびに車体が揺れていたので、うまく撮れませんでした。

このほかに臨時快速「ムーンライト信州」への送り込み回送列車のクハ189形(長ナノ)も狙っていましたが、長野県内の大雨でダイヤ乱れがひどかったため、撮影しようとしていたときに手前に列車が来てしまいNGでした。

 
クモハ215-3

クモハ215-3(東チタ)  2012年7月21日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
そして今日の出撃先は栃木県の小山駅。

485系ジョイフルトレインの「宴」が朝6時ごろに長時間停車するスジが鉄道ダイヤ情報に載っていたので、東北本線小山駅の13番線に入るのに合わせてワゴンRで行ってきました。

小山駅は、かつて仕事の関係で住んでいた栃木市の隣なので馴染みの駅でしたが、知らぬ間に自由通路が完成していて、以前よりも形式写真が撮影できる車両が減ってしまい少々残念でした。

それでも「宴」の中間車4両がすべて撮影できたので、久しぶりに満足の出撃!

 
小山駅での撮影は朝7時過ぎに終わったので、スハフ44形を撮りに真岡鐵道の真岡駅へ移動しましたが、こんどは雨。
でも、クルマのなかで3時間ほど待っていたら小降りになったので、下の写真のようにきれいな形式写真が撮れました。

 
スハフ44 25

スハフ44 25(函ハコ と標記)  2012年7月22日 真岡鐵道真岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
20年前、スハフ44 25 が留置されている場所には、JRマークが剥がされた キハ20 247 が保管されていました。

 
キハ20 247

キハ20 247  1992年 5月29日 真岡鐵道真岡駅



この形式写真に関連するタグ: 215系 , JR東日本 , スハ43系 , 国鉄

「スーパーひたち」付属編成の クハ651-103

昨日(6/13)、夕方に本の出張買い取りの予定が入ってましたので、それまで都内方面に撮影出撃できないかと思い、早朝4時30分に家を出て都内をず〜っと通り越した銚子方面に向けて出発しました。

しかし、高速道路が銚子まで延びていないため一般道路を長く走るため、銚子駅ホーム横に留置されている255系を撮るのに間に合わない恐れがあったので、急遽、常磐線方面に進路を変えて赤塚駅前の駐車場に向かいました。

651系を撮りに行くことに方針変更したので、赤塚駅から常磐線の一番列車に乗車、水戸駅ホームや勝田駅留置線で形式写真を撮りながらいわき駅に行きました。

 
いわき市平(たいら)に父の実家があった関係で、いわき駅の駅名が変わる前、平駅時代は何回も形式写真を撮りに行ってましたが、いわき駅になってから写真を撮るのはほぼ初めてです。

 
いわき駅は4・5番線に停車している車両が中2線空きで撮影できます。

以前は磐越東線の一部や仙台方面からの上り列車が5番線ホームを使用してましたが、原発事故の影響なのかどうか分かりませんが、現在は5番線を使用する列車はほとんどありません。

4番線ホームも特急「スーパーひたち」専用の降車ホームのようになってしまったので、いわき駅で形式写真が撮れるのは「スーパーひたち」運用の651系とE657系のみ。

ED75形に牽引された旧形客車が撮れた時代は過去のことで、415系すら いわき駅では形式写真が撮れなくなってしまいました。

 
でも、651系がゆっくり撮影できるのはいわき駅だけなので、たまたま「スーパーひたち」運用に入っていて撮影できた651系1次車の中からクハ651-103(水カツ)を今回アップします。

 
クハ651-103

クハ651-103(水カツ)  2012年6月13日 いわき駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
下の写真は同じ場所で27年前に撮影した スハフ42 2247(盛モカ)です。

東北地区の旧形客車は1985(昭和60)年3月に引退しましたが、最後まで盛岡区にはぶどう色のスハ43系が残っていて、常磐線まで入ってきてました。

 
スハフ42 2247

スハフ42 2247(盛モカ)  1985年3月13日 平駅



この形式写真に関連するタグ: 651系 , JR東日本 , スハ43系 , 国鉄

JR北海道のカフェカー スハシ44形

今回はJR北海道のカフェカーで、「SL函館大沼号」で使用されているときに撮影した スハシ44 1(旭アサ)です。

「C62ニセコ号」運行開始に合わせて、保留車としてJR北海道に引き継がれていた1952(昭和27)年製の スハフ44 2 を“カフェカー”として整備した車両です。車掌室と一部の座席を撤去してカウンターと厨房を設けていました。
1995(平成7)年に「C62ニセコ号」の運行が中止されたため スハシ 44 1 も廃車されましたが、1999(平成11)年からC11形蒸気機関車によりSL列車が運行されることになり、同年に車籍が復活しました。
 

スハシ44 1

スハシ44 1(旭アサ)  2010年8月1日 函館駅

 
レトロ列車の雰囲気を出すために茶色に塗装されていますが、大井川鐵道のように青色の客車も混ぜて復活させて欲しいものです。

約20年前にも スハシ44 1 を撮影していますが、このときは塗色が青15号で“スハフ44”っぽい外観でした。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , ジョイフルトレイン , スハ43系