「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「ホリデー快速富士山3号」の クハ183-1018

line

昨日(9/23)は朝方だけ武蔵野線の新秋津駅までプチ出撃してきました。

 
この駅は中線があって手前2線空きで形式写真が撮れるのは知っていたのですが、場所が中途半端で、距離の割に時間が掛かるので行ったことがありませんでしたが、豊田車両センター(八トタ)の115系6両編成(M40編成)が昨日の「ホリデー快速鎌倉号」を最後に営業運転から離脱するといううわさがあったので、駆け込みで行ってきました。

 
M40編成は八トタ唯一の6両編成で、この中でも モハ115-348 だけは未撮影だったので、この車両がメインターゲットでした。

しかし、残念ながら撮影直前に晴れてしまったのと、偏光フィルターの設定を間違えてしまい、車体がギラギラになってしまったので、ちょっと残念な結果になってしまいました(うまくレタッチができたら、こちらにアップします…)。

ですので、
「ホリデー快速鎌倉号」の数分後に武蔵野線を南下した「ホリデー快速富士山3号」のうち指定席車として使用されていた旧“あずさ”色の クハ183-1018 がうまく曇ったときに撮れましたので、今回はこちらをアップします。

 
クハ183-1018

クハ183-1018(千マリ)  2013年9月23日 新秋津駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

クハ183-1018 は幕張車両センター(千マリ)所属ですが、大宮総合車両センター(宮オオ)東大宮センターに常駐している波動用の183系6両編成(マリ31編成)に組み込まれた車両です。

2013(平成25)年6月までは、大宮総合車両センター(元田町車両センター)所属の183・189系6両編成(H61編成)が使われていましたが、列車名が「ホリデー快速河口湖号」に変わったこの夏臨からマリ31編成に変更されています。

 
現在も千マリに在籍する183系の2編成は、“あずさ”時代の塗色をまとっています。

マリ31編成は2002(平成14)年4月に松本運転所(長モト)から幕張電車区(千マリ)に転入しましたが、当時の房総特急には充当されなかったので、国鉄特急色には変更されず“あずさ”色のままで残りました。

ただ、特急「あずさ」の定期運用には入らないので、先頭部側面の“azusa”のロゴは消されています。

 
ちなみに、“azusa”のロゴは下の写真のようなもので、それほど目立たないものでした。

 
クハ183-151

クハ183-151(長モト)  1992年12月23日 甲府駅

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kuha183-1018/trackback/

トラックバック

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP