「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

3月ダイヤ改正で離脱した783系5両編成のモハ783形0番代(モハ783-13)

line

JR九州のダイヤ改正後の動きを Twitter レベルで追いかけていますが、コロナ禍が収束するのを待つまでもなく783系の余剰車は解体されているようです。

 
2021(令和2)年3月ダイヤ改正で783系の5両編成は定期運用から離脱しましたが、もともと予備車が少ない綱渡りの運用だったことから、失職した5両編成6本のうちCM2・CM3・CM5編成の3本については2号車のモハ783形を抜いて4両編成となり、「みどり」「ハウステンボス」などの代走に用いられるようになりました。

この動きはダイヤ改正前から始まっていて、3月初旬にCM3・CM5編成のモハ783形を減車してCM31・CM32編成に組み込み、4両に組成変更されたCM3・CM5編成が「ハウステンボス」運用に就いているのを九州遠征のときに目撃していました。

 
3月ダイヤ改正で783系の5両編成の運用がなくなったらモハ783形0番代とともにクロハ782形0番代も区分消滅すると思っていましたが、一連の動きで現役を引退したのはモハ783形0番代の1区分だけでした。

「きらめき」「かいおう」で使用されていた4両編成のCM31〜CM33編成も引退し、CM2・CM3・CM5編成から引き抜いたモハ783形を組み込んで5両編成化したうえで保留車となったので、リニューアル色のクロハ783形500番代も見られなくなりました。

しかし、クロハ783形500番代そのものはオレンジ色となったハウステンボス色の5両がまだまだ現役なので、少なくとも西九州新幹線が開業するまでは安泰だと思われます。

 
結果としては、コロナ禍の影響で特急列車の減便に迫られたので、これを機に2021(令和2)年3月のダイヤ改正で783系の運用本数を見直し(減らし)、「みどり」「ハウステンボス」などで使用される783系4両編成の予備編成を確保した、ということになりました。

 
ということで、今回は3月ダイヤ改正で定期運用を失った783系で唯一の形式区分、モハ783形0番代の モハ783-13(本ミフ)をアップしたいと思います。

 
モハ783-13

モハ783-13(本ミフ)  2021年2月27日 鹿児島中央駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

モハ783-13 はミフCM3編成の クロハ782-3 の隣り(2号車)に連結されていましたが、CM3編成から抜かれてCM31編成に組み込まれ、4月下旬に南福岡車両区から小倉総合車両センターに回送されてしまったようです。

 
最後にもう1枚〜

最近になって赤い折りたたみ自転車(Brompton M6R)を増備しましたので、玄関先で記念写真を撮ってみました。

783系のリニューアル色に似た感じのカラフルはカットになりましたが、黄色が入った旧ハウステンボス色の783系写真を用意した方がよかったかな?

 

 

3月に横浜の Green Cycle Station に予約注文し、スエズ運河の座礁事故で少し入荷が送れて5月下旬に到着しました。

これで夫婦揃ってブロンプトン・ユーザーになったので、これまで以上にポタリングを楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrq_moha783-13/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP