高崎地区のクハ106形100番代初期形(クハ106-104)

ただ今、米子遠征に出ていますが、いつものように天気予報が外れて好転してしまいました。
大幅に予定を変更した末、倉敷で曇り待ちをしています。

 
大多数の方々は曇り予報でも晴れると得した気分になると思いますが、撮影遠征中の身ですとそうはいきません。

お金を掛けてきたのに成果なしではもったいない、そう思いつつ、何とかリカバリーできないかと熟考しているところであります。

 
明日(7/17)も晴れるような気がするので、今回の遠征は無茶しないであっさり帰ろうか。

色々な思いが交錯してきたので、気分を入れ換えるために撮りためた形式写真をアップしたいと思います。

 
今回は高崎地区で地元の足として活躍している高崎車両センター(髙タカ)の クハ106-104 です。

 
クハ106-104

クハ106-104(髙タカ)  2015年12月21日 横川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

7/12(火)に107系の8両が長野総合車両センターに廃車回送されたようです。

すでに、3月ダイヤ改正で髙タカの107系100番代は運用数が4本減っていたので、余剰となった2両編成4本の8両が回送されたことになります。

一方で、各地に疎開していた211系3000番代が呼び戻されているようですので、徐々に107系100番代の運用が211系に置き替えられていくものと予想されます。

 
一時期、クハ106形100番代の初期形を乗客がいない状態できれいに撮ろうと、運用と天気予報をチェックしていたときがありました。

4両編成のまま横川に入る運用を追いかけていたのですが、今回の形式写真はそのときに撮影したものです。
2両編成ですと跨線橋が架かってしまいますが、4両なら開放的な雰囲気で撮れます。

いい感じですよね…

 
引退間近になるとお名残乗車などでゆっくり撮影できなくなりますが、このときはプライベート撮影会のようでした。



この形式写真に関連するタグ: 107系 , JR東日本

高崎地区のクモハ107形100番代後期形(クモハ107-107)

一昨日の高崎出撃は651系1000番代がメインでしたが、これを撮っただけで帰るのはもったいなかったので、電気・軌道総合試験車のE491系(East i-E)と快速「DL碓氷号(SL碓氷号)」が入線する時間帯よりも早めに信越本線横川駅に移動し、107系をゆっくり撮影してました。

当日はE491系やSL列車が入線する日とは思えないほど横川駅は閑散としており、これまで何故か縁がなかった107系100番代の後期形をほとんど乗客なしで車体揺れのない状態で撮影。

 
107系100番代後期形は、105系0番代の流れをくんだ107系100番代初期形とは窓割りが違い、1枚窓が3つ並んだスッキリした外観になっています。
初期形と違って鋼製車体なのに戸袋窓がない。だからなのか、どこか私鉄っぽさを感じさてくれます。

3つの窓はいずれも下降式のものかと思えば、よく見ると真ん中の1つは固定窓、さりげなくコストダウンを図っているあたりは国鉄分割民営化直後に落成した車両らしいですよね。

塗色がもう少しオシャレだったら、もう少し人気が出たと思いますが、このグループは群馬県をメインに、少し頑張っても両毛線で栃木県、さらに東北本線の黒磯までが守備範囲なので、皆さんに見てもらえるチャンスが少なすぎます。

 
もうそろそろ107系も置き替え時期が来ていますので、165系サウンドを楽しみたいと思っている方は早めに高崎地区に遊びに行った方がいいと思います。

 
クモハ107-107

クモハ107-107(高タカ)  2014年8月31日 横川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 107系 , JR東日本

日光線用107系の制御電動車(クモハ107-6)

昨日(3/16)のダイヤ改正では、国鉄形車両やJR初期形車両の置き替えが各地で実施されましたが、改正直前に駆け込みで撮りに行った形式写真のうちまだアップしていない写真がありますので、そのうちの1枚をアップします。

日光線用107系の制御電動車、クモハ107-6(宮ヤマ)です。

 
撮影報告のときにアップした クハ106-3 は「ありがとう 107系」のステッカー付きでしたが、撮影日(3/1)の時点では クモハ107-6 にステッカーは貼付されていませんでした。

その後、この車両にも「ありがとう 107系」が貼られたようですが、残念ながら一昨日(3/15)の定期運用を最後に引退してしまいました。

 
クモハ107-6

クモハ107-6(宮ヤマ)  2013年3月1日 下野大沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

日光線にはホームのあいだに中線が駅が存在しないので形式写真を撮るのに苦心する路線です。
この路線を走る107系0番代については、旧塗色時代に宇都宮運転所で撮っていたので、撮り直しはせずに放置してました。

 
一昨年になって撮り直しのために今市駅へ行き、敷地外からクモハ107形を撮りましたが、出撃の直前に同駅にタイガーロープが設置されてしまったため、納得いくような写真にはなりませんでした。

そこで、今回の出撃では下野大沢駅で撮ってみましたが、下の写真のように三脚をセットすれば比較的サイド気味から撮れることが確認できました。

 
下野大沢駅

 

下野大沢駅は地方ローカル線のようにホームが低く、ホーム幅が広いので、撮りやすい環境です。
205系600番代の下回りが薄汚れてきたらコントラストが弱くなるので、その頃になったら再度訪れてみたいと思っています。



この形式写真に関連するタグ: 107系 , JR東日本

「ありがとう 107系」を掲出した日光線用107系の制御車(クハ106-3)

太平洋側の冬型の気圧配置がゆるみ、少しでも曇ったら撮りに行こうと思ってましたが、息子の高校受験の合格発表が終わり、ようやく自由に動けるようになったので、3月16日ダイヤ改正で引退する予定の日光線の107系と、尾久〜黒磯間で運行される乗務員訓練の牽引機 EF81 95 を撮りに行ってきました。

 
またまた今回も EF81 95 は撮れず、3度目の正直とはなりませんでした。

前回よりも遠くの黒磯まで行ったのですが、ダイヤを読み間違えたため、同駅に着いたときにはすでに機関車は切り離されてました。

いつになったら、EF81 95 の形式写真を綺麗に納めることができるのでしょうか?

 
黒磯に行く前に日光線の107系を撮りに下野大沢と文挟(ふばさみ)へ行って、こちらの方はベストの条件ではありませんが、記録になりそうなレベルの形式写真が撮れましたので、今回は クハ106-3(宮ヤマ)をアップします。

 
この写真の車両は前面の窓まわりの黒色版に「ありがとう 107系」の金色マーキングフィルムが貼られています。

日光線の107系引退と205系600番代の投入を盛り上げるために装飾されていると思いますが、お昼前までに目撃した車両のうち約半数に貼られていました。

 
クハ106-3

クハ106-3(宮ヤマ)  2013年3月1日 文挟駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
TwitterのTLによると、「ありがとう 107系」のステッカーは今日から見られるようになったようです。

たまたま掲出初日に撮影してしまった、みたいです。



この形式写真に関連するタグ: 107系 , JR東日本

高崎地区のクモハ107形100番代(クモハ107-104)

今日はブログのタイトルどおり、少しつぶやいてみます。

 
我が家は自分たち夫婦と中3の息子、そして小5の娘、4人家族です。

奥さんはいつも仕事が忙しいので、帰ってくるのは子どもたちと3人で食事が終わり、風呂に入って落ち着いたころです。

私は自宅そばの書庫で仕事をしているので、ヤマト運輸に梱包した本を出しに行ったあと18時頃から22時頃までは子どもたちとの時間です。

長男が受験生で塾に行くことが多いので(塾で自習するため)、私が仕事に集中してしまうと小5の娘が1人になってしまいます。

 
小5なら1人でも大丈夫、そんなふうに思わないこともないのですが、3歳から入退院を繰り返していたためなのか、暗い時間帯に1人で家にいるのが怖いようです。特に泣いたりはしませんけど…

あと何年かしたら親から離れしてしまうので、それまでは子供と一緒に自分も成長するのは悪くはない、そう思って一緒に楽しんでます。
授業参加も、通学路パトロールも、進路面接も、塾での面接も、地元での対外的なことはすべて担当してます。

 
とはいえ、梱包作業に入るのが15時過ぎからなので、それまでが勝負です。それまでにやるべきことが終わっていないと相当ストレスが溜まります。

 
いまは年明けに発売予定のムックの執筆もしているので、午前中から15時過ぎまでが勝負。それまでに終わらないと取りかかれるのが22時以降、これって結構辛いのです。

会社勤めなら定時までに仕事が終わらなければ、引きつづき残業できますが、そんな選択肢はありませんから。

 
来週は奥さんが中国出張なので、そのあいだは睡眠時間を削って古本屋業務の時間を捻出しないと…

 
ということで、年明け発売のムックの執筆はいつもより前倒しのペースで進めています。

 
最近は長男が受験勉強を真面目にやり始めたので、平日遠征に行きづらくなりました。
でも、信越本線の横川駅は115系1000番代と107系100番代が走っているうちに何度か足を運びたいですね、平日に… 絶対…

 
クモハ107-104

クモハ107-104(高タカ)  2010年5月27日 横川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
107系100番代は戸袋の有無で2種類の車体が存在しますが、上の クモハ107-104 は戸袋付きの初期形車両です。

先に日光線向けに投入された107系0番代と外観がほとんど同じでしたが、0番代の方は後年改造でいかめしいスタイルになってしまいました。



この形式写真に関連するタグ: 107系 , JR東日本