青い快速「シーサイドライナー」の増結車(キハ220-209)

まだ帰宅途中ですが、九州遠征に行ってました。

今回も現地入りを晩にしたので、前泊を含めて九州内で4泊し、現地では4日間丸々撮影できる行程にしました。

九州遠征でこんなに長く滞在したのは久しぶりです。

 
当初から4泊もするつもりはありませんでした。2泊か3泊くらい…

あまりに天気予報が当たらないのと、駅構内の雑草に翻弄されっぱなし。完全に消化不良の遠征でした。

このままでは往復の交通費が無駄になってしまいそうだったので、帰りを今日(12/23)まで延期しました。

 
いつもなら日記代わりに、“現地●日目(▲/▲)は〜”みたいに撮影報告していますが、今回は現地で4日間も動き回っていたのに曇天の下できれいに撮れたのは4両だけ。

行程を思い返すと自己嫌悪に陥りそうなので、数少ない成果の中から1枚をアップしたいと思います。

 
今回は快速「シーサイドライナー」の増結車として使用されているキハ220形200番代の キハ220-209(崎サキ)です。

 
キハ220-209

キハ220-209(崎サキ)  2016年12月23日 大村駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

長崎鉄道事業部佐世保車両センター(崎サキ)には「シーサイドライナー」の増結用としてキハ220形200番代が3両配置されています(キハ220-207〜209)。

崎サキのキハ220形は熊本・大分地区のように1両単独で営業運転されないので、キハ200形0・1000番代の上り方(佐世保方)に増結されます。

キハ220形の2両編成も運用されますが、こちらはキハ200形との共有運用というかたちになっています。

 
キハ200-207 は全検のタイミングの関係で大分時代からの塗色のままで、「赤い快速」の伝統を受け継ぐ赤色をまとっています。

でも、赤いキハ220形200番代は大分地区でも走っていますので、どうせなら青色車を撮りたいと思っていました。

 
撮るならば特徴側を押さえたいですが、崎サキのキハ220形は何故かトイレ側を障害物なしで撮るのが非常に困難。

そのため、今回の遠征でも大村駅に何度も足を運びましたが、いつ行っても雨か晴れ。

やっと撮れたのがこの1枚です。

 
非トイレ側は大分車の キハ220-210(分オイ)をアップしていますので、こちらもご覧ください。トイレの有無で外観の印象がぜんぜん違うのが分かると思います。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ125・200系

大分車両センターの赤い気動車(キハ220-210)

しばらくブログの更新ができませんでしたが、そのあいだに書棚の片付けや確定申告(青色申告書)の作成を行い、3/15(金)の午後からクルマで大分まで行ってきました。

 
この週末に行われたJRダイヤ改正では、「日本海」「きたぐに」の臨時列車化や「あさぎり」の車種変更(と運転区間短縮)、100・300系新幹線の全廃が話題になってましたが、九州地区では大分駅が完全高架になり、鉄道で南北に分断された中心市街地が一体になるという区切りのときでもありました。

 
形式写真撮りにとって「駅の高架化」というのは、ホームで気軽に形式写真が撮れなくなることを意味する重要なキーワードなのです。

そんな重要な駅の高架をチェックしていたのに行っていなかったのが大分駅です。

気軽に行ける距離ではないので先延ばしにしていましたが、大分駅の地上ホームががなくなる最終日(3/16)にギリギリで行くことにしました。

しかも、つきみ野から大分駅まで1,150km、無謀にも軽自動車のワゴンRで行ってきました。

3/15(木)の16時頃につきみ野を出て、翌3/16の朝8時頃に大分駅に着きましたので、少々の休憩を含めて16時間も掛かりました。
当日の現地の天気予報が「正午から雨」でしたので、朝の通勤通学時間帯が終わったときには現地入りできるように、無理をせずにだいたい85km/h走行で運転してました。

 
現地は珍しく天気予報どおり、昼まで雨が降らなかったので、「ソニック」の883系リニューアル車両や「白いソニック」の885系、「にちりん」の783系、ローカル運用の415・815系など、1・2番線に入る車両を撮影してきました。

その中で唯一の気動車、キハ220形200番代の外観がおもしろいので、今回は大分車両センター(分オイ)の キハ220-210 をアップします。

 
キハ220-210

キハ220-210(分オイ)  2012年3月16日 大分駅



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ125・200系

JR九州のキハ125形0番代

以前、元「赤い快速」のキハ200形をアップしましたが、JR九州はローカル線向けに黄色の小形ディーゼルカーを投入しています。
国鉄時代に大量投入されたキハ40形がたくさん在籍しているため、唐津線や久大本線、豊肥本線などでしか活躍していませんが、鮮やかな黄色の車体は印象的です。同じ黄色でも岡山・広島地区の国鉄形車両とは大違いです。
 

キハ125-17

キハ125-17(分ホウ)  2008年1月20日 日田駅



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ125・200系

JR九州のキハ200形1000番代

先日(5/20)にJR北海道の スハシ44 1 をアップしたので、JR九州車だけがこのブログで見られない車両になってました。九州を!ということで今日はキハ200形1000番代をアップします。

キハ200形はキハ66系の後継車として筑豊地区に投入されて、博多~直方間の「赤い快速」に使用されていました。「赤い快速」という列車名にビックリしたのが最近のように思い出されますが、筑豊本線・篠栗線が2001(平成13)年に電化されたため、現在は長崎(快速「シーサイドライナー」など)、鹿児島、大分で活躍しています。

「赤い」車体のキハ200形ですが、長崎~佐世保間の快速「シーサイドライナー」で使用される車両は青色(ドアは赤色)塗り替えられ(最近また新色が登場しています)、鹿児島(指宿枕崎線)へ転じた車両は黄色に塗色変更されてしまいました。
 
キハ200-1003

キハ200-1003(分ホウ)  2008年1月20日 日田駅

 

追記(5/23)
「I TRENI」のKazumaさんが自身のブログ「長崎龍馬ライナー」のキハ200-1014 をアップしました。こんなラッピング車両があったとは知りませんでした!どうぞご覧ください。



この形式写真に関連するタグ: JR九州 , キハ125・200系