第三セクターへの譲渡準備のためにJRマークが剥がされていた クハ520-31

5/19(金)に“夏の臨時列車のお知らせ”がJR各社から発表されていましたので、リストにしてまとめてみました。

JR各社および支社の発表にリンクを貼りましたので、是非ご活用ください。

 
JR北海道

JR東日本(全体)
JR東日本(盛岡支社)
JR東日本(秋田支社)
JR東日本(仙台支社)
JR東日本(新潟支社)
JR東日本(高崎支社)
JR東日本(水戸支社)
JR東日本(千葉支社)
JR東日本(八王子支社)
JR東日本(長野支社)

JR東海

JR西日本(全体)
JR西日本(金沢支社)
JR西日本(和歌山支社)
JR西日本(福知山支社)
JR西日本(岡山支社)
JR西日本(広島支社)
JR西日本(米子支社)
JR西日本(新幹線管理本部・福岡支社)

JR四国

JR九州

 
 * * *

 
数日前から急に暑くなって全国的に晴れベースの天気に変わってきたので、これまでの遠征で撮影した写真を少しずつ整理しています。

 
普段から珍しい車両を追いかけているわけではないのですが、過ぎてみたらほんの短い期間にだけ見られた姿を記録していた、という写真がありましたのでアップしたいと思います。

北陸本線で使用されていた521系交流電車の制御車(T’pc)、クハ520-31(金サワ)です。
第三セクターへの譲渡準備のため乗務員扉横のJRマークが撤去されていたときに撮影したものです。

当時はG26編成と名乗っていた2両編成の米原方に連結されていましたが、北陸新幹線開業にともない北陸本線金沢〜直江津間が第三セクター化されたため、現在はあいの風とやま鉄道のAK15編成として活躍しています。

 
クハ520-31

クハ520-31(金サワ)  2015年2月23日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

あいの風とやま鉄道は富山県内の北陸本線石動~越中宮崎間を引き継いだ第三セクター鉄道で、2015(平成27)年3月の開業時にJR西日本から521系2両編成16本と413系3両編成5本を譲り受けています。

発足当初はほとんどがJR時代の塗色のままでしたが、鉄道会社の発足に合わせて順次521系の塗色変更が実施され、山側にブルー、海側にグリーンのラインを施した新しいデザインに改められました。

すでにあいの風とやま鉄道ではJR色の521系は消滅しましたので、JRマークのない青帯車は見られなくなりました。

 
クハ520-31のJRマーク剥がし跡

JRマークの剥がし跡(クハ520-31)

 

このときはまだJR在籍中でしたので、運転台部分の前面窓に“G26”と書かれた編成番号表示パネルが掲げられています。

 
編成番号の“G26”(クハ520-31)

 

JR所属車なのにJRらしさが少し足りない、過渡期だけに見られた521系を記録した、という話しでした。



この形式写真に関連するタグ: 521系 , JR西日本 , プレス発表

転落防止ホロが増設されたクハ520形1次車(クハ520-5)

今月上旬に2日間ほど富山地区まで遠征できましたが、雨の中での撮影が多くて北陸新幹線金沢開業で撮れなくなりそうな北陸特急の681・683系についてはごく一部の形式しか記録できませんでした。

経費削減のために青色一色に塗り替えられた最後の急行形電車の475系やその改造車の413系については、撮影できたのは2両だけ… 散々な結果でした。

 
このまま本格的な冬が到来し、北陸地区の平野部でも雪が降り積もるような季節になって、681・683系や475・413系は撮れず仕舞いに 〜 そうなってしまうのでは心配していたところ、週末に掛けて北陸地区でお天気が不安定になるような予報が出ましたので、少々無理して今月2度目の北陸遠征に行ってきました。

もちろん、今回もワゴンRの車中泊です。

 
平日はシングルファーザーなので、今回も土休日を最大限に活かしつつ、月曜日(11/17)の夕飯のしたくまでには帰るというプラン。

でも、特急形車両はできるかぎり平日に撮りたいと思っていたので、ほとんど深夜帰りの奥さんに協力してもらい、金曜日(11/14)の未明に出発。

 
11月の遠征は東名高速道路の集中工事と重なることが多く、大渋滞に泣かされないように時期をズラしたはずだったのですが、岡崎I.C.の手前で事故があって渋滞がひどかったので、豊川I.C.で降りて岡崎I.C.まで国道1号線を走る羽目に。

しかも、国道は運悪く夜間工事でこちらも大渋滞。

踏んだり蹴ったりでした。

 
当初の予定では美濃太田駅に向かうつもりでしたが、朝5時過ぎに天気予報を再確認したところ、それまでの“曇り”予報が“晴れ”に。

急遽、行き先を敦賀駅を変えましたが、敦賀駅前にはリーズナブルな駐車場がないので、長浜駅に向かい北陸本線で敦賀に移動… のつもりでしたが、列車に乗り遅れ。

 
失意の中、長浜駅の発車番線と駅構内をロケハンしたところ、次に入ってくる敦賀方面行きを敷地外から狙うときれいに形式写真が撮れることが確認できたので、下のように521系1次車の クハ520-5(金ツル)をきれいに記録することができました。

 
クハ520-5

クハ520-5(金ツル)  2014年11月14日 長浜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

521系は2013(平成25)年製の3次車から先頭車に転落防止ホロが取り付けられ、それまでの1・2次車はスッキリした顔立ちのままでしたが、現在は写真のように転落防止ホロが増設されています。



この形式写真に関連するタグ: 521系 , JR西日本

JR西日本のクハ520形

今回はJR西日本のクハ520-2(金フイ)です。

北陸本線(長浜〜敦賀間)、湖西線(永原〜近江塩津間)の直流化によって、それまで北陸本線長浜や湖西線近江今津で折り返していた新快速が敦賀まで直通運転するのに対応して新製された521系交直流電車のパンタグラフ付き制御車(Tpc)です。
「マリンライナー」用の223系5000番代を基本とした3扉転換クロスシート車ですが(後位車端部はロングシート)、交直流電車のため683系特急形電車で実績のある制御装置やブレーキ装置などのシステムを改良のうえ使用しています。
クモハ521 + クハ520 の2両編成を1ユニットとし、制御電動車クモハ521形に直流機器を搭載しているため、当車に主変圧器や主整流装置、集電装置(パンタグラフ)などを搭載しています。

 

クハ520-2

クハ520-2(金フイ)  2010年11月3日 敦賀駅



この形式写真に関連するタグ: 521系 , JR西日本