「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

播但線のキハ40形2000番代(キハ40 2046)

line

今月初旬に和田山駅に1日滞在し、空が曇った時間帯に形式写真をたくさん撮っていましたので、今回はその中から福知山電車区豊岡支所(福トカ)の キハ40 2046 をアップします。

 
キハ40 2046

キハ40 2046(福トカ)  2013年3月3日 和田山駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

福トカにキハ40形は キハ40 2007・2008・2046 の3両が配置されていますが、キハ41形(5両)と共通で運用されているため、キハ40形を和田山駅の4番線で撮るのは非常に困難です。
しかも、ワインレッドを基調とした豊岡色のキハ40形は キハ40 2008 だけになってしまったので、ここで撮るのは半ば諦めています。

和田山で粘った日も4番線ホームには入ってくれなかったので、キハ40 2046 との並びしか撮れませんでした。

 

キハ40 2008とキハ40 2046

キハ40 2008(左側)とキハ40 2046(右側)

 
豊岡地区は除雪用ディーゼル機関車(DE15形)が配置されるほどの豪雪地帯ですが、なぜかここのキハ40形には暖地向け(スリットタイプ)のタイフォンが取り付けられています。

福トカのキハ40形は、キハ40 2046 のみジャンパ栓受の取り付けスペースの凹み(助士席側)が残っていますが、キハ40 2007・2008(上の写真左)の2両は塞がれています。

 
現在は塗り替えの過渡期で豊岡色と首都圏色の双方が存在するので、外部塗色と助士席側の凹みに注目するとキハ40形の番号を特定することができます。

 

DT22Dに取り付けられたセラミック噴射装置(キハ40 2046)

DT22Dに取り付けられたセラミック噴射装置(キハ40 2046)

 
キハ40形は前位台車(DT22D)の車体中心寄りの1軸が駆動軸ですので、空転・滑走防止対策としてセラミック噴射装置(セラジェット)が後年改造により取り付けられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kiha40_2046/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP