「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「ゆうゆうアンパンマンカー」の キロハ186-2(その2)

line

高徳線・徳島線を走る“アンパンマン列車”には室内をプレイルームなどに改装した「ゆうゆうアンパンマンカー」キロハ186-2 が連結されていますが、このキロハ186形は半室をグリーン室とした2両のみの稀少形式です。

下の形式図のとおり、前位側がグリーン室、後位側が普通室となっているので、短編成でもグリーン車を組み込めるようになっています。しかし、車両需給の関係で全8両のうち4両がJR九州に売却されて全室普通車(キハ186形)に改造され、JR四国に残った4両のうち2両が2000(平成12)年に「アイランドエクスプレス四国 II」の欧風車両に改造されたため、“キロハ186”は2両だけになってしまいました。
 
形式図(キロハ186)
 
2000系気動車の増備によりキハ185系列車が短編成化&グリーン車不連結化されたため、“キロハ186”は多客期の特急「しおかぜ」以外で出番がなくなってましたが、2002(平成14)年に キロハ186-2 が「ゆうゆうアンパンマンカー」に抜擢されて見事に復活しました。

“キロハ186”の形式のままですが、グリーン室は設けられていません。旧グリーン室は壁紙やシートモケットなどが“アンパンマン”仕様に取り替えられて、“プレイルーム”で遊ぶ乗客向けの指定席に変更されています。1列分の座席が撤去されてベビーカー置場が設置されたため、定員は24名から20名になりました。
 
キロハ186-2(指定席)

普通室(後位側を撮影、背ズリにアンパンマンが描かれている)

キロハ186-2(指定席・仕切壁)

普通室(仕切側を撮影、向こう側にプレイルームが見える)

 
旧普通室は完全に座席が撤去されて、小さな子どもたちが遊ぶ“プレイルーム”に改装されています。
 
キロハ186-2(プレイルーム)

プレイルーム(前位側から撮影)

 
うちの子どもたちはもうアンパンマンを卒業してしまいましたが、「ゆうゆうアンパンマンカー」みたいな子どもがいる家族向けの列車が増えると、クルマ社会で暮らしていても「電車に乗ろうよ!」ってことになりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrs_kiroha186-2_2/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP