飯田線の両運転台車 クモハ119-5102

今回で飯田線ネタは最後です。
 
飯田線は1980年代になっても戦前製の旧形国電が主力形式の路線でしたが、1982年になってようやく旧国置置き替えのために投入されたのがこの3月に引退となる119系電車と郵便荷物合造車のクモユニ147形です。
残念ながら世代の関係で飯田線詣には間に合いませんでしたが、個性的な車両でにぎわっていた路線に廃車発生品を多用した新車が入ってくるということで119系は相当嫌われたと思います。
 
119系電車は1982・1983年度の2年間でクモハ119形(Mc):33両とクハ118形(T’c):24両の計57両が投入されましたが、この時点では Mc+Mc+T’c の3両編成9本と Mc+T’c の2両編成15本の2種類が組成されていました。

119系はすべて片運転台車両でしたので、2〜5両編成で飯田線内を中心に運用されましたが、1988(昭和63)年になって、3両編成からクモハ119形を1両を抜き出して単行運転が可能な両運転台車に改造されました。この改造で誕生したのがクモハ119形100番代です。

クモハ119形はもともと前後非対称の3扉車体で前寄りに扉位置がズレた車両でしたので、両運転台になって窓割りがさらに個性的になりました。しかも1形式に片運転台車と両運転台車が混在するという珍しい形式になりました。

さらにローカル線用車両にも冷房化が進められたため、DC-DCコンバータ給電によるインバーター制御方式の冷房装置を搭載して5100番代に改番されました。
0番代から100番代への改番は元番号に関係なく改造順でしたが、冷房化時の改番は元番号に5000をプラスしています。
 
クモハ119-5102

クモハ119-5102(海カキ)  2011年11月5日 水窪駅

 
パンタグラフ側から撮影できたら0・5000番代との違いがよく分かると思いますが、この5100番代には写真右側にも乗務員扉が設けられています。



この形式写真に関連するタグ: 119系 , JR東海

元「するがシャトル」のクハ118-18

この春のダイヤ改正で引退が決まっている車両は飯田線の119系電車、特急「あさぎり」の371系電車がありますが、このほかに東海道本線東京口の211系0・2000番代と特急「スーパーひたち」「フレッシュひたち」の651・E653系電車も多くが運用を離脱します。

これらの車両を順に撮ろうと思って曇る日を待っていますが、典型的な冬型の気圧配置のため太平洋側では晴れの天気が続いているため、なかなか撮影に出られません。

 

3月17日のダイヤ改正まで1か月ほどですが、曇る日を待って待機していていいのか?本当に悩みます。

週間天気予報の早い段階では曇り表示が出るので様子見をしていますが、その日が近づくと、いつも晴れ。曇りそうだ!と期待したら、雨。

 
こんどは雨でも撮影に出るくらいの気持ちで、気合いを入れていきましょう!

 
今回は11月に飯田線沿線へ遠征したときの成果の1つ、集中形冷房装置を搭載した元「するがシャトル」のクハ118-18(海カキ)です。

 
クハ118-18

クハ118-18(海カキ)  2011年11月5日 三河大野駅



この形式写真に関連するタグ: 119系 , JR東海

飯田線のインバータ冷房車 クハ118-5008

1/22(日)に飯田線東栄駅へ出撃したときの報告で、駅舎の喫茶店「ちゃちゃカフェ」が混んでいて入れなかったと書きましたが、お客さんが集まる切っ掛けとなったテレビ番組がわかりました。

何と、毎週録画予約している番組、テレビ朝日系で放送されている「人生の楽園」でした。

放映されたのは、何と何と、東栄駅へ出撃した前日、1/21(土)。
放映日の翌日なら、混んでいても仕方ないです。
しかも、50歳以上向けのような構成の番組ですので、50〜60歳代の人たちで一杯になるのも理解できます。

 

番組を事前に見ていたら、近所の日帰り温泉へでも行って時間潰しができたかも知れません。

今度、いつになるかわかりませんが、313系300・1700番代を撮りに行くときに改めてゆっくり立ち寄りたいと思います。

 
クハ118-5008

クハ118-5008(海カキ)  2012年1月22日 東栄駅



この形式写真に関連するタグ: 119系 , JR東海

飯田線のインバータ冷房車 クモハ119-5012

週末の日曜日(1/22)に飯田線の東栄駅で1日粘った成果、今回は2枚目をアップします。
今回の飯田線出撃の最大の目的だった、クモハ119形5000番代です。

 
特別な車両ではありませんが、前回の出撃時(11/5)に唯一逃した119系電車の形式区分です。
11月下旬から飯田線に213系5000番代と313系3000番代が順次投入されて、真っ先に119系ワンマン対応改造車(119系5300番代)のR編成が置き替えられてしまったため、現在では119系で最大両数を誇るインバータ冷房改造の非ワンマン対応車です。

東名高速道路を浜松ICで降りて、浜松市を抜けて県道9号線で山越えをすると愛知県に入って東栄駅に行けるのですが、これは地図上の話しで、最悪の経路を選択してしまいました。
この国道、峠を越える部分はクルマ1台分がやっとの悪路。

東栄駅下り1番列車の7時27分を目指してましたが、路肩が崩れていたり、大きな石が崖から落ちていたりで、急いで運転すると危険な道だったので、東栄駅に着いたのは8時過ぎ。

大失敗でした。

 
7時27分の天竜峡行きを逃すと、次にやって来る119系は 12時30分。
そもそも、東栄駅は下り列車しか形式写真が撮影できない駅で、明るい時間にやってくる列車は5本しかないのに、です。

しかも、曇り予報を信じて愛知県まで来たのに、実際の天気は “晴れ” 。曇ったのは9時頃まで。いつものパターン、、、

そんな状況で落ち込んでいたときに kazumaさんからTwitterで「15時代の列車は山の陰になるらしいので粘ったらどうでしょう?」というありがたいメッセージをもらったので、15時24分発まで時間を潰すことにしました。

もちろん12時30分発はピーカンでNGでしたが、15時24分には駅が山影に入ることを期待して待つことにしました。

 
東栄駅は無人駅ですが、駅舎部分に喫茶店「ちゃちゃカフェ」があるので暖まりながら時間待ちができる貴重な駅です。
しかし、当日はテレビで取りあげられたか何かで、50〜60歳代の人たちで店内が一杯。しかも入れ替わり立ち替わりで、撮影時だけ席を立って、あとは店で粘る、なんてことはできない状況でした。

 
喫茶店で食事ができるものだと思っていたので、待ち時間はクルマの中で空腹とも戦ってましたが、15時過ぎからは撮影モードに気持ちを切り替えて、準備開始。
いつものようにホームに三脚をセットするのではなく、地面にセットして車両を見上げる位置になるので、背の高い SLIK グランドプロ CF-4 を使ってできるだけ視線を持ち上げることにしました。

雲台もいつもの3ウェイではなく、自由雲台の ケンコー FP‐120 ZSN。
これは梅本製作所のOEM品らしいのですが、標準ズームを付けた マミヤ645 AFD II には華奢だったためお蔵入りにしてました。
でも、今回は35mmカメラの キャノンEOS 5D Mark II での撮影だったのと、壁際に三脚をセットしたので操作スペースが確保できなかったためです。

 
いろいろと長く書きましたが、東栄駅に着いてから7時間後にようやく出撃の目的を果たすことができました。

正面の手掛けの取り付け位置が低くなっている初期形のクモハ119形5000番代、クモハ119-5012(海カキ)です。

 
クモハ119-5012

クモハ119-5012(海カキ)  2012年1月22日 東栄駅

 
東栄駅に留まるように助言していただいた kazumaさん、撮影地情報をくださった Yokoyamaさん川崎さん、MAGRITTEさん に感謝いたします。



この形式写真に関連するタグ: 119系 , JR東海

飯田線のワンマン対応車 クハ118形5300番代

水窪駅で撮影したクハをまだアップしていなかったので、今回はワンマン化改造車のクハ118形5300番代です。
 

クハ118-5312

クハ118-5312(海カキ)  2011年11月5日 水窪駅

 
ここまで119系電車が形式写真が続くと飽きてしまいそうなので、明日から別のネタにしてみます。
もうそろそろ “Nikon フィルムスキャナ SUPER COOLSCAN 9000ED” が稼働できそうなので、そうしたら古い写真を少しずつアップしていきます。あと1週間ぐらい掛かると思いますが…



この形式写真に関連するタグ: 119系 , JR東海