仙台・福島地区のクハ700形1500番代(クハ700-1513)

アップし忘れていた写真がありましたので、今回はそれを。

東北本線黒磯〜一ノ関間のローカル運用で活躍している仙台車両センター(仙セン)の701系1500番代の制御車(T’c)、クハ700-1513 です。

 
クハ700-1513

クハ700-1513(仙セン)  2013年3月24日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

701系1500番代は1998・2001(平成10・13)年に製造されたグループで、ブレーキ方式が発電ブレーキから回生ブレーキに変更されて屋根上のブレーキ抵抗器が廃止されましたが、これは電動車の話しです。

制御車はもともと屋根上には冷房装置しか搭載されていないので、クハ700-1501〜1508 はクハ700形1000番代とほとんど外観が同じで、前面の行先表示器がLED式に変更された程度しか違いがありませんでした(仙センの701系1000番代はのちにLED式に換装)。

 
2001(平成13)年製の2次車(クハ700-1509〜1518)はトイレが車いす対応の大形のものに変更され、設置場所が3位車端部から運転室後部の2位側に変更されました。

今回アップした クハ700-1513 は2次車なので3位車端部(写真左側)に客窓が配置されています。
写真の向こうの公式側(2-4位側)が撮影できれば、1次車と2次車の違いが明確になるのですが、こちらは郡山駅や福島駅まで行かないと撮れないので、こんど訪れたときの宿題といたします。



この形式写真に関連するタグ: 701系 , JR東日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=16045