あいさつ

「雷鳥&サンダーバード列伝」が発売されました(写真は サハ288-2210)

681・683系と289系の車両解説パートを担当した「列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝」が発売されました。

 
列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝

 

同書はJR西日本の681・683系の開発担当者へのインタビューもありますので、今までの列伝シリーズのように車両寄りの内容が充実しています。

 
JR車両の多くは連結位置に応じて接客設備が細かく分かれているので、形式区分が複雑になっています。

681・683系も同じように形式区分が多くて全体を把握するのが大変ですので、可能な限りたくさんの形式図を入手しました。

中間車などは地味な存在なので省略されることが多いですが、今回は頑張りました。

 
各形式区分を見比べればJR西日本の本気度が分かると思いますので、お近くの書店に行った際にはぜひ手にとって見てみてください。

 
 * * *

 
ということで、今回は「列伝シリーズ04 雷鳥&サンダーバード列伝」には掲載できなかった写真をアップしたいと思います。

P135に交流機器撤去後の サハ288-2210 を掲載しましたが、実はまったく同じ場所で交流機器搭載時代の同車を撮っていましたので、今回は交流機器搭載時代の写真をご覧いただきたいと思います。

 
サハ288-2210

サハ288-2210(福フチ)  2016年3月13日 柏原駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この写真はP135(中段)とまったく同じ構図ですので、この2枚を見比べれば交流機器の撤去工事で何処がどう変わったかが簡単に分かると思います。

なかなかこういう比較はできるものではないので、間違い探しのように楽しんでみては如何でしょうか?

あけましておめでとうございます(写真は2019年に因んで モハ211-2019)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 
年末年始は奥さんの実家で過ごして、体重増加が心配なほどゆっくりしていました。

といきたかったのですが、2月に出版されるムック本の執筆がありましたので、実家の行事の合間と場所をなんとか探し頑張っておりました。

 
なお、年末年始のご注文につきましてはご注文順に梱包発送の手続きを行っており、すでに一部は出荷済みとなっております。
明日(1/6)までにはお手元に届きますので、もう少々お待ちいただきたいと思っております。

 
こんなかたちですでに平成最後の年といわれる2019年は始動しております。

これからもマイペースに突き進んでいきますので、改めまして本年もよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 
たまには“新年の暦年に因んだ番号の国鉄/JR車両を”と思って2019番の形式写真がないか探してみました。

電暖改造の旧形客車、113系、115系、キハ40形、キハ28形など、2000番代の車両を探しみたところ、首都圏に乗入れしている長野総合車両センター(長ナノ)の211系の形式写真がありました。

先頭車だったら華があってよかったのですが、中間電動車ユニットの2両でしたので、パンタグラフを搭載している方の モハ211-2019 をアップしたいと思います。

 
モハ211-2019

モハ211-2019(長ナノ)  2015年9月16日 高尾駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

E353系「スーパーあずさ」の貫通形先頭車(クハE353-3)

今年(2018年)の春休みは晴ればかりですね〜

 
こういうときに形式写真を撮影しなければならない状況にいたらノイローゼになっていたかも知れません。

「列伝シリーズ01 あずさ列伝」の締め切り直前まで形式写真が揃わなかったので、そんな気分はもう味わいたくないですね…

 
E351系は形式写真仲間に声を掛ければ何とかなりますが、デビューしたてのE353系は撮りに行かないと話しになりません。

「あずさ」「かいじ」にも充当されれば信濃大町に行くなど幅が広がりますが、E353系はまだ「スーパーあずさ」の4往復だけ。
しかも、そのほとんどが甲府駅では手前ホームに列車が入っていて撮影できない。ダイヤが乱れていないと撮れない形式区分が多い。

相当難易度が高いのに甲府盆地は曇らない…

 
こういう状況だったので、もう少しいい条件で撮ろうなんて余裕はなく、曇ってくれればOK。そんな状況で2月25日に撮り終わりました。

E351系1次車(量産先行車)の各形式区分を撮りたかったのですが、E353系に全力を注いでいたので撮影できませんでした。

 
今回は「列伝シリーズ01 あずさ列伝」向けの最終カットをアップしたいと思います。
クハE353-3(長モト)です。

顔を出していない先頭車なので最終的にボツにしましたが、E353系が「あずさ」運用に入るようになったら撮り直したいと思います。

 
クハE353-3

クハE353-3(長モト)  2018年2月25日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

E353系は編成全体のMT比を調整するために、2M方式の電動車ユニットのほかに1M方式の電動車や0.5M式の制御電動車を組み込んでいるため形式区分が難しくなっています。

その辺りのことも分かりやすく「列伝シリーズ01 あずさ列伝」に整理してみましたので、お近くの書店などでこの表紙の本を見掛けたらお手に取っていただけると嬉しいです。

 
列伝シリーズ01 あずさ列伝(イカロス出版刊)

列伝シリーズ01 あずさ列伝

「スーパーあずさ」から引退したE351系のグリーン車(サロE351-4)

この週末にイカロス出版から発売された「列伝シリーズ01 あずさ列伝」というムック本で、形式解説パートを担当しました。

 
列伝シリーズ01 あずさ列伝(イカロス出版刊)

列伝シリーズ01 あずさ列伝

 

“大人気だった鉄道MOOKが完全復活!”というキャッチコピーが表紙に入っているとおり、国鉄/JR列車を扱った「名列車列伝」シリーズの復活という位置付けの新シリーズです。

新宿〜松本間の特急列車を扱ったムック本ですので、形式解説は国鉄時代に登場した183系電車だけでなくJR形式のE351・E353系も扱いました。

 
今回の執筆もいつものように形式写真集めが大変で、昨年(2017年)12月23日に営業開始したばかりのE353系は困難を極めました。

他誌のように走行写真を形式写真の代わりにしたくなかったのと、可能な限りブラインドが開いた状態や、晴れの日に撮影して床下が真っ黒になった形式写真を掲載したくなかったので、JR形式については完全撮り下ろしにしました。

そのため、形式写真の撮影が終わったのは締め切り2週間前。

 
新宿〜松本間で形式写真が撮れるのは甲府駅と小淵沢駅ですが、小淵沢駅は「スーパーあずさ」が止まる朝の1本だけなので、実質的には甲府駅だけ。

しかも、甲府盆地はなかなか曇ってくれません。

甲府市が「全国の県庁所在地の日照時間を調べてみると、なんと全国で1番多い」と自慢するレベル。

とにかく曇ってくれません。
特に冬は…

 
形式写真が入る想定で各ページの割り付けを考えてましたが、E351・E353系については2月末までは穴だらけ〜

E351・E353系の各車両を撮り終えるまでは気が気ではありませんでした。

こんな思いはしたくないものです。

 
 * * *

 

ということで、今回は先週のダイヤ改正で「スーパーあずさ」の定期運用から離脱したE351系の1枚をアップしたいと思います。

お召列車の予備編成として整備されていたモトS4編成の サロE351-4(長モト)です。

 
サロE351-4

サロE351-4(長モト)  2018年2月1日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

「スーパーあずさ」はビジネス客が多いのでブラインド開の状態を撮影するのが難しいですが、やっときれいに撮れたグリーン車です。ですが、残念ながら台割の関係でこの写真はボツになってしまいました。

 
お召列車予備編成のグリーン車なので防弾ガラス付きの可能性が高い車両です。

しかし、E351系の場合は従来から固定窓なのでその真偽は分かりません。
185系の サロ185-11・208 のように外観が変わるほど側窓が改装されていれば分かるのですが…

もう少し現車を観察していればよかったのですが、すでに運用から外れているのでそれも叶いません。

今となってはピコ太郎にしか見えないJR九州の“或る列車”(キロシ47 9176)

あけましておめでとうございます。

2017(平成29)年のブログ「店長のツブヤキ」は本日より始まります。

あまりに当たり前すぎてスポットライトが当たらないJR車両などをどんどんアップして行きたいと思いますので、本年もよろしくお願いいたします。

鉄道専門の古本屋「トレインブックス」も、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 * * *

 

12月に九州遠征に出掛けて以来、形式写真のメイン機 D800E には触れていません(サブ機はありませんが…)。

しばらく撮影していないと勘が鈍ってしまうので D800E を持って撮影に出たいのですが、気軽に日帰りで出掛けられる首都圏近郊はほとんど晴れ続き。

九州遠征で使い切れなかった“青春18きっぷ”の残りを消化したいのですが、今回は厳しそうです。

 
この年末年始に出掛けたのは、元日に娘の高校受験の合格祈願のために鎌倉市の荏柄天神社にお参りしたくらい。

 
元日の荏柄天神社

 

鎌倉駅のそばで奥さんがお土産を買っているときに、娘を撮ってみたり…

 

 

鎌倉から帰りに江の島弁天橋に寄って黄昏時の富士山を見たり、ほんの2区間だけども小田急ロマンスカー「えのしま」に乗車して新年早々少しだけリッチな気分に浸ったたり。

近場の家族旅行みたいなものでしたが、お正月休みは十分に楽しみました。

 
江の島弁天橋からの富士山

 

ところで、

つきみ野からは富士山がほとんど見えません。

手前に丹沢の山々がそびえ立っているからで、日常生活で見える富士山は山頂部分の少しだけ。
丹沢に雲が掛かるとそれすら見えなくなります。

この写真のように富士山の左右の稜線が揃って見えると何かワクワクしてしまいます。

 
小さいときにヒガハス(東北本線東大宮〜蓮田間)の沿線に住んでましたが、そのときの方が富士山がよく見えました。私にとっては遠い過去のことですけどね…

 
 * * *

 

年末年始にテレビを見ているとピコ太郎が売れているのに気付きます。

普段はほとんどテレビを見ないのでとても新鮮ですが、このキャラクターを見ているとどうしても先月末に撮影した「或る列車」を思い浮かべてしまいます。

 
「或る列車」はJR九州がキハ47形の2両編成を改造した豪華スイーツ列車です。

JR九州の前々身にあたる九州鉄道が発注したアメリカ製の豪華客車(のちに“或る列車”と呼ばれた)をモチーフにしてますが、これは一ひねりが加えられたためにややこしい物語に仕上げられました。

 
素直に「当時のアメリカ製客車を現代風に!」となればよかったのですが、JR九州の“或る列車”は原信太郎氏が当時実際に見た車両をもとにオリジナルのデザインを加えて製作した真鍮製模型車両をプロトタイプにしました。

 
水戸岡鋭治氏のデザインでスイーツ列車として現代風にアレンジされた。

そこまではいいのですが、真鍮製未塗装の模型がプロトタイプだったので、JR九州の“或る列車”は、日本人のデザインとは思えない品位のない金色の豪華車両に仕立てられてしまいました。

何しろ真鍮製の模型をモデルにした本物の車両なのですからね…

 
そして、最近のピコ太郎の活躍です。

 
JR九州のD&S(デザイン&ストーリー)列車は応援していますが、もう少し多様性がないと飽きられてしまいそうで怖いです。

もう少し若手のデザイナーを育てるように路線を拡張した方がいいのでは、とお節介な気持ちが出てしまいます。

 
キロシ47 9176(或る列車)

キロシ47 9176(分オイ)  2016年12月23日 長崎駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。