「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

“あきたクルーズ号”転用前の“リゾートしらかみ”時代に撮影した キハ48 1701

line

先日発売された鉄道ファン2020年2月号の巻末に“JR車両データバンク”が掲載されておりました。

 
JR車両の2020(令和2)年度上半期の動きが一覧できるので、暇なときにサクッと確認してみました。

ほとんどが既にチェック済みのことばかりでしたが、ノーチェックで未撮影だった車両が人知れず廃車となっていました。

 
秋田車両センター(秋アキ)に配置されていた“あきたクルーズ号”の4両で、9月1日付けで廃車。

 
いまでも同誌のJR団体臨時列車運転予定コーナーに“あきたクルーズ号”の欄があるので、コロナ禍が落ち着いてクルーズ船の需要が戻ったら運転されるものと思っていました。でも、それを待たずにアッサリ廃車されたようです。

 
“あきたクルーズ号”は、2016(平成28)年7月にHB-E300系に置き替えられた快速「リゾートしらかみ」の旧橅(ブナ)編成の4両で、秋田港に寄港するクルーズ船の乗客専用列車「秋田港クルーズ列車」(秋田〜秋田港間)に転用するため2018(平成30)年に整備されました。

整備といっても塗色変更を施した程度で、それまでの白色ベースに緑色をいれたカラーリングから旧青池編成のような白色と青色に変更されました。

客室などの内装は「リゾートしらかみ」時代のままで、2018年4月から「秋田港クルーズ列車」として営業が開始されました

 
「リゾートしらかみ」の各編成がすべて4両化される直前に当時の橅(ブナ)編成の3両は撮ってますし、のちに橅編成に組み込まれた中間車の キハ48 1543 も青池編成当時に撮影してますが、爽やかなカラーリングになってからの4両も撮影したいと思っていただけに残念でした。

 
ということで、今回はひっそりと廃区分となった1区分1両のキハ48形1700番代、旧橅(ブナ)編成の2号車に連結されていた キハ48 1701(秋アキ)をアップしたいと思います。

ボックス席(セミコンパートメント)を配した客室なので、同編成の先頭車(キハ48 701・702)とは窓配置が大きく異なっています。

 
キハ48 1701

キハ48 1701(秋アキ)  2011年8月2日 北金ヶ沢駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

3両編成時代ですが、中間に封じ込まれている キハ48 1701 の乗務員室(運転室)と キハ48 702 に貼付されていた大きなロゴも撮影してましたので、合わせてご覧ください。

 

橅(ブナ)編成の連結部分

キハ48 702(左)とキハ48 1701(右)の連結部分

 

碇をかたどった“あきたクルーズ号”のロゴも撮っておきたかったのですが、残念ながら叶いませんでした…

 
こんなとこにもコロナ禍の影響が及んでいるとは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jre_kiha48_1701/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP