特急「かいじ」の半室グリーン車(サロハE257-3)

合造車というのは窓配置が変わっている車両が多く、形式名が長いので、車両好きとしては何か惹かれるものがあります。

先週末に甲府駅へ行ったときに特急「かいじ」のE257系を撮るときも、半室グリーン車のサロハE257形だけは前後位の両方から写真を撮るなど、他形式よりも気合いが入ってしまいました。

 
特急「かいじ」の9両基本編成(8号車)に連結される半室グリーン車はサロハE257形という形式ですが、この車両は車体中央部に出入台が配置されており、客室は前位寄りのグリーン室と後位寄りの普通車にそれぞれ分かれています。

付随車1両だけ真ん中に扉が配置された編成に見慣れてますが、特急「あずさ」「かいじ」に世代交代が起きるようなことがあったら真っ先に編成から外されるような車両です。

珍しくも何ともないときにきれいな姿を記録していきたいものです。

 
サロハE257-3

サロハE257-3(長モト)  2012年7月21日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=7431

トラックバック