「ソニック」の中間電動車 モハ833形1000番代

現在「ソニック」で使用されている883系交流電車はすべて7両編成になっていますが、2008(平成20)年までは7両と5両の2種類の編成が存在していました。
1〜3次車(Ao1〜Ao5編成)が7両編成、4次車(Ao6〜Ao8編成)が5両編成で、それぞれ別々に運用されていました。

 
2008(平成20)年に883系の編成両数を揃えるために、Ao6〜Ao8編成に新製車の2両を組み込んで7両編成に揃えられ、編成番号がAo16〜Ao18に改番されました。

 
7両に増強された883系ですが、残念なことに組み込まれた2両は従来の883系車両と車体形状がまったく異なる、側面ビートのないアルミニウム製の車両だったのです。
すでにJR九州では885系が製造されていたので、885系中間車に準じた車体形状や座席にモデルチェンジした2両が従来編成の中に連結されてしまったのです。

遠くからでも分かるような凸凹編成、デザインに力を入れているJR九州らしくないですね。

 
モハ883-1001

モハ883-1001(分オイ)  2012年3月16日 大分駅

 
上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 883系 , JR九州

「ソニック」の先頭車 クモハ833形

今回は特急「ソニック」の小倉方の先頭車(制御電動車)、クモハ833形です。
写真の クモハ883-6(分オイ)は昨日アップした サハ883-6 とユニットを組んで使用されています。

 
JR九州の883系交流電車は1994〜1996(平成6〜8)年に4回に分けて8編成が製造されました。
2005〜2007(平成17〜19)年にリニューアル工事が実施されて写真のようにメタリックブルー一色に塗装されてしまいましたが、それまでは先頭部ブロックと出入扉のみセルリアンブルー塗装で、そのほかはステンレスの無地でした。

 
登場時期によって前頭部ブロックにバリエーションがあり、1次車(Ao1・Ao2編成)は前照灯の間にフォグランプが付き、2次車(Ao3編成)で同部分のフォグランプがなくなり、3次車(Ao4・Ao5編成)と4次車(Ao6〜Ao8編成)は同部分(前面パネル)に“S”のエンブレムが取り付けられました。
5両編成で登場した4次車(Ao6〜Ao8編成)は編成ごとに前面パネルと前面ガラス上部の塗色が編成ごとに異なり、先頭車を見るだけで何番編成なのかがすぐ分かる車両でした。

 
メタリックブルーの塗色になって落ち着いた感じになってしまいましたが、リニューアル前は遊び心満載ながらも格好がいい、JR九州らしい特急形車両でした。
ちょうど鉄道趣味から離れていたときに登場した車両なので、リニューアル前のすがたは記録できませんでした。ちょっと悔やまれます。

 
クモハ883-6

クモハ883-6(分オイ)  2012年3月16日 大分駅

 
上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 883系 , JR九州

「ソニック」のパンタグラフ付き付随車 サハ833形0番代

青い車体の883系と白い車体の885系で運用されている特急「ソニック」ですが、どちら車両もカーブの多い在来線でスピードアップが可能な空気式制御付自然振り子式というすごい仕組みを採用しています。

 
振り子式車両はカーブに入る前から車体が傾斜し始め、カーブ通過後にもとに戻るので、カーブでの減速が少なくてすむのでスピードアップできるというものです。

人によっては酔ってしまうという問題もあります。
自然振り子式の381系「しなの」や制御付き自然振り子式のE351系「スーパーあずさ」で酔ってしまった経験があるので、できるだけ振り子式車両には乗らないようにしています。普通の電車やクルマで乗り物酔いになったことがなかったので、自分でもビックリしましたが …

 
883系の話しに戻しますが、

振り子式車両はカーブに入るとかなり車体が傾斜するので、パンタグラフが屋根に固定してあると傾斜したときにパンタグラフが架線から左右にはずれてしまう恐れがあります。

そこで883系ではJR東日本のE351系で採用された台車直結の支持台にパンタグラフを載せる方式が採られており、パンタグラフ支持台が台車枠と直結しているので、カーブに入って台車よりも車体が傾斜したときでも架線の位置にパンタグラフが追随できるようになっています。

パンタグラフの支持棒が後位台車(写真右側)の2か所に取り付けられているので、その上部(出入台の後位側)は支持台が通っているのでデッドスペースとなってます。

 
このようなパンタグラフを搭載しているE351系、883系、885系は車体とパンタグラフがそれぞれ独自に揺れていますので、「スーパーあずさ」「かもめ」「ソニック」で確認してみてください。不思議な感覚ですよ。

 
サハ883-6

サハ883-6(分オイ)  2012年3月16日 大分駅

 
上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 883系 , JR九州

「ソニック」のパンタグラフ付き付随車 サハ833形100番代

また「サハ」に戻ります。
でも、“パンタグラフ付きサハ”の話しです。

 
モーターを搭載していない付随車(サハ)にパンタグラフが載っているのは変な感じですが、全国規模で国鉄/JR車両を見てみるとこのようなサハは結構走っているものです。

 
一般に国鉄/JRの電車は M+M’の2両で電動車ユニットを組んでいますが、パンタグラフ付きサハをつなぐ電車は付随車と電動車を1ユニットとし機器類を分担して搭載しています。

電動車と付随車でユニットを組むと電動車比率(MT比)が低下してしまいますが、交流電車やVVVF制御の直流/交直流電車は粘着性能がよいので低MT比でも編成を組むことができます。
編成内での連結両数が少なくなった電動車にすべての電装品を装備すると重くなってしまうので、モーターを搭載していないサハにパンタグラフや主変圧器・主整流器などの特高圧機器を分担してもらって機器配置を分散するという考え方です。

 
“パンタグラフ付きサハ”は特高圧機器を搭載する交流/交直流電車で多く見られますが、博多〜小倉〜大分(佐伯)間の特急「ソニック」で使用されている883系交流電車もその一つです。

 
サハ883-104

サハ883-104(分オイ)  2012年3月16日 大分駅

 
上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 883系 , JR九州

「ソニック」の半室グリーン制御車(クロハ882-4)

遠征 1日目(3/16)は、大分駅地上ホームの1・2番線に入ってくる車両をすべて撮る気で動き回ってましたが、一番撮っておきたかった車両は特急「ソニック」に充当されている883系交流電車でした。

883系はJR九州らしい格好いい特急用車両ですが、博多〜小倉〜大分(佐伯)の「ソニック」のみで運用されているため撮影場所が限られており、地上ホーム時代の大分駅で押さえられないと利用客が多い博多駅で撮るしか選択肢がなくなってしまう車両でした。
 
クロハ882-4

クロハ882-4(分オイ)  2012年3月16日 大分駅

 
当日は一部特急列車のダイヤが乱れていた関係で 1・2番線に入線しない列車がありましたが、雨が降り始めたお昼までにだいたい撮り終えることができました。



この形式写真に関連するタグ: 883系 , JR九州