「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

モハ205形の最若ナンバー車両(モハ205-13)

line

今週は奥さんが中国出張、それに両親の通院が重なったので、少々ヘロヘロです。

日頃から、平日に限ってはシングルファーザーで、奥さんは寝に帰っているようなものなので、ほとんどやっていることはいつもの平日と変わりません。でも、やっぱり疲れますね…

 

1985(昭和60)年に登場した205系は、量産先行車として落成した10両編成4本(のちのヤテ1〜4編成)は上段下降・下段上昇の2段窓でしたが、5本目(のちのヤテ5編成)からは側窓が1段下降窓に変更されてスッキリした外観に変わりました。

そのスッキリ外観の第1編成である元ヤテ5編成のうち4両は、中原車両センター(転属当時は中原電車区)のナハ50編成に組み込まれています。

先日のプチ出撃のときにナハ50編成の中間車だけが撮影できましたので、今回はその中からモハ205形の現存車では最若ナンバー車両となる モハ205-13(横ナハ)をアップしたいと思います。

 
当たり前のことを書きますが、昨日(9/26)アップした南武支線用の クモハ205-1003 と同じように扉窓が小さくなっています。

JR東日本エリアに限った話しですが、これが元山手線用車両の証しです。

 
モハ205-13

モハ205-13(横ナハ)  2013年9月11日 武蔵溝ノ口駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_moha205-13/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP