「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

木次線用のキハ120形200番代(キハ120 207)

line

遠征3日目、当初は広島や下関あたりを絡めるつもりでいましたが、曇りベースだった天気予報が徐々に晴れベースに変わってきましたので、山陽本線沿いをあきらめて中国山地を越えることにしました。

米子・鳥取のうち“くもり”の予報確率が高い方へ行けるように、米子自動車道の大山パーキングエリアで夜を明かしましたが、3日目の朝は豪雨。せっかくの遠征で何も撮影できないのは避けたかったので、降水量が少なそうな島根県へ移動することに、そしてターゲットを木次線のキハ120形200番代に決めました。

 
木次駅に着いたら運よく雨が上がりましたが、今度は“曇り”を通り越して“晴れ”に。ねらっていた鋼製車体のキハ120形200番代がホームに止まっているのに、天気がよすぎて撮影できない状態に。結局カメラをセットしてから撮影するまで30分以上かかりましたが、下の写真のようにうまく撮れました。

 
キハ120 207

キハ120 207(米キス)  2011年6月2日 木次駅

 

その後、木次駅から米子駅へ向かいましたが、その間はず〜っと“晴れ”。米子駅での撮影はあきらめ、鳥取駅へ移動しましたが、鳥取駅も“晴れ”。空に低そうな雲が多く、待っていれば曇りそうだったので駅で時間を潰してましたが、曇ったのは一瞬だけでした(曇ったときにキハ126形を2両だけ撮影)。

「曇りときどき雨」という天気予報、でも実際は「ほとんど晴れ」。こういうことはよくありますが、何度経験しても精神衛生上よくありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kiha120_207/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP