関西本線名古屋口運用から離脱したK51編成の211系0番代(クモハ211-2)

遠征2日目(3/7)の話しです。

 
岡崎から青春18きっぷで巡った遠征初日(3/6)は、亀山、柘植、和歌山と地味な車両を順調に撮り進んで移動しましたが、その勢いは2日目まで保ちませんでした。

当日は朝から高松駅の9番ホームにJR四国の113系が入ってくるのを待ってましたが、前日までの疲れが取れなかったのと撮影場所のコンディションが悪くて戸惑ってしまったので、結局、うまく撮れませんでした。

 
撮影後いち早く写真をアップするくらいの気持ちで撮影に臨みましたが、それは気持ちだけで、身体の方は疲れで思うように動きませんでした。
50歳過ぎても大丈夫なようにジョギングや筋トレをするなど心掛けていましたが、岡崎までの無茶な徹夜運転が敗因だったようです…

 
その後は、多度津や琴平などに移動しましたが、雨がひどくて撮影どころではありませんでした。

今回のダイヤ改正で廃止される琴平発の瀬戸大橋線にお別れ乗車するなど、ドン行の乗り継ぎで岡崎に戻り、それ以降はクルマで帰宅しました。

 
撮影そのものの成果はありませんでしたが、ロケハンはきっちりできたので、次回の四国遠征に活かしていきたいと思っています。

 
 * * *

 
遠征2日目(3/7)に撮影した写真はお見せできるものではものではなかったので、今回は遠征初日(3/6)に途中の関西本線亀山駅で撮影したJR東海の クモハ211-2(海シン)をアップしたいと思います。

JR東海の保有車両のなかでたった8両だけ存在する国鉄形車両のうちの1両で、神領車両区(海シン)のK51編成の奇数方に連結されています。

 
クモハ211-2

クモハ211-2(海シン)  2019年3月6日 亀山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR東海の211系0番代は、国鉄時代の1986(昭和61)年に東海道本線名古屋地区の快速列車増発用として投入されたグループです。

登場時は“中京色”と呼ばれるブルー帯に白色の細線を入れた独自色のカラー帯を巻いていましたが、民営化直後の1989(平成元)年にオレンジ色と緑色の湘南色に変更されました。

 
中京色時代はこんな感じで117系とともに東海道本線(名古屋地区)のエースとして活躍していました。

 

クモハ211-2(名シン)  1988年8月6日 名古屋駅

 

313系の増備が進んだため2011(平成23)年に活躍の場が東海道本線から関西本線(名古屋口)に移り、現在は名古屋〜亀山間の通勤通学輸送を主体とした運用に就いています。

海シンの211系をブラインドがすべて上がった状態で撮りたいと思っていましたが、JR東海はブラインドの整備をなかなかるやってくれないので、どうしたらきれいに撮れるかと何年も前から考えていた形式でした。

 
遠征初日(3/6)の移動中、亀山駅で到着ホームが変更されたので駅構内を見渡してみたところ、2番ホームの名古屋方のはずれの方に クモハ211-2 を含むシンK51編成(4両編成)が留置されていたので、急いで撮影したのが今回アップした写真です。

パンタグラフが上がった状態なのに、室内灯は消えて、何故かブラインドもすべて上がった状態。

なんで止まっているのだろうか?そう思いながら撮ってましたが、あとで Twitter を確認したところ故障のため神領車両区に回送されてそれっきり留置とか…

 
置き替えの噂も聞こえてくるJR東海では少数派の211系0番代ですが、このまま廃車されずに修理整備のうえで本線に復帰して欲しいものです。

あけましておめでとうございます(写真は2019年に因んで モハ211-2019)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 
年末年始は奥さんの実家で過ごして、体重増加が心配なほどゆっくりしていました。

といきたかったのですが、2月に出版されるムック本の執筆がありましたので、実家の行事の合間と場所をなんとか探し頑張っておりました。

 
なお、年末年始のご注文につきましてはご注文順に梱包発送の手続きを行っており、すでに一部は出荷済みとなっております。
明日(1/6)までにはお手元に届きますので、もう少々お待ちいただきたいと思っております。

 
こんなかたちですでに平成最後の年といわれる2019年は始動しております。

これからもマイペースに突き進んでいきますので、改めまして本年もよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
たまには“新年の暦年に因んだ番号の国鉄/JR車両を”と思って2019番の形式写真がないか探してみました。

電暖改造の旧形客車、113系、115系、キハ40形、キハ28形など、2000番代の車両を探しみたところ、首都圏に乗入れしている長野総合車両センター(長ナノ)の211系の形式写真がありました。

先頭車だったら華があってよかったのですが、中間電動車ユニットの2両でしたので、パンタグラフを搭載している方の モハ211-2019 をアップしたいと思います。

 
モハ211-2019

モハ211-2019(長ナノ)  2015年9月16日 高尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

中央本線に転用されたクモハ211形1000番代(クモハ211-1005)

今回も一昨日(10/11)に撮影した形式写真をアップしたいと思います。

東北本線上野口・高崎線から中央本線に転用された長野総合車両センター(長ナノ)のN321編成の クモハ211-1005 です。

 
クモハ211-1005

クモハ211-1005(長ナノ)  2015年10月11日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

2014(平成26)年12月に、中央本線立川〜小淵沢間のローカル運用(3両編成)は豊田車両センター(八トタ)の115系300番代(スカ色)から211系1000番代に置き替えられました。

 
スカ色の115系時代は高尾駅でお昼寝する運用がありましたので、同車の形式写真をゆっくり撮ることができました。

しかし、211系1000番代は高尾駅でのお昼寝運用がなくなった後に投入されたため、甲府駅と小淵沢駅の停車中しか撮影できません。

甲府駅は橋上駅舎、小淵沢駅は線路配置の関係で撮れる車両がかなり限られます。

 
211系1000番代(ナノN317〜327編成)の3形式を撮るとなると意外に大変。

ならば早めに撮っておくべきでは!と思って撮影可能な条件を調べたところ、新宿方に連結されているクモハ211形1000番代は1日に1回しか障害物のない場所に停車しないことが判明しました。

現行ダイヤでは少なくともそうらしいです。

 
ですので、一昨日(10/11)は215系の第1編成(コツNL-1編成)が「ホリデー快速ビューやまなし号」運用に入らなくても、クモハ211形1000番代は逃さずに撮るぞ!という意気込みでしたので、無事に クモハ211-1005 が撮れて肩の荷が下りました。

ちょっと大げさかも知れないですが、後回しにしたため撮れなくなった、または撮るのが大変になった車両は数知れずなので…

 
特に珍しい車両というわけではないですが、撮れるときに撮っておく。この姿勢が貫けるようにしていきたいと思っています。

長野色で活躍するロングシート車のクハ210形2000番代(クハ211-2015)

昨日(9/16)ようやく実家の片付けが終わりました。

やっとです。

 
6月初旬から当初はハイペースで、暑くなってから中だるみ、8月下旬に少し涼しくなってからはハイペースに戻して、ようやく終わりました。

疲れました。

 
もともと収納が多かったので、1人で運べないような家具の処分はほとんどなかったのですが、それでも全部で3トンほど分別したうえで捨てました。

相模原市の南清掃工場と南部粗大ごみ受入施設、そしてリサイクルできる資源については大和市の資源選別所に何度も往復して運び出しました。

 
まぁ〜、想い出の品をだいじに取っておくのはいいのですが、両親の通信簿や小さい頃に飼っていたハムスターのエサ箱まで押し入れに入ってましたからね。

とにかく、函の中身を確認したうえで、捨てまくりました。

弟の荷物もそのまま残っていましたし…

これも、要らないものしか残していない、と本人が言うのですべて捨てました。

 
小学3年生から就職するまで15年間も住んでいた実家がなくなるのは寂しいですが、もう実家の維持管理から解放されるので、スッキリした気分でこれからは自分の家族のことに注力できるようなります。

それに、近所からのクレーマー的態度に怯えなくて済むことになります。

でも、複雑な気持ちですけどね…

 
まだクルマの中に最後に詰め込んだ捨てられなかった遺品が下ろせていないので、自宅を片付けて置き場所を確保するまでもう少し時間が掛かりそうです。

 
 * * *

 
自宅の片付けが終わったのが昼過ぎ。

形式写真を撮るには絶好の曇り空。

相模原から高尾へはクルマで30分程度。

未撮影の211系2000番代(ロングシート車の6両編成)が留置線に止まっていたら、おでこがテカらない状態でクハ211形2000番代の形式写真が撮れるかも。

 
こんな好条件はないのでは?ということで、実家を空っぽにしたその足で高尾駅に行ってきました。

実家からの出撃は最後です。

 
クハ211-2015

クハ211-2015(長ナノ)  2015年9月16日 高尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

トイレ付きのクハ210形5300番代(クハ210-5311)

先日、惨敗と書いた中京地区への遠征報告ですが、地味な地味な成果がありましたので、今回はそのときの写真をアップします。

神領車両区(海シン)に配置されているJR東海のクハ210形5300番代、クハ210-5311 をトイレ側から撮った形式写真です。

 
クハ210-5311

クハ210-5311(海シン)  2014年8月23日 名古屋駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR東海の211系5000・6000番代は比較的短距離のシャトル輸送用として割り切った仕様だったため、2〜4両の基本編成内に便所付きの車両が連結されませんでした。

211系5000・6000番代の増備が進み、運用範囲が拡大して比較的長距離を走るようになったのと、乗客からの要望もあったため、1989(平成元)年度に増備されたクハ210形5300番代には便所が取り付けられました。

 
低屋根仕様のクモハ211形5600番代を組み込む編成の偶数側(中央西線の名古屋方)の先頭車として クハ210-5301〜5306・5318〜5320 が落成した。

クハ210-5307〜5317 はすでに海シンに配置されていた4両編成のクハ210形5000番代と取り替えるかたちで投入されました。

 
そのため、写真の クハ210-5311 は クモハ211-5611 + モハ210-5059 の電動車ユニットとともに落成しましたが、当車のみ海シンの配置となり、電動車ユニットは静岡(静シス)に配置されました。