「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「サンダーバード」付属編成の貫通形先頭車(クモハ683-3523)

line

先日、「サンダーバード」の付属編成に連結されている流線形先頭車の クハ681-203 をアップしましたが、これは吹田総合車両所京都支所(近キト)配置の3両増結編成が金沢総合車両所(金サワ)が受け持つ編成に連結されたときでしたので、珍しい例だったのかも知れません。

通常、金サワ持ちの「サンダーバード」には683系2000番代の3両編成(R10〜R13編成)が増結されるので、“サンダーバード”仕様のクモハ683形3500番代(クモハ683-3522〜3525)が富山・魚津方の先頭車となります。

 
683系2000番代はもともとJR東海管内に乗り入れる特急「しらさぎ」用に投入された車両で、5両基本編成(S01〜S12編成)と3両付属編成(S21〜S29編成)を組み合わせた5・8・11両編成で運用されています。

「サンダーバード」用の3両付属編成(R10〜R13編成)は「しらさぎ」用に引き続いて製造された683系2000番代の増備車で、番号も「しらさぎ」用の続番になっています。しかし、編成全体の向きが「サンダーバード」「しらさぎ」は互いに逆向きになっているので、それぞれの列車ごとに運用が分かれています。

 
R10〜R13編成は、「サンダーバード」用として先に投入された681・683系の付属編成(V編成)とも扉位置が異なるので、「サンダーバード」用車両のなかでも運用が難しい編成で、多客期にならないと撮影のチャンスに恵まれないようです。

 
先日の北陸遠征は3連休という12両編成が見られる時期に現地入りしていたので、「サンダーバード」用のクモハ683形3500番代をしっかり押さえることができました。

ということで、今回は“サンダーバード”仕様のクモハ683形3500番代、クモハ683-3523(金サワ)をアップします。

先日アップした クハ681-203 と同じ付属編成の奇数向き先頭車ですが、こちらは付属編成どうしで連結できるように貫通形となっています。

 
クモハ683-3523

クモハ683-3523(金サワ)  2014年11月3日 高岡駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kumoha683-3523/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP