木次線用のキハ120形200番代(キハ120 206)

撮影したときに「イマイチ」だったと決め付けていた写真。そんな写真データを改めて開いてみると、「悪くないな〜」に変わり、うまくレタッチできたら「いいね!」に変わることがあります。

 
ここ最近はJR西日本・JR四国の小形気動車をアップしていますが、今回は3年前に撮影後、自分の中でお蔵入りしていた写真データを改めて Photoshop CC でレタッチしてみましたので、その写真をアップいたします。

木次鉄道部に配置されている元祖キハ120形の1両、キハ120 206(米キス)です。

 
キハ120 206

キハ120 206(米キス)  2011年6月2日 木次駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

木次鉄道部には、1991(平成3)年に投入されたキハ120形200番代が3両(キハ120 206〜208)と、1992(平成4)年に増備されたキハ120形0番代(キハ120 1〜5)が配置されており、これら2種類のキハ120形が木次線と山陰本線松江〜宍道間で共通運用されています。

ステンレス製のキハ120形0番代の方が多い中、3年前の山陰遠征のときは木次駅に1時間ちょっとしか滞在していなかったのに、4両編成の端っこに キハ120 207 が連結されていて、庫内の入換で駅ホーム横に一瞬停車した車両が今回アップした キハ120 206。
運がよかった!と言っていいでしょう。

 
その後、鋼製車体のキハ120形0番代は越美北線の車両ともども8両すべてがタラコ色と揶揄される首都圏色(朱色5号)に塗り替えられてしまいましたからね。

このときに記録できてよかったと思っています。



この形式写真に関連するタグ: JR西日本 , キハ120形

芸備・福塩線用のキハ120形300番代(キハ120 324)

前回は三江線で使用されている浜田鉄道部(米ハタ)の キハ120 312 をアップしましたが、この車両を撮っている最中三次駅の留置線はガラガラで、夕方からの帰宅輸送に備えてキハ120形は出払っていました。

キハ120 324 を撮り終えて帰ろうと思いましたが、駅の様子を確認しに行ってみると、1両だけ中3線で撮れるのが確認できたので、三脚をいつもの ジッツオ(GITZO)の GT3542LS に持ち替えて駅に入りました。

三次駅はそう何度も来られる場所ではないので、ここはしぶとく日が暮れるまで動きまくった、ということです。

 
ただ、16m級の車体を駅ホームから中3線空きで撮るとだいぶサイド気味の構図になってしまうので、三脚をできるだけ低くして、車両そのものの迫力を引き出すように形式写真を撮りました。GT3542LS にはセンターポールを取り付けていないので、簡単にセッティングできます。

 
今回は芸備線や福塩線府中〜塩町間で使用されている下関総合車両所広島支所(広ヒロ)のキハ120形300番代、キハ120 324 です。

 
キハ120 324

キハ120 324(広ヒロ)  2014年6月3日 三次駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

あと、今回の遠征から三脚2本ともに同じギア雲台を取り付け、三脚の切り替えの手間を省くことにしました。

 
撮影条件に応じて大形三脚(GITZO GT3542LS)と超大形三脚(SLIK グランドプロ CF-4)を使い分けていますが、普段は駅ホームで撮ることが多いので、GT3542LS にギア雲台を付けっぱなしにしています。
一方、敷地外などでカメラ位置を高くする必要があるときは、そのときだけギア雲台を グランドプロ CF-4 に付け替えて使っています。

でも、それでは雲台を切り替えているあいだにシャッターチャンスを逃してしまうことがあるので、前々からもう1台ギア雲台を増備したいと思っていました。
思っていると心が通じるのでしょうか?年末に中古カメラ屋さんを覗いたときに、新品同様のものが安く売っていたので、すぐさま手に入れました。

最近はマンフロット(Manfrotto)ギア付きジュニア雲台 410 の実売価格が少しずつ高くなっているのでね、こうやって安く手に入ると嬉しいものです。

 
2本の三脚にお気に入りのマンフロット(Manfrotto)ギア付きジュニア雲台 410 を付けて撮ってみました。
左が SLIK グランドプロ CF-4、右が GITZO GT3542LS です。

 
Manfrottoのギア雲台(410)を取り付けたグランドプロ CF-4とGT3542LS

 



この形式写真に関連するタグ: JR西日本 , キハ120形

三江線用のキハ120形300番代(キハ120 312)

JR西日本のキハ120形は、
・鋼製車体・ロングシートの200番代(1次車・1991年登場)
・ステンレス製車体・ロングシートの0番代(2次車・1992年登場)
・ステンレス製車体・セミクロスシートの300番代(3次車・1993年登場)
と3つの番代区分があり、投入線区(地域)ごとに帯色が違います。

 
これらの種類をコンプリートしようなんて思っていませんが、実車を見てみないと地域ごとに仕様や後年改造のメニューが違うかどうかが分かりません。

なので撮れるときに撮っておこうと前々から思っていましたが、撮影地が遠くなることが多いので、木次線のキハ120形200番代を撮って以来それっきりになってました。

 
キハ120形200番代はその後首都圏色(朱色5号)に塗りつぶされてしまったので、3年前に撮っておいてよかったのですが、今回の中国・四国遠征ではステンレス車についても撮っておこうと思い、遠征初日の6/3(火)に三次駅へ行ってキハ120形を撮ってきました。

 
ただ、三次駅に着いたのが16時過ぎだったので、側線留置のお昼寝をほとんど撮ることができず、駅南東側の転車台(ターンテーブル)のそばに留置されていた三江線用のキハ120形300番代、キハ120 312(米ハタ)を撮りました。

こんな感じです。

 
キハ120 312

キハ120 312(米ハタ)  2014年6月3日 三次駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

もう少し早ければ三次駅の留置線で簡単に何両も撮れたのですが、ちょうどキハ120形が出払っていて、柵越しに撮れる場所に1両しかいなかったので、柵の影響を最小限にするため超大形三脚(SLIK グランドプロ CF-4)を下のようにセッティングして撮りました。

だいぶカメラの高さが上がっているのが分かると思います。1m80cmくらいまで持ち上げました。

 
キハ120 312 の撮影風景

 

写真では絶対に分かりませんが、足下の低木にハチが何種類もいて、ハチに刺されないようにゆっくりセッティングしたので撮るまでに時間が掛かり気疲れしました。

 



この形式写真に関連するタグ: JR西日本 , キハ120形

木次線用のキハ120形200番代(キハ120 207)

遠征3日目、当初は広島や下関あたりを絡めるつもりでいましたが、曇りベースだった天気予報が徐々に晴れベースに変わってきましたので、山陽本線沿いをあきらめて中国山地を越えることにしました。

米子・鳥取のうち“くもり”の予報確率が高い方へ行けるように、米子自動車道の大山パーキングエリアで夜を明かしましたが、3日目の朝は豪雨。せっかくの遠征で何も撮影できないのは避けたかったので、降水量が少なそうな島根県へ移動することに、そしてターゲットを木次線のキハ120形200番代に決めました。

 
木次駅に着いたら運よく雨が上がりましたが、今度は“曇り”を通り越して“晴れ”に。ねらっていた鋼製車体のキハ120形200番代がホームに止まっているのに、天気がよすぎて撮影できない状態に。結局カメラをセットしてから撮影するまで30分以上かかりましたが、下の写真のようにうまく撮れました。

 
キハ120 207

キハ120 207(米キス)  2011年6月2日 木次駅

 

その後、木次駅から米子駅へ向かいましたが、その間はず〜っと“晴れ”。米子駅での撮影はあきらめ、鳥取駅へ移動しましたが、鳥取駅も“晴れ”。空に低そうな雲が多く、待っていれば曇りそうだったので駅で時間を潰してましたが、曇ったのは一瞬だけでした(曇ったときにキハ126形を2両だけ撮影)。

「曇りときどき雨」という天気予報、でも実際は「ほとんど晴れ」。こういうことはよくありますが、何度経験しても精神衛生上よくありませんね。



この形式写真に関連するタグ: JR西日本 , キハ120形