2月から川越・八高線で活躍しているE231系3000番代(クハE231-3002)

今回は、先週水曜日(5/23)のプチ出撃の続きです。

 
この日は朝5時30分過ぎにE233系の撮影が終わってしましたが、このまま戻って寝直すほど眠くはなかったので、その勢いのまま川越・八高線の高麗川駅(埼玉県日高市)へ移動することにしました。

 
川越線と八高線電化区間は川越車両センター(宮ハエ)の4両編成が使用されています。

これまでは、元山手線の205系3000番代とオリジナルの209系3000番代、そして元りんかい線(東京臨海高速鉄道)の209系3100番代が入り乱れていました。

しかし、山手線にE235系が投入されて大々的な車両転用劇が始まったため、宮ハエに元中央・総武緩行線の209系3500番代とE231系3000番代が転入してきました。

 
川越・八高線の4両編成は10本使用、1本予備で回しているので、通常は11本しか配置されていません。

205系3000番代を置き替えるために209系3500番代とE231系3000番代が2本ずつ転入し、この4本は2月から徐々に運用に入っています。

車両の置き替えの途中ということもあって、現在は一時的に5種類の車両が入り乱れた状態になっています。

 
ゆくゆくは209系3500番代とE231系3000番代の2種類に統一されると思いますが、まだ転入改造が終わっていないので、この状態はしばらく続くと思われます。

車齢の若い元りんかい線の209系3100番代(中間車)を考えるともったいない気がしますが、積み残しが出そうなほど混み合う八王子〜北八王子間のことを考えると、少しでも車体幅の広い車両で揃えておきたいところだと思います。

 
ということで、今回は元中央・総武緩行線のミツB6編成で、現在はハエ42編成に転用されている クハE231-3002(宮ハエ)をアップしたいと思います。

 
クハE231-3002

クハE231-3002(宮ハエ)  2018年5月23日 高麗川駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: E231系 , JR東日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.train-books.net/news/wp-trackback.php?p=29061