新元号発表にちなんで“旅万葉”ラッピングのクハ104形(クハ104-501)

本日(4/1)、新しい元号の発表がありました。

新元号は「令和(れいわ)」です!

 
平成に元号が変わったときは、昭和天皇の体調悪化が報じられたころから西暦を使うようになってましたし、昭和天皇が崩御されてから新元号が発表があったということもあって、世の中はお祭りムードからほど遠い雰囲気に包まれていました。

当時の“自粛ムード”は相当なものでしたからね…

新元号が発表されたからといって無責任に喜んでいるとバチが当たる、そんな感じでした。

 
でも、今回は崩御をともなわない生前退位で、その一環として新元号が事前公表されました。

 
昭和から平成に変わったときの“自粛ムード”を経験しただけに、今回のようにお祝いムードのなかで新元号が発表されると明るい気持ちになれます〜

平和なことを実感したからでしょうか、それとも歳を取ったからなのでしょうか?自分でも不思議です。

 
 * * *

 

新元号の“令和”は日本最古の歌集「万葉集」にある「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」との文言から取られたものだそうです。

 
この新元号発表から連想するような国鉄/JR車両は何かないかなぁ〜、と探してみたところ、吹田総合車両所日根野支所新在家派出所(近ヒネ)で数年前に見られた“旅万葉”ラッピングの105系がありました。

和歌山線や桜井線(万葉まほろば線)で使用されている引退間近の105系です。
奈良遷都1300年祭を機に色彩豊かなラッピング塗装が施されていましたので、今回はSW01編成の クハ104-501(近ヒネ)をアップしたいと思います。

 
クハ104-501

クハ104-501(近ヒネ)  2016年4月27日 五条駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ヒネSW01編成は クモハ105-501 とペアを組む2両編成で、2009(平成21)年11月にラッピング塗装が施工されました。

藤原鎌足や柿本人麻呂、額田王、大伴家持、大伴旅人、山上憶良といった万葉歌人の人物画と和歌、そして背景に三輪山や耳成山、香具山などの風景が描かれています。

 
その後、2009(平成21)年11月末に“万葉の四季”(SW02編成)、2010(平成22)年3月には“万葉の四季”(SW07編成)と“万葉の四季彩”(SW08編成)が追加されましたが、各編成ごとにカラーリングやテーマが異なっていました。

 
写真のヒネSW01編成は約8年間も“旅万葉”ラッピングをまとっていましたが、2017(平成29)年4月にラッピングが剥がされて、その際に車体塗色も従来の春日色から和歌山地区地域色の青緑色に変更されました。

ヒネSW01編成は103系の延命NB工事に準じた延命工事が施工されているので、105系4ドア車では珍しく戸袋窓が埋設されています。
この改造工事は3編成(6両)のみ終了してしまったため、105系4ドア車では少数派の撮影困難車となっています。

近ヒネの105系4ドア車は秋までに227系1000番代に置き替えられてしまうので、五条や和歌山を再訪してみたいと思っています。

227系の投入で引退の可能性のある105系ダブルパンタ車(クモハ105-512)

ダイヤ改正で引退する車両を直前になって追いかけるなんて“やってはいけないこと”の最たること、と日頃から思っています。

そう思ってはいても撮影できなかった車両があったので、ダイヤ改正の10日前にクルマと鉄道の両方を使って西日本方面に2日間ほど遠征して撮影してきました。

 
今回のターゲットは、何度チャレンジしてもお天気に嫌われて撮れなかった吹田総合車両所日根野支所新在家派出所(近ヒネ)のクモハ105形500番代(ダブルパンタグラフ改造車)。和歌山線や桜井線(万葉まほろば線)で使用されている国鉄形車両です。

本来ならこんな差し迫った時期に撮りたくないのですが、冬季にしか前位側の第2パンタグラフを上げないのと、すでに落成している227系1000番代(2両編成)のほとんどがダブルパンタ車(SD01〜SD08編成)なので、関西地方全域に曇り予報が出るのを心待ちしてました。

3月16日ダイヤ改正で近ヒネの105系がすべて227系化されるわけではありませんが、ダイヤ改正前に撮っておくことに超したことはないですからね…

九州遠征から帰ってきて1週間も経たない3/6(水)に広範囲で曇り予報が出たので、少々無理をして行くことにしました。

 
今回の遠征は、東海道本線岡崎駅(愛知県岡崎市)まではクルマ移動。運転したのは片道約270kmだけ、近いものです…

岡崎駅前の立体駐車場にクルマを置いて、ここからは青春18きっぷを使って名古屋 → 亀山 → 加茂 → 天王寺を経由して和歌山に移動。

途中の亀山と柘植で撮影ができれば、和歌山で空振りしても無駄な遠征にはならないだろう、そう思ってこの経路にしました。

 
いつものとおり移動途中は晴れときどき曇り。和歌山到着後もしばらくは晴れていましたが、ダブルパンタ車(M94運用)が入線するお昼ごろには絶好の曇りとなりました。

1時間ちょっとのあいだにダブルパンタ車が2本も入ってくるので、どちらかが撮れれば御の字だろうと思っていましたが、やっぱりお昼過ぎのM95運用は雨のため撮れませんでした。

 
 * * *

 

ということで、今回はクモハ105形500番代のダブルパンタグラフ改造車 クモハ105-512(近ヒネ)をアップしたいと思います。

雨が降りはじめる前に和歌山駅で撮影できたのはこの1枚だけでした。

 
クモハ105-512

クモハ105-512(近ヒネ)  2019年3月6日 和歌山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

当初の予定では15時くらいまで和歌山駅に滞在し、夕方の南海フェリーで徳島に移動するつもりでしたが、13時過ぎには雨が強くなってしまったので、大阪・岡山経由の鉄道移動で高松に向かうことにしました。

青春18きっぷを有効に使った移動ばかりの1日でしたが、途中の亀山で211系0番代、柘植でキハ120形がきれいな状態で撮れたので、気持ちのいい一日でした。

下関地区で増結車として活躍した105系の4ドア車(クモハ105-531)

やっとゴールデンウィークが終わりました。

 
今年は奥さんがGW初日から栃木市に行ったっきりで、その間シングルファーザー状態だったので、ぜんぜん落ち着きませんでした。

やっと昼食を用意しないで自分のことだけ考えればいいと思っていたら、昨日(5/7)は息子の通っている大学で爆破予告の書き込みがあったということで、全校休校。

なんだかなぁ〜、って感じ。

 
今日から平常運転。

少しずつ書庫を片付けつつ、執筆にも取り掛かりました。

 
ということで、撮りためた形式写真の中から今回も4ドア車をアップしたいと思います。

和歌山・奈良遠征で105系改造車をいくつかアップしていましたので、今回は広島地区に投入され、最後は下関総合車両所運用検修センター(広セキ)で105系3ドア車の増結用として活躍した濃黄色の クモハ105-531 をアップします。

 
クモハ105-531

クモハ105-531(広セキ)  2016年2月22日 下関駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クモハ105-531 は国鉄末期の1984(昭和59)年6月に元常磐緩行線・千代田線乗り入れ用の モハ102-1015 から改造されました。

可部線などに残っていた旧形国電を置き替えるために広島運転所(広ヒロ)に配置されたクモハ105形500番代の7両のうちの1両です。

広ヒロ車の一部が1987(昭和62)年2月に下関運転所(広セキ)に転属し、その後も クモハ105-531・532 の2両だけは広セキに留まりました。

 
この2両は105系体質改善車(3ドア車)の増結車として使用されていたので、ワンマン対応改造は施されませんでした。
連結相手が開閉ボタン付きの体質改善車でしたので、開きドアに取っ手が取り付けられました。

また、こちらのタイプは自動解結装置が装備されていないので、奈良・和歌山地区の105系とはスカートの形状が異なります。

 
可部線の105・113・115系が227系に置き替えられて、余剰となった105系体質改善車(3ドア車)が広セキに転入したため、クモハ105-531・532 の2両は2016(平成28)年5月ごろに運用から離脱しました。

翌6月に2両とも廃車となり、この時点で広セキの4ドア車は消滅しました。

和歌山線で最後の活躍をしている105系500番代(クモハ105-513)

奈良・和歌山遠征の1日目(4/24)は下津駅(紀勢本線)での空振りで残念なスタートを切りましたが、落ち込まずにすぐに五条駅に移動したのが功を奏しました。

クハ104-551 を撮影するには、運用を把握するなどを現地でする必要があるので、2〜3日くらい掛かると思ってましたからね…

 
クハ104-551 が珍車だったからTwitterに目撃情報が上がったのかも知れませんが、やっぱりSNSや見たまま情報はまめにチェックしておいた方がいいですね。

クルマ移動だと面倒なので先を急いでしまいますが、今回は改めてその重要性を認識いたしました。

 
朝8:30ごろに目的の クハ104-551 が撮影できたので、五条駅には長居せず、駅前のコインパーキングにクルマを置いて関西本線(大和路線)の加茂駅に向かいました。
加茂駅は「大和路快速」の終点ですが、関西本線の非電化区間の終点でもあるので、雨が降る前に留置線で昼寝するキハ120形が撮れればと思って移動しました。

加茂駅にキハ120形の2両編成が2本留置されてましたが、防護柵や駅舎の位置関係が悪くて撮影できませんでした。

車内整備されたカーテン開の状態で止まっているキハ120形を撮りたかったのですが、思うようにはいきませんね…

 
加茂駅に着いたころから雨が降りだし、撮影できる状況ではなくなったので、奈良周辺の撮影ポイントをロケハンして回って遠征1日目は終わりました。

 
今回も奈良・和歌山遠征1日目(4/24)をアップしたいと思います。
クハ104-551 ほどではないですが、撮影ができて地味に嬉しかった形式です。

国鉄末期の 1984(昭和59)年に モハ103-1054 から改造された クモハ105-513(近ヒネ)です。
バス用の冷房装置を流用したWAU202による簡易冷房改造が行われたタイプで、屋根上に放熱器(コンデンサーユニット)が設置されています。

 
クモハ105-513

クモハ105-513(近ヒネ)  2018年4月24日 五条駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

ホームの端っこは雑草が伸び始めていますね…

227系が投入される和歌山線で活躍する1区分1両の珍車(クハ104-551)

毎年、この時期になるとチェックしている車両があります。

吹田総合車両所日根野支所(近ヒネ)の113系2両編成(先頭車化改造車)です。

 
撮影時刻の関係で移動手段が実質的にクルマしかないので後回しにしてましたが、一昨年(2016年)からようやく重い腰を上げました。紀勢本線下津駅まで片道550kmのドライブですからね…

しかし、一昨年(2016年4月27日)は雨が降る直前で暗くなり過ぎたため、窓から漏れてくる明かりが眩しい写真しか撮れませんでした。その翌日に曇ってくれればよかったのですが、天気が悪くなってしまったため滞在を断念。

昨年(2017年5月10日)は、北近畿遠征の帰りに車中泊で寄りましたが、現地に着いたら晴れてしまい撃沈。しかも、まだ納車3ヶ月だったクルマを駅前のロータリーでぶつけてしまいました。高い修理費でも涙目…

 
このように近ヒネの113系2両編成には嫌われっぱなしですが、三度目の正直があるのではないかと、懲りずに今年も和歌山遠征に出掛けました。

 
でも、残念ながら今年も撮れませんでした。

絶好の形式写真日和の曇天のもと、満を持して三脚をセットしてカメラを構えましたが、下津駅に入線して来たのは代走の223系2500番代。

 
やっぱり、近ヒネの113系2両編成(先頭車化改造車)には縁がないようです…

 
このまま何も撮らずに引き返すわけにはいかなかったので、雑草が伸び始める前の五条駅に移動することにしました。

一昨年(2016年)と同じように紀勢本線(きのくに線)の105系をゆっくり撮るつもりでしたが、Twitter のタイムラインを調べてみると珍車 クハ104-551 を組み込むヒネSW010編成がやって来る可能性が高いことが分かりました。

ただ、近ヒネの105系は日ごろからチェックしているわけではないので、予想どおり目の前に来るか不安でした。

 
113系2両編成はダメでしたが、こちらは絶好の曇天のもとで撮れました。

以前から撮りたいと思っていた吹田総合車両所日根野支所新在家派出所(近ヒネ)の クハ104-551 です。

 
クハ104-551

クハ104-551(近ヒネ)  2018年4月24日 五条駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

105系4ドア車(500番代)は新在家派出所(近ヒネ)に2両編成が19本配置されています。

クモハ105形はすべてモハ103形1000番代またはモハ102形1000番代からの先頭車化改造車の500番代で統一されていますが、クハ側は種車の関係でクハ103形からの改造車と先頭車化改造車の2種類に分かれています。

そのため105系のクハ(制御車)は、運転台付きのクハ103形を105系化したクハ105形、先頭車化改造車のクハ104形、というかたちで2つの形式に整理されています。
なお、この2つの形式はいずれも偶数向きに固定されています。

 
今回アップした クハ104-551 は モハ102-385 からの先頭車化改造車のためクハ104形を名乗っていますが、先頭部の形状そのものは元常磐緩行線・千代田線乗り入れ用のクハ103形1000番代とまったく同じです。

モハ102形を電装解除のうえ先頭車化したのならクモハ105形と同じ先頭部デザインですよね…

 
これは、ダンプカーとの踏切事故で側面衝突して廃車となった クハ105-7 の先頭部が流用され、種車 モハ102-385 に接合さたからです。

先頭部ブロックが接合された先頭車化改造車なので、“クハ104”。

でも、クハ104形500番代とは先頭部形状が異なるので、“+50”。

ということで、クハ104-551 となったようです。

 
しかも、改造時に分散式冷房装置(WAU102)を取り付けたので、ほかの105系4ドア車(500番代)とは異なる唯一無二の形状となりました。編成を組む クモハ105-517 は集中式冷房装置(AU75系)を搭載しているので、JR西日本らしい不思議な編成となりました。

このような クハ104-551 ですから、1区分1両の珍車となったのも無理のない話しです。

 
2019年春以降、近ヒネの105系が227系に置き替えられることがJR西日本から発表されました。

首都圏で馴染みのあった懐かしい顔の電車が見られるのもあと僅かです。

その中に1両だけ WAU102 を搭載した珍車がいるのを気にしてみては如何でしょうか?