広島更新色の塗り分けで活躍するEF64形1000番代(EF64 1049)

JR貨物所属のEF64形1000番代は車体更新を機に塗色変更が行われています。

 
更新1号機目となった EF64 1015 はEF65形などで採用されたJR貨物標準色をまとって2003(平成15)年に出場しました。
しかし、EF65形1000番代と同じ塗色では遠目から形式が判断できないと不評であったため、更新2号機目の EF64 1009 からは濃青色を基調に白色の斜めストライプが入る大宮車両所独自の塗色(大宮更新色)に変更されました(EF64 1015 はのちに大宮更新色に変更)。

 
一方、伯備線用として岡山機関区(岡)に配置されていたEF64形1000番代は担当工場が広島車両所であったため、2006・2007(平成18・19)年に車体更新が施工された EF64 1046〜1049 の3両は大宮車両所とは異なる独自のデザインで塗色変更が施工されました。

“広島更新色”と呼ばれることが多い広島車両所タイプの更新色のEF64形1000番代は伯備線での運用に就いていて上京することがなかったので、これまで見たこともなく撮影する機会もありませんでした。

 
その後、2010(平成22)年3月のダイヤ改正でJR貨物所属のEF64形が愛知機関区(愛)に統合され、岡山のEF64形1000番代は愛知に転属となりました。

愛知配置車は大宮車両所で全般検査(全検)を受けることから、広島更新色のEF64形1000番代は見ることなく消えてしまうのかと諦めていました。
実際に、3両の中で一足早い2012(平成24)年に全検を受けた EF64 1047 はアッサリと大宮更新色に塗り替えられましたから、ほどなく広島更新色は消滅すると思っていました。

 
ところが、なんとなんと、2013(平成25)年に相次いで全検を受けた残りの2両は広島更新色の塗り分けのまま出場したのです。

“広島更新色の塗り分け”と書きましたが、基調色の青色が濃く、運転室の側窓のユニット窓が黒色塗りつぶしから地色に戻されているなど、広島更新色とは少し違っています。
そのため、“広島更新色(風)”と書かれることもありますが、塗色デザインは広島更新色時代と何ら変わりありません。

 
でも、広島更新色の2両を撮るとなると大変で、首都圏では撮影場所が限られます。
愛知配置車は伯備線運用にも入るので、岡山常駐になってしまうとしばらく首都圏運用には入りません。

実際に昨年は秋から2両とも伯備線運用のために岡山常駐となってました。
12月に愛知に戻ってからもお休みの日が多く、首都圏運用に入るのは希でした。

しばらくウォッチングを続けていたところ、ようやく新小岩信号所に立ち寄る運用に先日入りましたが、残念ながらその日は晴れ。

 
で、ようやく昨日(1/21)、蘇我駅を出発する運用に EF64 1049 が入ってくれたので、ややサイド気味ですがきれいな形式写真を撮ることができました。

 
EF64 1049

EF64 1049(愛)  2015年1月21日 蘇我駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

昼ごろから雨が降るとの予報が出ていましたが、気持ちが通じたのか? 形式写真日和りで持ち堪えてくれました。

同業者は私を含めて2人。マッタリとした雰囲気の中、ゆっくり撮影しました。



この形式写真に関連するタグ: EF64形 , JR貨物

国鉄色のままで活躍するEF64形1000番代1次車(EF64 1006)

大学鉄研時代からの友人のKazumaさんから、「北斗星」用の オロハネ25 503(東オク)がホームから撮れる位置に止まっているという情報をもらったので、午前中に尾久駅まで行ってきました。

尾久への出撃で1枚か2枚撮るだけで終わって帰るだけではもったいないので、もう少し撮れる車両がないかと調べたところ、新小岩信号場で停車する運用に国鉄色のEF64形1000番代が就いていることが分かったので、帰りに少し遠回りをして国鉄テイストの電気機関車を撮ってきました。

 
ただ、ジッツオ(GITZO)の GT3542LS にラピッドセンターポールを取り付けて180cmまで伸ばすとブレてしまうことが分かったので、今回は超大形三脚(SLIK グランドプロ CF-4)を持って出掛けました。

 
お昼過ぎには帰宅したので時間的にはプチ出撃でしたが、超重量級の三脚を担いで移動したのでしんどかったです。でも、その甲斐があって、ブレとは無縁のきれいな形式写真が撮れました。

今回はプチ(にしては遠かった〜)出撃の成果をアップします。
国鉄色のままで活躍しているEF64形1000番代1次車、愛知機関区(愛)の EF64 1006 です。

 
EF64 1006

EF64 1006(愛)  2014年12月4日 新小岩信号場

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

尾久駅で撮影した オロハネ25 503(東オク)や牽引機の EF65 1107(田)の形式写真はいずれアップしますので、もう少々お待ちください。

 



この形式写真に関連するタグ: EF64形 , JR貨物

大宮更新色のEF64形1000番代(EF64 1027)

乗務員訓練のための試運転(黒磯ハンドル訓練)の牽引機を撮りに一昨日(9/7)久喜まで行きましたが、晴れてしまいEF65形の撮影ができませんでした。

EF65形1000番代(PF形)が黒磯訓練を牽引するのは珍しいことですし、それが曇り予報の日ならさらに滅多にないこと。それならば何とか都合(融通)が付くときに行こう!ということで、久喜にまたまた行ってしまいました。

2日連続、昨日(9/8)のことです。

 
でも、それだけのために行くのはもったいないし、Kazumaさんから教えてもらった撮影場所を確認しておきたかったので、(徹夜明けには厳しかったですが)久喜に向かう前に新小岩に寄ってEF64形を撮ることにしました。

 
前々回はEF66形、前回はEF65形をアップしてきましたので、今回はEF64形ということでいい流れではないでしょうか?

強引ですが、新小岩信号場で撮影した大宮更新色のEF64形1000番代2次車、愛知機関区(愛)の EF64 1027 です。

 
EF64 1027

EF64 1027(愛)  2014年9月8日 新小岩信号場

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

柵越しで撮影するということを事前に聞いていたので、今回は中古で購入していたジッツオ(GITZO)のラピッドセンターポールを GT3542LS に予め取り付けて持って行きました。

貨物列車の停車時間が十分長かったので、使い勝手やブレ耐性などを確かめながら、ゆっくり撮影できました。

今まではカメラ高さが150cm程度でアイレベルでしたが、センターポールを取り付けると180cmまで上がるようになったので、電車移動などのときに敷地外から撮るときに活躍できそうです。

 
目一杯センターポールを伸ばして撮影した写真は等倍で見るとブレが見られますが、170cm程度ならまったくブレがなかったので、超大形三脚(SLIK グランドプロ CF-4)の出番が少し減るかも知れないです。



この形式写真に関連するタグ: EF64形 , JR貨物

伯備線で活躍するEF64形1000番代(EF64 1003)

6/3(火)から6/7(土)まで、中国・四国地方で活躍する国鉄形車両を撮りに遠征してきました。

 
今回の遠征は軽自動車ワゴンRの車中泊。
あと何年かで五十路には辛い遠征でしたが、遠征中に梅雨入りが発表されるなど不安定な天気でしたので、こればっかりは仕方ないですね。
直前の天気予報などを参考にしながら、気象情報が変わったらその都度予定を変更するスタイルで臨みました。

 
遠征のターゲットは、
(1) 2000系試作車(TSE)
(2) 新幹線0系顔の“鉄道ホビートレイン”(キハ32 3)
(3) 国鉄末期の四国向け気動車(キハ32・54形)
(4) “ゆったりやくも”色の381系電車
(5) 鳥取・米子地区の気動車(キハ40系、キハ121・126形、キハ187系など)
(6) セノハチの電気機関車(EF67形100番代、EF210形300番代)

 
かなりターゲットが多いですが、何度も中国・四国地方に行くよりは日程の調整さえできれば一度期にまとめて撮影しよう!という気持ち。
できるだけ現地で動き回らずに、同じ撮影場所(地域)で撮れるまで粘る、そのような方針で出掛けました。

 
撮影の優先順位から四国へ先に行くつもりでしたが、平日シングルファーザーとしてやることが多くて、6/2(月)の出発が遅くなってしまったので、(a)米子 → (b)鳥取 → (c)西条(広島地区) → (d)八幡浜 の順で廻ることにしました。

 
 * * *

 
撮影した写真を整理しながら順次アップしていきますが、今回は撮影初日、6/3(火)の“米子・三次”編です。

 
撮影初日は雨が心配される天気予報でしたが、現地はピーカン。

下り「サンライズ出雲」の米子到着に合わせて8:00ごろに駅ホームに向かいましたが、「サンライズ出雲」は先行列車が鹿と接触した影響で1時間遅れ。
長距離列車だけダイヤが乱れていたので、285系寝台電車は米子駅2番線ホームで5分程度停車してましたが、いい天気過ぎてカメラの出番はなし。

11時過ぎから曇り始めてきたので少しずつ撮影を開始しましたが、1〜2番線に入線する列車が少ないので、特急「やくも」「スーパーはつかぜ」が来たら撮る程度。

5番線ホーム脇に留置されていたEF64形が順次運用に入り、パンタグラフを上げたので、そのときに撮影した写真を今回アップします。愛知機関区(愛)所属の EF64 1003 です。

 
EF64 1003

EF64 1003(愛)  2014年6月3日 米子駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

以前は手前に障害物があった場所にEF64形が留置されていましたが、現行ダイヤでは留置場所が変わり、上の写真のように5番線ホームからきれいに形式写真が撮れるようになりました。

まるで現場で撮ったみたいですよね。

 
以前は岡山機関区(岡機)のEF64形1000番代(EF64 1046〜1050)が伯備線で使用されており、広島車両所で車体更新が実施された関東地区では見られない独自の更新色をまとっていました。

しかし、2010(平成22)年3月改正でJR貨物のEF64形1000番代が愛知機関区に集中配置となり、徐々に元高崎機関区の車両も伯備線(岡山運用)で使用されるようになり、今回の写真のように元高崎機関区所属の EF64 1003 も米子駅で撮影できるようになりました。



この形式写真に関連するタグ: EF64形 , JR貨物

乗務員訓練のための試運転(黒磯訓練)を牽引する EF64 1051

乗務員訓練のための試運転(黒磯ハンドル訓練)が尾久〜黒磯間で頻繁に走っていますが、今月は寝台特急「あけぼの」を牽引して上京した長岡車両センター(長岡)のEF64形1000番代がそのまま間合い運用で黒磯訓練を牽引しています。

この試運転はいつも2日連続で運転されており、昨日(9/29)は EF64 1053 の牽引で運転されたことが鉄道ニュースで流れいたので、週明けの今日も運転されると信じ、月末の用事を午前中に済ませ、東北本線の久喜までプチ出撃してきました。

 
今日(9/30)の黒磯訓練列車の牽引機は EF64 1051(長岡)でした。

 
EF64 1051

EF64 1051(長岡)  2013年9月30日 久喜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

旅客会社の電気機関車をヘッドマークなしで撮ろうとなると、かなりチャンスが限られます。

客車列車が壊滅的になったこのご時世、電気機関車の普段着姿を撮るのが難しいので、こういうときにキッチリと押さえておきたいものです。



この形式写真に関連するタグ: EF64形 , JR東日本