青色一色に塗り替えられていた北陸本線時代の クハ455-701

当分は出撃に出ることがなさそうなので、撮りためた形式写真をアップしていきたいと思います。

今回は455/475系で唯一現役で活躍しているクハ455形700番代の クハ455-701(金サワ)です。

 
クハ455-701

クハ455-701(金サワ)  2015年2月24日 魚津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

北陸本線の昼行急行列車の廃止にともない金沢運転所(金サワ)の475系列はローカル運用に転用されました。

しかし、2ドアのクロスシート配置のままでは乗り降りに時間が掛かるため、多くの車両は出入台付近の座席をロングシートに変更してローカル運用に対応させてましたが、初期形の471・473系(交流60Hz車)については新製した車体に乗せ替えるほど徹底的な更新工事が実施されました。

この車体更新工事により登場したのが413系で、1986〜1989(昭和61〜平成元)年に3両編成11本が金サワに配置されました。

 
米原方に連結される偶数向き制御車(T’c)については、新しい車体を乗せたクハ412形を9両のみ用意し、不足する2両については、455系の付随車(T)のサハ455形に運転台を取り付けたクハ455形700番代を413系編成に組み込むことになりました。

写真の クハ455-701 は第4編成に、クハ455-702 は473系を改造した413系100番代の第11編成にそれぞれ連結されました。
そのため、クハ455-701 の右側に少しだけ写っている車両は モハ412-4 になります。

 
国鉄末期、たくさんの先頭車化改造のクハ455形が誕生しましたが、これらの車両はいずれも先頭部は分厚いホロ枠が取り付けられた仕様のものでした。

サハ455形改造の クハ455-502 とサロ455形改造の クハ455-609 をこれまでにアップしましたが、いずれもオリジナル車両と同形状のホロ枠が取り付けられています。

しかし、クハ455形700番代はクハ412形やクモハ413形のようにホロ座だけで、ホロ枠が出っ張っていません。

153系や401・421・415系などの近郊形交直流電車に使われた薄形のホロ座と同形状です。

 
車両解説では、車体長を他の近郊形車両の先頭車(19,570mm)と合わせるため(クハ455形0番代は19,900mm)に運転台助士席後部の小窓と前位側ドアの戸袋窓が省略されていることはキチンと書かれていますが、先頭部の印象を大きく左右するホロ枠が省略されていることについては書かれていません。

455/475系のクハ455形なのにクハ455形っぽく見えない。この正体は車体側面のドア配置だけではなく、ホロ枠が出っ張っていないことが原因のように感じています。

 
この写真は クハ455-701 を含む413系第4編成(サワB04編成)を撮りに行ったときのものです。

このような異端車は金沢〜直江津間の第三セクター化ですぐに廃車になるものと思っていましたが、このときに廃車されたのは七尾線用の415系800番代の一部でした。

 
その後、車体塗色を新七尾線カラーの茜色に変更し、急行形車両の雰囲気を残す最後の車両としてサワB11編成の クハ455-702 とともに七尾線で活躍しています。



この形式写真に関連するタグ: 455・475系 , JR西日本

青色一色に塗り替えられたサワA18編成の制御電動車(クモハ475-45)

475系の活躍も残り2ヶ月を切りました。

475系は413系のように車体更新が施工されて第三セクターに引き継がれることがないので、国鉄急行形電車の定期運用は3月13日をもってお終いとなります。

父の実家がいわき市平(たいら)にあった関係で、小さいときから451系など交直流急行にお世話になっていたので、いよいよそのときが来るのかと感慨深くなってしまいます。

 
1985(昭和60)年3月のダイヤ改正で全国の急行電車がほぼ全滅し、それ以降は短編成化されてローカル運用に転用されてきました。

このときにたくさんの先頭車化改造車が誕生しましたが、ちょうど大学に入学した年だったので、これらの車両はだいたい記録してきました。

50HZタイプで東日本地区向けの451・453・455系はすでに過去のものになってしまいましたが、それ以降も現役で走り続けた60Hzタイプの471・475系と50/60Hz両用の457系は通風器が撤去されて何かもの足りない外観になったあとも、機会があるたびに撮ってきました。

2010(平成22)年以降、青坊主のごとき姿になった車両も出現し、まだバリエーションを増やすのかと呆れながらも、昨年11月にはこれを撮りに北陸地区まで行ってきました。

 
これといって特定の形式を追いかけることはしてきませんでしたが、両数の割にバリエーションが多かったのと、活躍の時期が長かったので、撮影機会の多かった急行形交直流電車は特別の存在だったのかも知れません。

もしかしたら、小さいときに急行「まつしま」「ざおう」「ばんだい」を見ながら育ったので、サハシとサロを連結した独特の編成が頭に焼き付いていたのかも知れません。

 
幼少期を東大宮〜蓮田間の線路沿いで過ごした。これがすべての始まりだったのでしょうか。

 
 * * *

 
現行ダイヤでは、475系は金沢〜富山間を中心に朝晩だけしか運用されていません。

そのため475系の形式写真を撮るとなると、石動駅に行くしか手がありません。

 
昨年11月の北陸遠征(1回目)は到着初日に石動駅に向かって475系の到着を待ちましたが、入線と同時に晴れてしまいました。

そのときは、3本しか運用されていない475系の青色編成が入るときだったので、曇ってくれることを願ったのですが、残念ながら…

でも、日差しが弱かったのでレタッチをして何とか見られるレベルになりました。

 
クモハ475-45

クモハ475-45(金サワ)  2014年11月2日 石動駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

3月14日のダイヤ改正までに何とか撮り直したいのですが、やっぱり無理ですかね。



この形式写真に関連するタグ: 455・475系 , JR西日本

青色一色に塗り替えられた455/475系の制御車(クハ455-19)

今回の北陸遠征は3日目(11/16)に七尾駅で683系がきれいに撮影でき、しかもその後の高岡駅でもたくさんの681・683系が撮れたので大満足。

相当無理をして撮影場所に移動していたので、もう帰ってもいいかなぁ〜なんて思っていましたが、今回の遠征では見ることすらなかった475系の運用をチェックしたところ、なんと475系のA07編成が413系運用に代走として入っているとのこと。

しかも、翌日(11/17)の真っ昼間に直江津駅に入るかも…

 
となると順調に運用が推移しているかが問題になってくるので、実車を確認するために魚津に直行!と思いましたが、クルマ社会の富山県内は夕方の渋滞が酷く、すんなりと高岡市内から魚津に移動できず。

仕方ないので、少々遠回りをして別の場所で475系が走り過ぎていくのを見送りし、青い車体の急行形車両であるのを確認。

そして、帰宅を諦めて国道8号線を東に進んで直江津駅のある上越市に移動して遠征3日目を終えました。

 

遠征4日目(11/17)は朝から国道8号線を東に進み、直江津駅へ。

でも、夜が明けたら雲がなくなりいい天気に。

 
事前の運用確認で体質改善の施工を受けた青色一色の413系B10編成と、同じく青色一色に塗り替えられた475系A07編成が直江津駅の1番線で折り返す運用に入っているのを事前に確認していたので、あとは停車中に曇ってくれるのを祈るだけ。

だいたいこういうときは、事前の運用確認の甲斐なくピーカンで終わることが多いのですが、今回はたまにやって来る雲が運よく太陽を遮ってくれる瞬間がありましたので、そのときに形式写真を撮ることできました。

 
今回の北陸遠征は681・683系をメインに追いかけていたので、金沢〜富山間を中心に朝晩だけしか運用されない475系は諦めていました。でも、413系の代走というかたちで475系が広域運用に就いてくれたために撮影できたのはラッキーでした。

しかも、3本しか運用されていない475系の青色編成が撮れたのですからね。

 
遠征4日目(11/17)はこれで終わり。

あとは夕飯の支度に間に合うように急いで帰宅しました。

 

今回の北陸遠征は形式写真仲間の情報を元に撮影地を転々とし、ここぞという撮影場所ではいい具合に曇ってくれました。

これで北陸新幹線金沢開業で影響がありそうな車両はほとんど撮影済みになりました。

形式写真仲間の皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

 
クハ455-19

クハ455-19(金サワ)  2014年11月17日 直江津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 455・475系 , JR西日本

仙台地区のサロ改造のクハ455形600番代(クハ455-609)

最近は写真を撮りに行っていないので手元にあるストックのなかから1枚をアップします。
国鉄末期は鉄道模型のような切り継ぎ車両がたくさん登場しましたが、今回も中間車を先頭車化改造した車両です。

 
前回(10/26)は165系直流電車の付随車サハ165形を455系交直流電車クハ455形に改造したクハ455形500番代(クハ455-502)でしたが、今回はグリーン車サロ165形を先頭車化したクハ455形600番代です。

クハ455形600番代はサロ455形改造のクハ455-601〜605とサロ165形改造のクハ455-606〜611が誕生しましたが、仙台運転所(仙セン)に配属されたのは クハ455-608・609 の2両だけでした。
いずれも種車時代に2段式ユニット窓に改造されていましたので、“いかにもサロ”という存在感はありませんでしたが、それでも不思議な車両でした。

 
下の写真を撮影した時点(1991年)では、すでに座席がリクライニングシートから固定クロスシート(ボックスシート)に交換されていましたが、落成当初は回転リクライニングシートを向かい合わせに固定しただけでしたので、貧乏人には無縁だったグリーン車に乗った気になれる貴重な車両でした。

このような変わった車両が2007(平成19)年まで残っていたのに、カラーポジなどで撮り直していなかったのが悔やまれます。

 
クハ455-609

クハ455-609(仙セン)  1991年11月2日 松島駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 455・475系 , JR東日本

“あかべぇ”色のクハ455形500番代(クハ455-502)

かつて磐越西線は旧形客車天国でしたが、1985(昭和60)年3月改正以降はそれまで急行列車で使用された455系が同線のローカル運用に転用されました。

急行時代のクロスシートのままでは乗り降りに時間が掛かるため、出入台付近の座席をロングシートに変更してローカル運用に対応させてましたが、一部の455系については車体更新工事が実施されました。

その際、車体更新車のうち3両編成7本のについては磐越西線向けの車両として塗色が赤/白系に変更されました。
さらに、2005(平成17)年以降は「福島県あいづデスティネーションキャンペーン」の一環として、車体に会津地方のマスコットキャラクター“あかべぇ”が貼付されるようになりました。

 
“あかべぇ”色の455系は2007(平成19)年6月で引退し、“あかべぇ”色の719系に置き替えられてしまいました。

 
クハ455-502

クハ455-502(仙セン)  2007年3月24日 会津若松駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
クハ455-502 は1984(昭和59)年1月に サハ165-2 を先頭車化改造した車両です。

オリジナルのクハ455形0番代に比べて台車中心距離の短い中間車を先頭車に改造しているため、その分だけ客室が若干狭くなっており、戸袋窓も窓幅が狭くなっています。
冷房装置(AU13E)や通風器の配置もオリジナル車とは異なっており、前位出入台部分がちょうど撤去された冷房装置の元取り付け位置だったので不自然な配置になっています。



この形式写真に関連するタグ: 455・475系 , JR東日本