体質改善工事を実施した先頭車化改造車(クハ212-105)

またまた庭瀬駅で撮影した写真をアップしますが、これまでと少し系統のちがう車両をアップします。

今回は岡山地区で活躍する213系のうち、体質改善工事を実施した切妻タイプの先頭車化改造車、クハ212-105(岡オカ)をアップします。

 
クハ212-105

クハ212-105(岡オカ)  2013年5月10日 庭瀬駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
213系の体質改善工事は、今のところワンマン改造済みの2両編成のみで実施されています。

クハ212形0番代を含む編成は3本のうち1本(C03編成)が施工済みで、“ステンレス製食パン”と揶揄されているクハ212形100番代を含む編成は5本のうち3本(C08・C10・C11編成)が施工済みとなっています。

サハ213形に運転台を取り付けたクハ212形100番代は登場してから9年しか経っていませんが、たまたま先頭車化改造と車体更新の時期が近かったために、落成直後の外観で走っている車両は残り2両だけとなってしまいました。

 
体質改善工事による外観上のおもな変更点は次のとおりです。

・窓ガラスの交換(UVカット窓)
・行先表示器のLED化
・前面(助士側)の運用番号表示器の撤去
・ワイパーの交換
・前面貫通扉へのワイパー取り付け
・通風器の撤去
・ジャンパー連結器へのカバーの取り付け
・扉下部の黄色化

このほかに、なぜか213系の体質改善工事施工車は両開き扉の枠材の上部車体中央寄りに逆L字状の補強材のようなものが取り付けられています。

 
まだ体質改善工事を施工していない クハ212-101 と見比べてみると、スカート周りの印象が大きく変わりました。

クハ212形100番代は落成時から強化形スカートを装備した車両で、スカートそのものは今回の工事では交換されていないと思うので、ジャンパー連結器にカバーが取り付けられたために大きく印象が変わったのだと思います。



この形式写真に関連するタグ: 213系 , JR西日本

213系の先頭車化改造車 クハ212形100番代

185系電車の手持ち写真のうちブログで公開しても絵になるような車両はもうないので、今日からは211・213系をアップしていこうと思います。

 
最初は変わった車両の方がおもしろいと思うので、岡山電車区(岡オカ)のクハ212形100番代にすることにしました。

この車両は快速「マリンライナー」に充当されていた213系3連を岡山地区のローカル運用に転用するために中間付随車サハ213形に先頭部ユニットを取り付けて先頭車化した改造車です。

「マリンライナー」時代、岡オカの213系3連は クモハ213 + サハ213 + クハ212(C01〜C06編成)と、クモハ213 + サハ213 + クロ212(C07〜C11編成)、クモハ213 + クハ212 + クハ212(C12編成)の3種類が組成されていました。

ローカル転用に際してグリーン車を抜き取ると“クハ”が不足するので、C07〜C11編成に組み込まれていた サハ213-7〜11 を“クハ”化したのが クハ212-101〜105 です。

 
ステンレス製車体のため先頭部ユニットの切り継ぎや便所設置による窓の塞ぎ跡が痛々しい車体ですが、便所は車いす対応の大形のものが設置され、運転台形状も新造車(213系0番代)に準じたものが取り付けられています。

 
クハ212-101

クハ212-101(岡オカ)  2011年6月1日 庭瀬駅



この形式写真に関連するタグ: 213系 , JR西日本

飯田線にコンバートされた クハ212形5000番代(トイレ付き)

昨年のクリスマスイブに娘が緊急入院、1/7(土)に退院してからも、娘が自宅静養しているあいだは自粛モードを続けていました。
退院後、家族は相模原の病院に通う毎日から解放されましたが、入院による体力低下にともなう再発やインフルエンザの感染などのリスクをできるだけ減らしたかったからです。

 
免疫抑制剤を飲み続けているため普通では考えられないようなリスクが潜んでいるので、こればっかりは仕方ありません。主治医の許可が出るまでは自宅静養を続けるしかないのです。

ネフローゼ症候群巣状糸球体硬化症(FGS)という難病ですが、3歳で発症して、6年間で10数回も再発を繰り返しています。
再発にもパターンがあるので、再発のたびに学習してきましたが、やはり1年に1度くらいは新しいパターンに出会います。そのたびに家族は後悔してます。

 
昨年12月末の場合も、クリスマス行事が続いて疲れていたときに消化器系がギブアップしてしまい、嘔吐を切っ掛けに血管内が脱水症になってしまいました。普通の人なら水分を摂って休めばいいレベルですが、娘の場合は、血管内のバランスが崩れたために腎臓の機能が止まってしまいショック症状に陥ってしまったのです。

FGS再発のトリガーはこれまでの経験でいくつかわかってましたが、今回のケースは初めてだったのでまったく対応できませんでした。たまたま週末に掛かっていたので1日様子を見ましたが、それもよくありませんでした。
1年のうち1〜3か月は娘が入院しています。退院後は自宅静養があったり、小学校でインフルエンザが流行ると学校を休ませなければならないので、自粛モードには慣れていますが、“普通の生活” ができるに越したことはありません。

金曜日(1/20)の通院でようやく登校許可をもらって “普通の生活” ができるようになりましたので、それを機会に3月で引退することが発表された飯田線の119系電車の形式写真を撮りに行ってきました。

 
119系電車をアップした方がウケがいいのかも知れませんが、トイレ増設工事を施工したクハ212形5000番代がきれいに撮影できましたので、こちらを先にアップします。

 
クハ212-5003

クハ212-5003(海シン)  2012年1月22日 東栄駅

 

213系5000番代は関西本線名古屋〜亀山間の輸送改善のために投入された車両ですが、最近は朝夕のラッシュ時間帯以外はほとんど運用がない状態が続いてました。
飯田線転用に際して、バリアフリー対応のトイレが4位車端部に設置、出入扉に半自動回路が追加され、前位台車に滑走防止用装置が設置されました。



この形式写真に関連するタグ: 213系 , JR東海