「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

南武支線用のクモハ205形1000番代(クモハ205-1002)

line

9月上旬のプチ出撃のうち、こちらに報告していない出撃がまだありましたので、今回はそのときの写真をアップします。

昨日(9/25)アップした209系2200番代と同じ南武線という路線名ですが、通称南武支線と呼ばれる、尻手〜浜川崎間の約4kmだけを行ったり来たりしている クモハ205-1002(横ナハ)です。

 
クモハ205-1002

クモハ205-1002(横ナハ)  2013年9月6日 川崎新町駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

この線区向けの205系1000番代は中間電動車ユニットの両端に乗務員室(運転室)を取り付けた2両編成ですので、クモハ205形1000番代とユニットを組むクモハ204形1000番代も同形状の運転室が取り付けられています。

 
2001(平成13)年3月に改造された クモハ205-1002 は元中央総武緩行線用の モハ205-282 が種車なので出入扉の窓が大きいですが、元山手線用で初期形の モハ205-23 を改造した クモハ204-1003 は下の写真のように扉窓が小さくなっています。

 
クモハ205-1003

クモハ205-1003(横ナハ)  2008年7月27日 川崎新町駅

 
こちらの写真は2008(平成20)年に撮影していますので、まだこのときはオリジナルの菱形パンタグラフ(PS21)を搭載してました。

この翌年の2009(平成21)年にシングルアーム式のパンタグラフ(PS33E)に換装されて、現在のような姿になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kumoha205-1002/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP