「アンパンマン列車」仕様の2000系中間車(あかちゃんまん号の 2210)

2歳の姪っ子がアンパンマンが大好きで、その中でも“メロンパンナ”と“ロールパンナ”が好きだということだったので、どちらかのキャラクターがデザインされた車両を撮っていないか探してみましたが、残念ながらありませんでした。

 
「メロンパンナ号」は岡山・高松方の貫通形先頭車の 2113、「ロールパンナ号」は宇和島方の非貫通形先頭車の 2152 です。いずれも特急「しおかぜ」「いしづち」「宇和海」の一部の列車に連結されます。

この2両を撮っていれば姪っ子を喜ばせることができたのですが、空振りに終わりました。

 
JR四国管内には、日本テレビ系列の人気アニメ「それいけ!アンパンマン」のキャラクターがデザインされた「アンパンマン列車」がたくさん走っています。

昨年今年と続けて2回も八幡浜に訪れたましたが、ここにやってくる松山運転所(四マツ)の「アンパンマン列車」仕様の2000系気動車は高知運転所(四コチ)のように固定運用されていないので、特定のキャラクターを追いかけるのは大変です。

外装が普通の一般車両が連結されることが多いですし、2000系は停車後もなかなか揺れが収まらない車両なので、1列車で何両も撮ることができません。

そのことが原因だと思うのですが、この2回の四国遠征で四マツの「アンパンマン列車」仕様車をたくさん撮ったつもりだったのに、数えてみたら4両しか撮っていませんでした。四マツに11両も在籍しているのにね…

 
もう少しあったと思っていたのですが…

 
今回はそのうちの1両をアップしたいと思います。
本来は地味な地味な中間車ですが、「それいけ!アンパンマン」のキャラクターで賑やかな外装となった「あかちゃんまん号」の 2210 です。

 
2210(JR四国)

2210(四マツ)  2014年6月7日 八幡浜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

車体側面に「それいけ!アンパンマン」のキャラクターがたくさん並んでいますが、後位車端部にその車両のテーマ・キャラクターが大きく描かれています。

 
中間車の2200形は車端部にトイレがないためドア横のスペースが狭いので、隣の“カレーパンマン”や“ドキンちゃん”よりも控えめな大きさになっています。

そのため、“ばいきんまん”“ドキンちゃん”“カレーパンマン”など人気の高いキャラクターはトイレ付きの先頭車両(2000・2100・2150形)に、通好みのキャラクターは中間車の2200形に充てられています。

 
四マツには2000系が25両配置されていますが、そのうち11両が「アンパンマン列車」仕様車に改装されています。

「アンパンマン列車」仕様車となった中間車(2000形)は4両で、それぞれのキャラクターは次のようになっています。

・おむすびまん号:2204
・どんぶりまんトリオ号:2208
・あかちゃんまん号:2210
・パンこうじょうのなかま号:2217

 
なお、現在のキャラクター・デザインは4代目で、数年ごとにデザインがリニューアルされています。

 
あかちゃんまん



この形式写真に関連するタグ: 2000系 , JR四国

「宇和海」で使用されている2000系試作車(TSE)の元貫通形先頭車 2101

すぐに書けなかったので間が空いてしまいましたが、一昨日(6/11)の晩は形式写真撮りの仲間たちのオフ会に参加しました。

 
今回の参加メンバーは、「I TREN I~失われし鉄道車両を求めて」の冨田さん、「デジタル形式写真館」の横山さん、「24系写真集」の川崎さん、「103系電車の総合研究サイト CLUB 103」の永尾さん、かつて形式写真集を出されていたAさん、そして「国鉄型車両の系譜」シリーズで写真提供してもらったKさん。

皆さんともすごいメンバーなんですよ。

きちんと確認してないですが、ここ最近の半年を振り返ると、今回参加したメンバーの誰かしらの形式写真が毎月鉄道雑誌などに掲載されていましたからね。

こちらでは告知しませんでしたが、私自身も「北斗星」「トワイライトエクスプレス」関連のムックに写真などを提供していましたので、多分、そうだと思います。

 
かつてのように、

(1) 車両基地を列車に乗って通り過ぎる、
(2) 撮りたい車両を目撃したらすぐに下車し、
(3) 車両基地に行って入場許可をもらって、
(4) 三脚をセットして形式写真を撮る、

ことが望めなくなったので、最近は駅ホームなどで車両写真を地道に撮っていくことが重要になっています。

しかも、近年は列車事故対策として駅構内に保安設備が設置される例が多くなったので、形式写真を撮るのに好適な駅ホームも減少気味。

一方で、鉄道会社が地域ごとに最適な車両をつくり、編成単位で車両を管理するように変わったため、国鉄時代よりも形式区分が爆発的に増加しました。

 
このように撮影環境が変化しているので、最近は形式写真を撮るための撮影地情報が重要になっています。

でも一方で、形式写真は誰にでも撮れるようなつまらない鉄道写真という印象があるからなのか?撮影するための情報がなさ過ぎという現実が。

 
それを補うためにFacebookでグループを作ったのですが、たまには会ってワイワイやらないとね〜、ということでだいたい1年に1回のペースでオフ会を開催しています。

 
今回もオフ会で今後の撮影計画をより強化するための情報をもらいましたので、これからも、これといって珍しくも何ともない全国のJR車両を追いかけていきたいと思っています。

 
わたしの場合、平常運転では、1年に1回か2回くらいしか呑み会に参加する機会がないので、楽しい時間を満喫することができました。

と書きましたが、今年は珍しくて今回のオフ会は今年3度目の呑み会でした。

 
 * * *

 
今回は、先月下旬の四国遠征のときに撮影した2000系試作車(TSE)の 2101(四マツ)をアップしたいと思います。

 
2101(JR四国)

2101(四マツ)  2015年5月23日 八幡浜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

JR四国の2000系試作車(TSE)は平成元(1989)年に登場した世界初の振子式気動車であるとともに、日本で初めて制御付き振子式の基本構成を確立した車両でもあります。

TSEによって得られた実績を元に、JR九州の883系電車、JR北海道のキハ281系をはじめ、JR各社の振子式車両が開発され、そして発展していきました。

 
TSEは非貫通形先頭車の 2001、貫通形先頭車の 2101、中間車の 2201 の3両編成です。

写真の 2101 は便宜上貫通形と記すことがありますが、オリジナルの貫通扉が見られたのは「うずしお」への転用改造が施工される1993(平成5)年までの話しで、このときに貫通扉がプラグドア式から通常の貫通構造に改められ、その後は板で塞がれて現在の姿になりました。

2000系量産車や8000系電車の登場によって高松→松山→高松と何度も転属を繰り返すなど不遇な時期が続きましたが、平成15(2003)年の松山転属以降は特急「宇和海」のグリーン車なし運用が安住の地になったようです。

 
ちょうど鉄道趣味をやめていた時期にTSEに大きな動きがあったので、引退が噂されるこのような時期まで撮影の機会がありませんでした。

でも、こうしてギリギリにエポックメイキングな車両が撮れたことに感謝しています。これも何かの運命でしょう。



この形式写真に関連するタグ: 2000系 , JR四国

「宇和海」で使用されている2000系試作車(TSE)の非貫通形先頭車 2001

阿波加茂駅から名神高速道路の大津S.A.まで一気に運転。

ここのベンチに座っていたら涼しい風が気持ちよかったので、久しぶりにブログを更新したいと思います。

 

5/13(水)に キハ84-1 をアップしましたので、それに続いてキハ84形の分類をネタに続きを何回か書こうと思っていましたが、ダラダラ続いている新事務所の片付けに終止符を付けるために少々無理をして片付け作業を優先していました。

そのため10日近くも更新できず仕舞いになってしまいました。

申し訳ありません。

 
新事務所にお客さんをお招きすればその期日までに絶対片付けるだろう、そう考えて金曜日(5/22)に来てもらう約束を。

連続して曇ってくれるような天気予報が出てくれないかな〜 という思いつつ、バラバラに保管されていた鉄道雑誌類をとにかく片付けていました。

 
数日前までは通路いっぱいに本が山積みになっていましたが、おかげさまでそれもスッキリ。気持ちもスッキリ。

これで曇り予報が続くような地域があれば出撃できる、と天気予報をチェックしたところ、この週末に西日本を中心に曇る予報が出されましたので、睡眠障害気味でたまりに溜まった寝不足を押し切って、金曜日(5/22)の晩から四国遠征に行ってきました。

 
昨年6月の四国遠征はほとんど空振りだったので、今回はそのリベンジが目的。もちろん、今回もワゴンRの車中泊。

近々置き替えが噂されている2000系試作車(TSE)と新幹線0系顔の“鉄道ホビートレイン”(キハ32 3)をメインに考えていましたが、どちらも撮影場所が四国の西側でいきなり行くには遠すぎるので、まずは徳島駅に向かうことにしました。

 
徳島駅はホーム横の留置線にいろいろな車両が入れ替わり立ち替わり留置されるところで、お昼前まで2時間ぐらい滞在すればだいたいの形式が撮れると予想していきましたが、案の定、特急「うずしお」用のN2000系以外はすべて押さえることができました。

もっと長居すればN2000系が来たのかも知れませんが、徳島を11時頃に出て八幡浜に向かえばTSE使用の特急「宇和海」が撮れることが分かったので、後ろ髪を引かれる思いで八幡浜に移動しました。

 
前回の四国遠征は八幡浜に2日間も滞在したのに、TSEで撮れたのは中間車の 2201 だけ。

なので、今回の遠征は両先頭車の 2001(非貫通形・宇和島方)と2101(貫通形・高松方)が撮れればOK。

こういうときに限って撮りたい車両が運用から外れることが往々にしてありますが、今回は中間車(2201)のみ量産車に差し替えられており、運用から外れていました。

 
昨日(5/23)は移動ばかりで、駅ホームにい時間はそれほどではありませんでしたが、撮影中はいい感じで曇ってくれました。

徳島では到着直後には薄日が差していたのに、撮影準備が終わると曇りに。
八幡浜は雨雲レーダーでは雨降り地域に入っていたのに、実際は雨にならず曇り。

運がよかったです。

 
前回の四国遠征は曇り予報だったのに晴れたり豪雨になったりで散々でしたからね…

 
以上、遠征1日目の動きでした。

 
 * * *

 
今回は遠征初日に撮影した写真の中から特に達成感のあった1枚をアップしたいと思います、特急「宇和海」で使用されている2000系試作車(TSE)の 2001(四マツ)です。

 
JR四国 2001

2001(四マツ)  2015年5月23日 八幡浜駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 2000系 , JR四国