「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

木次線用のキハ120形200番代(キハ120 206)

line

撮影したときに「イマイチ」だったと決め付けていた写真。そんな写真データを改めて開いてみると、「悪くないな〜」に変わり、うまくレタッチできたら「いいね!」に変わることがあります。

 
ここ最近はJR西日本・JR四国の小形気動車をアップしていますが、今回は3年前に撮影後、自分の中でお蔵入りしていた写真データを改めて Photoshop CC でレタッチしてみましたので、その写真をアップいたします。

木次鉄道部に配置されている元祖キハ120形の1両、キハ120 206(米キス)です。

 
キハ120 206

キハ120 206(米キス)  2011年6月2日 木次駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

木次鉄道部には、1991(平成3)年に投入されたキハ120形200番代が3両(キハ120 206〜208)と、1992(平成4)年に増備されたキハ120形0番代(キハ120 1〜5)が配置されており、これら2種類のキハ120形が木次線と山陰本線松江〜宍道間で共通運用されています。

ステンレス製のキハ120形0番代の方が多い中、3年前の山陰遠征のときは木次駅に1時間ちょっとしか滞在していなかったのに、4両編成の端っこに キハ120 207 が連結されていて、庫内の入換で駅ホーム横に一瞬停車した車両が今回アップした キハ120 206。
運がよかった!と言っていいでしょう。

 
その後、鋼製車体のキハ120形0番代は越美北線の車両ともども8両すべてがタラコ色と揶揄される首都圏色(朱色5号)に塗り替えられてしまいましたからね。

このときに記録できてよかったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kiha120_206/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP