キハ85系量産先行車の中間普通車(キハ84-1)

先月の岐阜遠征は、1日目(4/6)は高山、2日目(4/7)は美濃太田と、それぞれの駅にほぼ1日ホームに滞在し、入ってくる列車の車両をとにかく撮るというスタイルで写真を撮ってました。

 
美濃太田車両区(海ミオ)のキハ40系とキハ11形がキハ75形とキハ25形に置き替えられている真っ最中で、これまでの車両と新しく入る車両が両方撮れるのを期待して遠征しましたが、高山駅は残念ながら湿っぽい時間が長くて、満足できるほど写真が撮れませんでした。

でも成果はゼロではないので、レタッチが終わった写真からアップしていこうと思います。

 
こうやって形式写真をアップして印象付けていかないと、自分でも何を撮ってきたのか分からなくなるのでね…

 
 * * *

 
今回は特急「ワイドビューひだ」で使用されているキハ85系の中間車キハ84形のトップナンバー、キハ84-1(海ナコ)をアップします。

 
キハ84-1

キハ84-1(海ナコ)  2015年4月6日 高山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

国鉄が分割民営化されてJR東海が誕生したとき、同社管内の在来線用車両は老朽化がひどく、ステンレス製車体の車両は名古屋地区に投入された211系0番代の4両編成2本だけでした。

 
キハ40系が淘汰されると鋼製車体の車両が全滅する現在のJR東海からは信じられないほどの状況で、民営化直後は在来線のほぼ全車両が置き替え対象車でした。

特に老朽化がひどかったのが、ディーゼル特急「ひだ」「南紀」のキハ80系と、JR東海管内全域で走っていた113系電車と、当時関西本線などに追いやられていた165系電車。

 
電車については、国鉄末期に開発された車両のマイナーチェンジした211系5000番代と213系5000番代が1988(昭和63)年から投入されました。この動きは1991(平成3)年まで続き、これに並行してJR東海独自開発の311系も1989(平成元)年から投入されました。

一方、気動車は、特急「ひだ」の所要時間短縮も合わせて実現するためにカミンズ社の駆動機関 C-DMF14HZ(350PS/2,000rpm)を1両あたり2基を搭載する高出力形気動車のキハ85系が開発されました。

 
当時は日本の貿易黒字が大きな問題となっていた時期で、貿易摩擦を和らげるためにアメリカなどからの輸入を増やすように強く言われていたので、このようにカミンズ製のエンジンが採用されたようです。

C-DMF14HZ は当時のキハ40形5000番代(のちにキハ40形3000・3300番代へ改番)やキハ48形3500番代(のちにキハ40形3800番代へ改番)といった機関換装車にも搭載され、その後の新形気動車や機関換装車にもカミンズ製のエンジンが搭載されました。

2001(平成13)年9月にキハ58系機関未換装車およびキハ65形が廃車となった時点で、すべてのJR東海所属の気動車がカミンズ製エンジンを搭載する車両となりました(保留車の キロ28 2303 を除く)。

 
キハ85系は1989(平成元)年2月から特急「ひだ」で運用開始されましたが、この時点では1988(昭和63)年12月に製造された1次車(量産先行車)の キハ85-1・2(非貫通形)、キハ85-101・102(非貫通形)、キロハ84-1・2、キハ84-1・2 の8両のみでした。

1990(平成2)年3月改正ですべての「ひだ」がキハ85系化されたときに2次車が増備されましたが、2次車は細かい部分で仕様が変更されました。

しかし、遠目からでも分かるような仕様変更が行われたのは中間車のキハ84形(0番代)のみで、量産先行車(キハ84-1・2)では後位車端部に配置されていた出入台が、2次車(キハ84-3〜14)では客室側に移動しました。

これは、自動販売機・車販準備室・電話室と出入台の位置関係が逆転したためで、これにともない車体側面の行先表示器も客室と出入扉のあいだから後位車端部に取り付け位置が変更されました。

 
キハ84形のドア配置が量産先行車と2次車とで違っているのは見付けやすいハズですが、何故か見落としていました。

量産先行車の行先表示器が一部LED式になっていることばかりに目が行きすぎてしまい、肝心なところに気付きませんでした。反省です…

 
なお、キハ84-1・2 はJR北海道のジョイフルトレイン「フラノエクスプレス」の先頭車と番号が重複していました。



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ85系

「ひだ」のキロハ84形

「ひだ」には2種類のグリーン車が連結されていますが、今回アップするのは、当初から同列車用に製造されたグリーン車はキロハ84形です。
4両基本編成に組み込まれるグリーン車・普通車合造車で、「南紀」用に新製されたキロ85形と異なり定員確保形の2+2列配置の座席となっている。

出入扉付近の車掌室窓(落とし窓)の幅が400mmと狭く、扉寄りに配置されているので不自然な感じになっています。
戸袋と干渉している訳ではなく、車掌室と客室の間に業務用室みたいな部屋がある訳でもないのですが、不思議な位置になっています。現車を見ればハッキリするのですが、撮影時は余裕がないので、名古屋へ行ったときにでも確認してみます。

 
キロハ84-1

キロハ84-1(海ナコ) 2010年11月5日 高山駅



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ85系

「ひだ」のキハ85形1100番代

昨年11月5日に高山駅で撮影したJR東海の車両をいくつかアップしましたが、やはり特急形車両は人気があるようで、キハ85形をからめた検索で来られる方が多いことが分かりました。キハ40 5802キヤ97 104 もアップしているのですが、地味な車両はやはり人気がないようです。

すでにアップ済みの キハ85-10 とは反対側の先頭車、キハ85-1110(海ナコ)をアップします。
貫通式のキハ85形1100番代ですが、登場時は100番代を名乗っていました。車椅子対応に改造したときに原番号+1000で改番されています。改造では、後位出入扉付近の側窓が1ヶ所黒色につぶして出入台部分を拡大し、出入台側の座席と便所・洗面所を車いす対応のものに変更されました。
 

キハ85-1110

キハ85-1110(海ナコ) 2010年11月5日 高山駅



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ85系

「ひだ」のキハ85形0番代

先週(4/9)、高山駅で撮影したJR東海色のキハ40 5802をアップしましたが、同駅ホーム横の留置線には形式写真を撮ってくださいと言わんばかりに特急「ひだ」の増結用のキハ85系4両編成が止まっていました。

長時間運転と車中泊の疲れでうまく撮れませんでしたが、それなりに撮影できましたので、今回は名古屋車両区(海ナコ)のキハ85-10をアップします。

キハ85形は特急「ひだ」「南紀」に連結される先頭車ですが、非貫通式の0番代(キハ85-1〜14)、貫通式の1100番代(キハ85-1101〜1119)、「南紀」用に増備した貫通式の200・1200番代(キハ85-201〜208・1209)の大きく3タイプに分けられます。1000番代は車椅子対応に改造した車両で、施工時に原番号+1000で改番しています。

 

キハ85-10

キハ85-10(海ナコ) 2010年11月5日 高山駅



この形式写真に関連するタグ: JR東海 , キハ85系