今となってはピコ太郎にしか見えないJR九州の“或る列車”(キロシ47 9176)

あけましておめでとうございます。

2017(平成29)年のブログ「店長のツブヤキ」は本日より始まります。

あまりに当たり前すぎてスポットライトが当たらないJR車両などをどんどんアップして行きたいと思いますので、本年もよろしくお願いいたします。

鉄道専門の古本屋「トレインブックス」も、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 

12月に九州遠征に出掛けて以来、形式写真のメイン機 D800E には触れていません(サブ機はありませんが…)。

しばらく撮影していないと勘が鈍ってしまうので D800E を持って撮影に出たいのですが、気軽に日帰りで出掛けられる首都圏近郊はほとんど晴れ続き。

九州遠征で使い切れなかった“青春18きっぷ”の残りを消化したいのですが、今回は厳しそうです。

 
この年末年始に出掛けたのは、元日に娘の高校受験の合格祈願のために鎌倉市の荏柄天神社にお参りしたくらい。

 
元日の荏柄天神社

 

鎌倉駅のそばで奥さんがお土産を買っているときに、娘を撮ってみたり…

 

 

鎌倉から帰りに江の島弁天橋に寄って黄昏時の富士山を見たり、ほんの2区間だけども小田急ロマンスカー「えのしま」に乗車して新年早々少しだけリッチな気分に浸ったたり。

近場の家族旅行みたいなものでしたが、お正月休みは十分に楽しみました。

 
江の島弁天橋からの富士山

 

ところで、

つきみ野からは富士山がほとんど見えません。

手前に丹沢の山々がそびえ立っているからで、日常生活で見える富士山は山頂部分の少しだけ。
丹沢に雲が掛かるとそれすら見えなくなります。

この写真のように富士山の左右の稜線が揃って見えると何かワクワクしてしまいます。

 
小さいときにヒガハス(東北本線東大宮〜蓮田間)の沿線に住んでましたが、そのときの方が富士山がよく見えました。私にとっては遠い過去のことですけどね…

 
 * * *

 

年末年始にテレビを見ているとピコ太郎が売れているのに気付きます。

普段はほとんどテレビを見ないのでとても新鮮ですが、このキャラクターを見ているとどうしても先月末に撮影した「或る列車」を思い浮かべてしまいます。

 
「或る列車」はJR九州がキハ47形の2両編成を改造した豪華スイーツ列車です。

JR九州の前々身にあたる九州鉄道が発注したアメリカ製の豪華客車(のちに“或る列車”と呼ばれた)をモチーフにしてますが、これは一ひねりが加えられたためにややこしい物語に仕上げられました。

 
素直に「当時のアメリカ製客車を現代風に!」となればよかったのですが、JR九州の“或る列車”は原信太郎氏が当時実際に見た車両をもとにオリジナルのデザインを加えて製作した真鍮製模型車両をプロトタイプにしました。

 
水戸岡鋭治氏のデザインでスイーツ列車として現代風にアレンジされた。

そこまではいいのですが、真鍮製未塗装の模型がプロトタイプだったので、JR九州の“或る列車”は、日本人のデザインとは思えない品位のない金色の豪華車両に仕立てられてしまいました。

何しろ真鍮製の模型をモデルにした本物の車両なのですからね…

 
そして、最近のピコ太郎の活躍です。

 
JR九州のD&S(デザイン&ストーリー)列車は応援していますが、もう少し多様性がないと飽きられてしまいそうで怖いです。

もう少し若手のデザイナーを育てるように路線を拡張した方がいいのでは、とお節介な気持ちが出てしまいます。

 
キロシ47 9176(或る列車)

キロシ47 9176(分オイ)  2016年12月23日 長崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ40系 , ジョイフルトレイン

「SLばんえつ物語号」の “グリーン展望車 スロフ12 102 ものがたり”

「形式183・185・381系」を執筆しているときは遠征に出られませんでしたので、今日は1ヶ月半ぶりに遠征に出掛けてました。

と言っても、新潟県なので自宅から300km程度ですから、昨年来、何回かの北海道遠征に比べれば大した遠征ではありません。

でも、このあいだカメラもほとんど触りませんでしたし、Nikon D800E は見もしなかったので、久しぶりの撮り鉄モードに切り替えて行ってきました。

 
当初は日曜日(12/11)の晩に上越新幹線で長岡か新潟に入る予定でしたが、奥さんが札幌地区の大雪のため社員旅行から帰ってこられなってしまったので延期しました。

夜行バスを予約してましたがキャンセルし、撮影どころではなくて、月曜日(12/12)の深夜0時過ぎに羽田空港までクルマで迎えに行く羽目になってしまいました。

完全に、会社ラブの女性の付き人、という感じ。
奥さんの仕事に振り回されっぱなしです。

 
 * * *

 
長岡に前泊(12/12)。

早朝(12/13)に新津入りしてE129系や「SLばんえつ物語号」の12系客車をサッサと撮影し、すぐに長岡に戻る予定でしたが、今回も天気予報が当たらず、朝からピーカン。

 
新津駅のホームでぼけっとしているだけの無駄な時間を過ごしてましたが、9時ごろから雲が厚くなってくれましたので、たまたま5番ホーム近くの出発線に止まっていた「SLばんえつ物語号」の12系客車を撮影。

そして、お昼前にはクモハE128形100番代のトイレ側を撮影。

しかし、曇ってくれたのはほんの2時間程度。
雨が降り始めたので長岡に移動しましたが、こんどは雲が厚すぎて薄暗い駅構内。

これでは室内光の明るい形式写真になってしまうので、宮内に移動しましたが、こんどは雨。

 
こういうときは撮影を諦めてサッサと帰途に就いた方がいいと思ったので、“青春18きっぷ”を満喫するようにドン行を乗り継いで帰りました。

撮影時間2時間。

ほとんどが移動時間だった、リハビリのような遠征でした。

 
仕方がないですね…

 
今回は、十分な露出が得られる条件でグリーン展望車の スロフ12 102(新ニイ)が撮り直しできましたので、こちらをアップしたいと思います。

 
スロフ12 102

スロフ12 102(新ニイ)  2016年12月13日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

以前アップしたときにも書きましたが、スロフ12 102 は スハフ12 102 をグリーン車に格上げした改造車です。

しかし、スロフ12 102 は、工場(総合車両センター)に入場して装備などを変更・工事する一般的な改造車ではなく、新潟トランシスが予め製作した車体に最小限の部品を種車から転用した、“改造名義”の実質的には“新製車”なのです。

そのため、車体には老朽化にともなう歪みや凹みがありません。

 
スロフ12 102 の後位出入扉付近

 

左隣の オハ12 315 は結構ペコペコで、出入扉付近のステップは特に老朽化すると綻びが目立ちますが、スロフ12 102 は2013(平成25)年に新製した車体なのでとてもきれいです。

 
2007(平成19)年春から2012(平成24)年秋までは、リニューアル工事は施したもののクロスシート(ボックスシート)が並んだ、単なる塗色変更車でした。

当初は、腰板部はチョコレート色、窓まわりはクリーム色をまとってましたが、その当時は撮影できませんでした。

その後、オリエント急行を思わせる紺色に変更されました。

 
スハフ12 102

スハフ12 102(新ニイ)  2008年5月11日 新津駅

 

もっと溯ると、老朽化した急行列車用の旧形客車の置き替えを兼ねて波動輸送用として1977(昭和52)年に製造されました。

スハフ12 102 は青色時代にも撮影していましたが、この当時は何処の客車区にも配置された普通の12系客車でした。

 
スハフ12 102

スハフ12 102(盛アオ)  1988年5月28日 青森駅

 

まさか、SL列車用に転用されて、さらに展望車に改造される、とはね…

 
一部再掲の写真を使いましたが、“スロフ12 102 ものがたり”みたいにまとめてみました。



この形式写真に関連するタグ: 12系 , JR東日本 , ジョイフルトレイン

中間車なのにスノープラウを装備している キサロハ182-5101

とあるクイズ番組で、先頭車に取り付けられている排障装置(スカート)の役割は何か?ということが問題になっていたことがありました。

一つは床下機器類の損傷防止のため、二つ目は障害物などが車輪などに巻き込まれないようにするため、そして三つ目は見せる必要のない機器を隠す(デザインの)ため、というのが答えだったような気がします。

確か、正解を京急の車両の前で説明していたと思います…

 
スカートとは違いますが、降雪が見込まれる地域を走る鉄道車両には“スノープラウ”という除雪装置がスカートと一緒に取り付けられています。

通常、スノープラウは先頭車両に取り付けられるもので、スカートの下部にチラッと見えるスノープラウがその車両の重心を低く見せてくれるので、JR車両を撮るときに構図が安定します。

 
雪で苦労している地域の人たちには申し訳ないですが、雪を掻く装備がその車両に付いているだけでも浪漫を感じ、そして北国を連想させてくれるんですよね。

 
そんな北国仕様の基本中の基本となる装備のスノープラウですが、JR北海道にはスノープラウが取り付けられている中間車というのが存在します。

 
JR北海道の苗穂工場で1990(平成2)年12月に製造されたリゾート車両「クリスタルエクスプレス トマム・サホロ」の3号車の キサロハ182-5101(札ナホ)です。

 

キサロハ182-5101

キサロハ182-5101(札ナホ)  2016年8月1日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
1989(平成元)年12月に「クリスタルエクスプレス トマム・サホロ」のキハ183系5100番代が登場しましたが、このときはハイデッカー仕様(普通車)の3両編成のみで構成されていました。

1990(平成2)年12月に日本初の2階建て気動車として キサロハ182-5101 が増備されて、「クリスタルエクスプレス」は4両編成となり、グリーン個室やセミコンパートメント(普通席)、ビュッフェ、ラウンジなど多彩な車内設備を誇る編成に成長しました。

最近は「クリスタルエクスプレス」の稼働率は低下傾向にありますが、初夏から秋にかけては札幌〜富良野間の臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」に使用されています。

 
キサロハ182-5101 は1階部分に4人用個室が3室配置されています。

4人用個室はグリーン室の扱いとなっていましたが、現在は普通車の個室として販売されるようです。
しかし、この写真を見る限りでは、カーテンがすべて閉ざされているので一般販売が行われなかったみたいです。

 

キサロハ182-5101 は上述のようにスノープラウを取り付けた珍しい中間付随車です。

これは、1階個室が配置されている低床部構体に氷雪が衝突するのを防ぐために取り付けられました。

なお、1991(平成3)年に落成した「スーパーとかち」用の2階建てグリーン普通車のキサロハ182形550番代は、低床部構体の端部(台車近接部分)にバンパーのようなものを取り付けて氷雪の衝突を防いでいます。

 
キサロハ182-5101 のTR69D台車

キサロハ182-5101 のTR69D台車(後位側)

 

この台車(TR69D)はサハネ581形の廃車発生品を再利用したものです。

サハネ581形は国鉄末期に青森運転所(盛アオ)から札幌運転所(札サウ)に転入してきたB寝台付随車で、当初想定していた改造種車として活用されることはなく、1990(平成2)年に札サウの7両すべてが廃車されてしまいました。

しかし、1両分の台車だけがこのように再利用され、その際にスノープラウの取り付けや一般的な耐雪耐寒対策が施され、さらに滑走制御装置と車輪踏面清掃装置の取り付けとブレーキテコ比の変更が行われました。

 
秋田車両センター(秋アキ)の583系も残りわずかと言われていますが、581・583系のサハネ581形からもらった台車を履いた キサロハ182-5101 は本家引退後もしばらく使われるかも知れません。

でも、近年は「クリスタルエクスプレス トマム・サホロ」も稼働率が低下傾向ですので、キサロハ182-5101 が今後も安泰とは言い切れませんね…



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , ジョイフルトレイン

「クリスタルエクスプレス」の4号車 キハ183-5101

撮影3日目、最終日、8/1(月)の話しです。

この日は午後に都内で打ち合わせがあったのと、留守中の発送をやりたかったので、撮影に充てられる時間はごくわずか。

ターゲットは1つ、リゾートトレイン「クリスタルエクスプレス」(キハ183系5100番代)が充当される臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」です。

 
とれいん1990年1月号

とれいん 1990年1月号

 

とれいん誌の1990年1月号の表紙を飾ったことのある「クリスタルエクスプレス」キハ183系5100番代です。

もう、デビューして26年になるのですね。

 
これまでに何度か「クリスタルエクスプレス」を撮影するために渡道しましたが、ことごとく晴れ。

ここ数年は平日に渡道することが多くなり、「フラノラベンダーエクスプレス」に“クリスタルエクスプレス”編成が充当される設定期間とタイミングに合わなかったので、撮影するのはいつも“ノースレインボーエクスプレス”ばかり。

今回も7/31(日)に帰る予定にしてましたが、その日の飛行機の予約が取れなかったため、「クリスタルエクスプレス」の運転日に道内滞在が叶いました。

 
でも、この日の道央地区の天気は不安定。

「フラノラベンダーエクスプレス」が始発駅の札幌から江別辺りまで晴れ。

スタンバイしていた岩見沢は晴れときどき雨または曇り。

 
「フラノラベンダーエクスプレス」が入線する15分前から急に土砂降りになって、今回も失敗かと諦めていましたが、列車が入線すると雨がやんで、まぁ〜何とか撮影できるレベルまでお天気が回復。

 
今回は、運よく曇りのもとで撮影できた“クリスタルエクスプレス”編成の キハ183-5101(札ナホ)をアップしたいと思います。

 
キハ183-5101

キハ183-5101(札ナホ)  2016年8月1日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

札幌が晴れていたので、ブラインドがバラバラに降りた状態なのできれいな被写体ではありませんが、撮れただけヨシとします。

 
「クリスタルエクスプレス」の編成両端の先頭車(キハ183-5101・5102)は展望席が先頭部に設けられたパノラマカーです。

しかし、2010(平成22)年1月に函館本線妹背牛〜深川駅間で発生した特急「スーパーカムイ」(789系電車1000番代)の踏切障害事故を重く受け止め、それ以来JR北海道の特急用車両は前面展望可能なスペースはすべて廃止となりました。

キハ183-5101・5102 の2両も展望室部分のすべての座席を撤去し、乗客が立ち入らないよう仕切り扉が設置されてしまいました。

 
乗客の安全を鑑みた対応ですので仕方ありませんが、せっかくのパノラマカーなのに後方展望も楽しめません。

こういったリゾート車両を維持しているだけでも負担みたいですし、すでに車齢は25年を越えているので、活躍の機会はこれから減っていくかも知れません。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , ジョイフルトレイン

“旭山動物園号”編成が充当された「フラノラベンダーExp」(キハ183-3)

撮影2日目、7/31(日)の話しです。

 
前日(7/30)に臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」を撮りに行くのを諦めてキハ183形400番代を優先してしまったので、同列車に充当される“旭山動物園号”編成のキハ183系0番代を撮るチャンスが1日だけになってしまいました。

岩見沢に停車するときを狙って撮影することになるのですが、停車時間が短いので、ここで撮れるのはせいぜい2両。

“旭山動物園号”は5両編成なので、岩見沢に2回は通わないと1両1両異なった外装デザインの同車は撮れません。それでも撮れて4両。

 
でも、今回の「フラノラベンダーエクスプレス」で“旭山動物園号”編成が撮れるのは1回だけ。

こういうときに限って晴れてしまうことが多いのですが、やっぱり今回も空知地方は天気予報がハズレて概ね晴れ。

たくさんの雲が上空にありましたが、どの雲も日の光を長く遮るほど大きくないので、安定した曇天は期待できませんでした。

 
たまにしばらく曇るときがあって、こういうときに運よくインバータ改造車の クハ721-2207 が撮れるなんてサプライズがありましたが、それは希なことでほとんどの時間帯は晴れ。

岩見沢駅に留置されていた721系F-1009編成の モハ721-1009 を曇天の下でパンタグラフが上がった状態で撮りたかったので、夕方までの7時間のほとんどを岩見沢駅のベンチで過ごすという待ちの1日でした。

 
“旭山動物園号”編成が入線してきた8時32分ももちろん晴れ。

たまたま薄い雲が掛かってくれたので、“旭山動物園号”編成の旭川方の先頭車、キハ183-3(札ナホ)がきれいに撮れました。

でも、それは一瞬のことで、中間車が撮影できるほど曇ってくれなかったので、“旭山動物園号”編成で撮影できたのはこの1枚だけでした。

 
キハ183-3

キハ183-3(札ナホ)  2016年7月31日 岩見沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: JR北海道 , キハ183系 , ジョイフルトレイン