左沢線専用車 キハ101形のラストナンバー(キハ101-13)

前回アップしたように山形遠征のメインは標準軌仕様の701・719系でした。

719系5000番代のクモハ719形とクハ718形、ワンマン対応車と非ワンマンのそれぞれ2種類ずつ、そして701系5500番代のクモハ701形とクハ700形。
合わせて6形式区分を撮るとなると米沢駅だけでは無理なので、かみのやま温泉と山形に移動する予定にしてました。

 
日曜日(9/11)は珍しく天気予報どおりお昼を過ぎても曇りベースのお天気。

なかなか予報どおりに曇ってくれることはないですからね…

山形駅の在来線ホーム横の留置線でお昼寝している左沢(あてらざわ)線専用形式のキハ101形を4両も撮影してきました。

 
そのうちの1両はキハ101形の後期形。

このタイプは キハ101-12・13 の2両しかいないので、2/13の確率を飛び込みで射止めることができました。

しかも、特徴的な部分が分かるように留置されていましたからね…
相当ラッキーだったと思います。

 
ということで、今回は左沢線専用形式であるキハ101形のラストナンバー、キハ101-13(仙カタ)をアップしたいと思います。

 
キハ101-13

キハ101-13(仙カタ)  2016年9月11日 山形駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ101形の前任車は白地に出羽三山をモチーフにしたシンボルマークをあしらったワンマン対応改造車のキハ40形500・2000番代でしたが、高校生の通学利用客が多い短距離路線という事情から、左沢線を受け持っていた新庄運転区(仙シウ)のキハ40形は乗降時間短縮のためにトイレを撤去したオールロングシート車となっていました。

1993(平成5)年に投入された後継車キハ101形は仙シウのキハ40形の基本的な客室仕様を引き継ぎいでいるので、キハ110系として初めてのトイレなし&オールロングシート車となっています。

ただし、バリアフリー化の流れからキハ101形は車いすスペースが4位側に設けられています。

 
ほぼ同時期に大湊線に投入された富士重工業製のキハ100形200番代と基本構造が同じなので、キハ100形で新区分を名乗っても問題ないレベルの仕様変更でしたが、新潟鐵工所製の左沢線後継車の場合はキハ101形という新しい形式となりました。

製造会社の関係で分けたのでしょうか?

そんなことはないと思いますが、国鉄末期やJR西日本、JR九州だったらキハ100形1000番代と名付けられていたかも知れませんね。

 
キハ101形登場時の新車ガイド(鉄道ファン 1994年1月号)

キハ101形登場時の新車ガイド(鉄道ファン 1994年1月号

 

新車ガイドが「鉄道ファン 1994年1月号(No.393)」に掲載されていますが、最初に投入された1993(平成5)年10月製の キハ101-1〜6 と今回アップした1997(平成9)年2月製のラストナンバー、キハ101-13 は明らかに外観が違いますね。

一見して分かる部分の他にも細かいところで仕様が変わっていることが分かりましたので、次回の更新のときに写真を交えて紹介したいと思います。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系

地味な少数区分車のキハ112形150番代(キハ112-151)

ここ20年以上の運動不足が重傷だったようで、スポーツジムに通って筋トレをすると筋肉痛で体中がだるくなってしまい、日常生活がいっぱいいっぱいになってしまいました。

もう少しすれば体も慣れてくると思ったのですが、筋トレのメニューが増えたりで、相変わらずのヘトヘトな状況です。

 
でも一方で、この時期は曇りの天気が多い。

 
ご報告が遅くなってしまいましたが、先週の木曜日(4/21)に「リゾートみのり」編成の2号車(キハ48 549)、3号車(キハ48 546)を撮りに行ってきましたので、その待ち時間に撮影した地味に貴重な車両の形式写真をアップしたいと思います。

郡山総合車両センターで全般検査が終わったばかりと思われる、小牛田運輸区(仙ココ)の キハ112-151 です。

 
キハ112-151

キハ112-151(仙ココ)  2016年4月21日 福島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ112形150番代(トイレなし)はキハ111形150番代(トイレ付き)とペアを組んで使用される100番代のマイナーチェンジ車です。

キハ111・キハ112形150番代の2両編成が1994(平成6)年9月に2本製造されました。

 
前年に登場したキハ111・キハ112形200番代と同様に運転台部分が構造強化されており、前位ドアが20mmほど後退してますが、水郡線の増備車のためステップ高さが100番代の1,036mmに合わせられています。

そのため150番代という区分が起こされました(200番代のステップ高さは970mm)。

すでに、1993(平成5)年9月に落成した200番代から客用ドアがプラグ式から引き戸式に変更されていたので、本区分も引き戸式のドアを採用しています。

 
なお、Wikipedia は一部記述が間違ってますので、ご注意願います。

車体延長はされてませんし、床面高さも変更されていません。

 
当初、キハ111・キハ112形150番代は水郡線営業所(水スイ)に配置されて水郡線で使用されていましたが、3ドア車のキハE130形が新製投入されたため2007(平成19)年3月に盛岡車両センター(盛モリ)に転属となりました。

このときに、盛モリ仕様として前後位の妻部に転落防止ホロが取り付けられ、さらに花輪線・山田線・岩泉線用として屋根上に衛星携帯電話用のアンテナが設置されました。

 
2011(平成23)年7月にキハ111-151・キハ112-151のみ仙ココに転属となり、おもに陸羽東線で使用されるようになりました。
このときに転落防止ホロと衛星携帯電話用アンテナが撤去されました。

写真では分かりにくいですが、きちんと撤去されているのが見て取れると思います。

 
キハ111・キハ112形150番代は少数区分車で、しかも盛モリと仙ココに分かれて配置されているので撮影が難しいですが、取り敢えずカーテン閉の状態でキハ112形150番代が撮影できたので、あとはノンビリ相方のキハ111形150番代を狙ってみようと思います。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系

観光列車「おいこっと」の1号車 キハ110-235

本格的な冬が来る前に、と思って先々週に北海道遠征に出掛けていましたが、もう1ヶ所ほかに行っておきたい場所があったので、先週末の日曜日(11/29)に日帰りで遠征してきました。

出撃先は、今期の運転および入線が先週末で最後(11/29)だった観光列車の「越乃Shu*Kura」「おいこっと」の終着駅、飯山線の十日町駅です。

今回は形式写真仲間であり大学鉄研時代からの友人のKazumaさんを誘って2人で行ってきました。

 
飯山線の観光列車「おいこっと」は2両編成で運転されることが多く、そのときはライトアイボリーがベース色の1号車(キハ110-235)が十日町駅で撮れます。

「おいこっと」は日本人が思い描くふるさと(田舎)をイメージしてもらうために“TOKYO(東京)”を逆読みして名付けられた列車で、千曲川(信濃川)沿いの自然を楽しむことをコンセプトにしています。

1年を通して土休日に運転される観光列車ですが、12月に入ると冬季ダイヤということで設定区間が長野〜戸狩野沢温泉間に短縮されてしまうので、もう1つの観光列車「越乃Shu*Kura」のキハ40系と抱き合わせで撮るのができなくなります。

ということで、十日町で2つの観光列車が撮れる今年最後の日に遠征してきました。

 

「おいこっと」の キハ110-235・236 は眺望車“ふるさと”として活躍していた車両で、座席を千曲川(信濃川)に向けて飯山線沿線の景色が楽しめるように改造されていました。

さらに遡ると、この2両を含む キハ110-223~236 は、北上~秋田間(北上線経由)で約1年間だけ運転されていた特急「秋田リレー」に使用されたキハ110形300番代でした。

キハ110系300番代が走っていたのは秋田新幹線開業直前の1996(平成8)年3月から1997(平成9)年3月までで、その当時は鉄道趣味から離れていたので、実車を見ることなく一般車に改造されてしまいました。

しかも、これらの車両はJR東日本として初めて投入された特急用気動車であり、今のところJR東日本最後の特急用気動車でもありました。

 
今回は撮り逃したキハ110系300番代をこのようなかたちで撮影しましたが、一般車に格下げされた車両はまだまだ走っていますので、機会を見付けて他の形式も撮りたいと思っています。

因みに、長野総合車両センター(長ナノ)に配置されている元「秋田リレー」用車両は次の18両です。

キハ110-225~236(元キハ110-303~314)
キハ111-210~212(元キハ111-301~303)
キハ112-210~212(元キハ112-301~303)

 
キハ110-223・224(元キハ110-301・302)の2両は新津運輸区(新ニツ)に配置されています。

 
キハ110-235

キハ110-235(長ナノ)  2015年11月29日 十日町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

撮影するときに番号がすぐに確認できなかったのですが、キハ110-235 の車両記号(形式番号)の標記は運転士側の乗務員室扉後部にあります。

 
キハ110-235 の銘板と車体表記

キハ110-235 の銘板と車体表記

 

「おいこっと」は1両あたり定員38名で運転しますが、これは座席のみの場合の定員です。
一般車として定期列車でも運用されるので、このときの定員は105名。
車内にはつり革が取り付けられているので、平日にこれに乗れるとお得な気分になれます。

銘板はスカートに取り付けられていますが、キハ110形300番代から200番代に改造された“平成9年”の銘板は取り付けられていません。
「おいこっと」改造時に“平成26年”を取り付けたので、そのときに外されてしまったものと思われます。4枚以上の銘板が取り付けられないですからね…



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系 , ジョイフルトレイン

45mm標準レンズを購入しました(八高線記念塗色の キハ111-204)

タムロン(TAMRON)から、新SPシリーズの第一弾レンズとして、フルサイズ・デジタル一眼レフカメラ対応の広角レンズ「SP 35mm F/1.8 Di VC USD(Model F012)」と、標準レンズ「SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)」が発売されました。

 
この2本のうち形式写真にも使えそうなのは、焦点距離45mmの Model F013。

普段使っている50mmレンズの画角(対角線)が46°で、45mmレンズは51°21’ですから、ほとんど同じと思われますが、日ごろ形式写真を撮っている立場からすると、この焦点距離5mmの差は結構大きいのです。

同じ構図だったら1m前に出られますので、撮影地が狭くて下がれないときに重宝します。

 
以前から45mm程度の焦点距離のレンズが欲しくて、実際に標準ズーム(TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD〈Model A007〉)とティルト・シフトレンズ(PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED)を試しましたが、思うような解像度は得られませんでした。どちらのレンズも Nikon D800E で撮るとぼやけた印象。

 
ティルト・シフトレンズは単焦点でしたし、ティルトとシフトの関係からどこかに描写力がピークになる条件があるかと思って試し撮りをたくさんしましたが、何度撮影しても車体の向こう側の所属と定員表記まできれいに描写してくれませんでした。

当たり前ですが、写真の中心近傍はきれいでシャープなんですけどね…

Nikon の売り文句や価格コムをはじめとするユーザーの評価で持ち上げられた期待感が完全に裏切られました。

勝手に、画面の隅々まで解像感のいいシャープな写真が撮れるものだと思っていたようです。

 
標準ズーム(TAMRON A007)は50mmレンズでは形式写真が撮れないときだけ使う、ほとんど出番のないレンズに。

一方、ティルト・シフトレンズ(PC-E 45mm)は特殊用途のレンズなので20万以上もしましたが、試し撮りが終わってすぐに売却。もったいないことをしましたが、使えないレンズを維持できないので…

高い授業料でした。

レンタルで試してからにすればと後悔しています。

 
鉄道車両の形式写真は工業製品を被写体にしているので、レンズの性能差が分かりやすいのだと思います。

芸術性なんて皆無のジャンル。

ボケ味がどうとか、どうでもいいこと。

パンフォーカスでも隅々まで描写してくれればいいのです。

 
このような経緯があったので交換レンズ探しは懲り懲りでしたが、やはり50mmレンズ1本だけでは厳しいので、焦点距離45mm程度の単焦点レンズを探していました。

そんなときに、Nikon から高価な標準ズーム(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)が発売される発表があったので気にしていたところ、こんどは TAMRON からは“SP 45mm F/1.8 Di VC USD(F013)”が。しかも、こちらの方が早く発売されるとのこと。

 
発売直後に飛びつくのはよくないのですが、慎重に情報を仕入れても2回ダマされた苦い経験があるので、ダメだったらすぐに売却する心づもりで TAMRON の45mmレンズ(F013)を購入しました。

あまり期待しないけど、うまく描写できるならラッキー程度。

期待すると裏切られたときにショックですからね。

 
でも、F013 は気軽に買えるほど安くないのです。

オートフォーカスも、手ブレ補正機構も要らないから、もっとやすい価格設定にして欲しかったのですが、そんなレンズは販売してくれないですよね。そんなMFレンズを出しても文句が出ないのは Carl Zeiss だけでしょう。

“29cmまで近づいて撮影できる”“美しいボケ”など形式写真とは関係のない売り文句ばかりが際立っていたので、嫌な予感を振り払って覚悟を決めしました。

 
SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F013)

 

先々週に買ったので、すぐに試し撮りに行きたかったのですが、10月は台風が来ないと1年で一番晴れる時期。

ぜんぜん曇ってくれません。

 
ようやく先週末(10/11)に曇ってくれたので甲府に行きましたが、途中でサイフを落としてしまったので、事後対応で試し撮りは2枚しかできませんでした。

でも、標準ズームやティルト・シフトレンズではボケボケで読めなかった向こう側の車体表記が、認識できるレベルであることだけは確認。

大健闘です。
 
Tamron F013 を装着した Nikon D800E

 

そして昨日(10/17)、曇りときどき雨の予報が出てくれたので、高麗川と高崎に出撃して TAMRON F013 の解像度を条件を振って確認してきました。

 
今回アップするのはそのうちの1枚で、八高線全線開通80周年記念に合わせてキハ38形風の塗色に変更された高崎車両センター(高タカ)の キハ111-204 です。

TAMRON の“SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)”で撮影したものです。

 
キハ111-204(Tamron Model F013 で撮影)

キハ111-204(高タカ)  2015年10月17日 高崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

高崎に着いた途端晴れてしまったので、曇った瞬間に急いで撮った写真ですが、いつものような構図で形式写真を撮っても画角の関係で手前にホームが入りません。

左側足元の標識が邪魔ですが、50mmレンズのときよりも被写体に近づいて撮っているので、ややサイド寄りから撮影しているにもかかわらず標識を避けて撮れています。

後位車端部付近(写真左側)に小さな文字で標記されている所属と定員を等倍で切り出しまたが、「髙タカ」と「定員132名」が読み取れます。

 
後位車端部付近の車体標記(TAMRON 45mm F013)

後位車端部付近の車体標記(TAMRON F013 にて撮影)

 

常用の50mm標準レンズ(COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/50)ほどではないにしても、「髙タカ」はまったく問題なし、「定員132名」も何とか読み取れるレベル。

これなら十分です。

 
ちなみに、描写力の基準としている50mm標準レンズ(COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/50)でも同じような構図で撮りましたが、写真左側の標識に被らないように撮影場所を変えているので、やや正面寄りの構図になりました。

もちろん、問題ないレベル。

今回は2つのレンズを比較するための撮影だったので、普段だったら45mmレンズに付け替えるほどの障害物ではありません。

 
キハ111-204(Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 で撮影)
上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

参考までに、COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 の場合の等倍切り出しもアップしますが、やはりこちらの方がきれいに描写されています。

COSINA Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 は設計が古いなどと書かれることがありますが、解像度の高いレンズだということが分かります。

 
後位車端部付近の車体標記(Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 で撮影)

後位車端部付近の車体標記(Planar T* 1.4/50 にて撮影)

 

このくらいの描写力の差は自己満足の世界です。

撮影後に車体表記や床下機器の標記が確認できればいいので、TAMRON F013 の描写力で十分です。

 
どうでしょう?

まだレビュー記事もほとんど出ていない新製品の単焦点レンズですが、“29cmまで近づいて撮影できる”“美しいボケ”と関係のない“解像度”が形式写真で耐えられるかを自分なりに評価してみました。

レンズ選びの際に少しでも参考になればうれしいです。

 



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系

新津運輸区で唯一のキハ110形100番代(キハ110-135)

珍しく日付(1/10)並びのつながりでキハ110形をアップしようと準備していましたが、2日遅れになってしまいました。

だったらキハ112形にすればいいのですが、狙おうと思ってもなかなか撮れないようなキハ110形の写真が手元にあったので、今回はこちらをアップしたいと思います。

新津運輸区(新ニツ)で唯一のキハ110形100番代、キハ110-135 です。

 
キハ110-135

キハ110-135(新ニツ)  2013年5月20日 新津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

キハ110形はローカル線の輸送改善を目的に1990(平成2)年から製造されたキハ110系のうちの1形式です。

キハ110形は製造時期や目的によっていくつかのバリエーションがあって、0・100・200・300番代が新製されましたが、後継車の登場などによりJR東日本管内で配転が行われてきたため、配置区ごとに番代区分がまとめられています。

 
現在、新ニツのキハ110系は基本的に200番代が配置されており、キハE120形とともに磐越西線の会津若松以北や羽越本線酒田以西、白新線、米坂線で運用されています。

 
かつては新ニツにも磐越西線用としてキハ110系100番代が配置されていましたが、1992(平成4)年に水郡線がキハ110系化されたたため、このときに常陸大子運輸区に転出してしまいました。

その後、水郡線営業所(水スイ)に3ドア車のキハE130形が投入されたため、キハ110系100番代のほとんどの車両は盛岡車両センター(盛モリ)と小牛田運輸区(仙ココ)に転属しました。

しかし、キハ110-135 の1両だけは新ニツに転属となりました。

 
まるで秋田車両センター(秋アキ)の キハ40 1006 のようにガラパゴスな存在の車両ですが、キハ110-135 は車齢が若いため独自の進化を遂げているには至っていません。

でも、将来が有望?な条件を取り揃えた車両なので、異端車候補としてウォッチングをしておいて間違ないと思います。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ110系