EF65形2000番代に改番された EF65 2101

今日は久しぶりに動きが取れる日に曇ってくれたので、サクッと(いやチョット遠いですが)蘇我駅まで新鶴見機関区(新)のEF65形を撮りに行ってきました。

ねらったのはPS17(菱形)パンタグラフ付きの EF65 1040 だったのですが、運用を読み間違えてしまい実際に来たのは塗装がきれいな EF65 2101 でした。

一昨日(5/23)にJR貨物のEF65形1000番代が2000番代に改番された経緯について書きましたが、その新形式区分車を撮ってしまったということです。

 
EF65 2101 はJR東日本所属だった元ブルトレ牽引機 EF65 1101 を改番した100km/h制限機ですが、約2週間前の5/9(水)に“EF65 1101”として大宮車両所から検査出場したばかり。

その際に前面ナンバープレートがこれまでの白色から青色になって話題になっていたのに、すぐまた改番にともなって切り文字を配した2000番代の青色プレートに交換されました。

ナンバープレートのフォントはEF81形600番代のようにJR貨物の新形電機に準じたものではなく、改造前の国鉄時代のフォントと同じようです。

 
EF65 2101 は昨日(5/24)から運用に入ったみたいですが、未改番の稼働車も順次改番されてプレートが取り替えられることになると思います。次は何号機が改番されるのでしょうか?

 
EF65 2101

EF65 2101(新)  2012年5月25日 蘇我駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
これまで EF65 1069以降はエッチング加工を施したプレートだったので、正面以外から見ると反射して形式番号が読みにくかったのですが、切り文字になったので見やすくなりました。



この形式写真に関連するタグ: EF65・EF67形 , JR貨物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=5969