「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

高山本線の高岡色 キハ28 2360

line

昨日(7/26)、「こがね」の中間車 キハ29 506(仙ココ)を旧運転台(1位)側から撮影した写真をアップしました。のっぺりした妻面の車両として紹介しましたが、写真向こう側の2位側車端部は喫煙室にサロン室のような大窓が設けられているので、のっぺりとした印象が薄れています。
岩切駅で2位側からも キハ29 506 を撮影していますが、ブローニーフィルムでの撮影で未スキャンのポジですので、こちらの写真はまたの機会にさせてください。

キハ58系は全国各地でたくさん走っていた気動車でしたが、2011(平成23)年3月11日に高山本線(猪谷〜富山間)から運用離脱したのを最後に一般形車両は過去のものとなってしまいました。稼働可能な車両も 盛岡の「kenji」の3両(キハ58 1505 + キハ28 2010 + キハ58 650)とJR九州の「あそ1962」の2両(キハ58 139 + キハ28 2401)だけです。

キハ58系がめずらしくも何ともない時期(1990年ごろ)に非冷房車を中心に追いかけたことがありますが、あまり形式写真を撮影してこなかったのを後悔しています。特に地域色の車両はほとんど撮影していません。

でも、キハ58系はとにかく車両が多く、普通列車から急行列車まで、北は北海道、南は九州で走っていましたので、追いかけきれませんでした、というのが実際のところです。

今回は数少ないデジカメ写真のうち、高山本線(猪谷〜富山間)で最後の活躍をしていた高岡色のキハ28形300番代、キハ28 2360(金トヤ)をアップします。
 
キハ28 2360

キハ28 2360(金トヤ)  2007年12月2日 富山駅

 
キハ28 2360 は高山本線からキハ58系が引退したときに走っていた旧国鉄急行色のうちの1両でした。
このことを勉強不足のため初めて知りましたが、最後に国鉄急行色で走っていた2両は客寄せのために塗り戻していたんですね。てっきり他地域からの転入車がたまたま国鉄急行色のまま残っていたのだと思っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrw_kiha28_2360/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP