「トレインブックス」の新入荷情報や形式写真撮影の活動成果を掲載

「北斗」から「オホーツク」に転用されて苗穂ブルーのHET色に変わった キロ182-505

line

今回は青森・北海道遠征の現地2日目(9/17)の話しです。

 
この日は朝から深川に向かい、キハ54形500番代のトイレ側を撮るつもりでしたが、予報に反して少し晴れてホーム屋根の影が中途半端に車体に影響してしまったので、被写体を目の前に泣く泣く撮影を諦めました。

「オホーツク1号」で遠軽に向かう前に撮っておきたかったのですが、お天気が身方してくれないのなら諦めるしかないですよね…

 
その後、35年ぶりに遠軽入りしましたが、駅の廃れように唖然とするばかり…

でも、撮影が始まればそんな感傷に浸っている暇はないので、汗をかきながら特別快速「きたみ」のキハ54形500番代を撮ってました。

 
この日のターゲットは、JR北海道と東急電鉄が共同で運行した「ロイヤルエクスプレス北海道クルーズトレイン」のけん引機、黄色一色に塗られた DE15 1542 と DE15 1545 の2両。

でも、残念ながらクルーズトレインが遠軽駅に入線する30分くらい前に急に雲がなくなり、ピーカン☀️

 
この駅でスイッチバックするので、機回しの途中を絡めればけん引機を2両ともいっぺんに撮れると思って遠軽に来たのですが、クルーズトレインが入線する前後1時間ちょっとのあいだだけ晴れてしまいました。

 
流石に凹んでしまったので、予定していた14:24発の「大雪4号」では旭川に戻らず、19:19発の「オホーツク4号」まで遠軽に滞在して、たまに来る特急「大雪」のキハ183系とキハ40形を撮っていました。

本来なら16:29発の「えんがる号」という旭川駅前を経由する高速バスがあったのですが、コロナ禍ため当面のあいだ運休。

こんなところで影響を受けてしまったので、ホテルに着いたのはだいぶ遅い時間帯でした。

 
 * * *

 
ということで、今回は2018(平成30)年7月から「オホーツク」「大雪」で使用されているN183系のハイデッカーグリーン車、キロ182-505 (札ナホ)をアップしたいと思います。

 
キロ182-505

キロ182-505(札ナホ)  2020年9月17日 遠軽駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の キロ182-505 は2017(平成29)年3月ダイヤ改正までは函館〜札幌間の特急「北斗」で使用されていましたので、そのときに函館運輸所(函ハコ)の近くの引き上げ線で撮影したことがあります。

当時、こちらにも形式写真をアップしましたが、「北斗」用のキハ183系500番代(N183系)は“噴火湾ブルー”と呼ばれる濃い青色を入れたHET色をまとっていました。

 
その後、「北斗」用のキハ183系500番代は苗穂車両所(札ナホ)に転属し、「オホーツク」転用の準備期間に再塗装されてHET色の青色が“苗穂ブルー”と呼ばれる薄い青色に変更されました。

キハ183系7550番代(元NN183系)は重要機器取り替え工事(機関更新など)の際に苗穂ブルーに既に変更されていたので、キハ183系のHET色車はすべて苗穂ブルーに統一されました。

 

2015(平成27)年7月に撮影した当車の写真と見比べてみれば分かりますが、明らかに青色の色味が違いますよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL: https://www.train-books.net/jrn_kiro182-505_2/trackback/

Recommended book

店長おすすめの鉄道本

JR各社の車両写真を撮るときに、JR車両配置表や編成両数表が手元になると大変便利です。店長もこれらの情報をもとに形式写真を撮影しています。

writing book

店長執筆の鉄道本

撮りためた国鉄形およびJR各社の車両写真をガイドブックや車両紹介コーナーのかたちで掲載しています。いずれも、形式区分の解説、形式写真、形式図、編成表などをまとめた入門書になってます。

トレインブックス

鉄道書籍や、鉄道ファン、鉄道ピクトリアルなどの鉄道雑誌がいつでも揃う鉄道専門のオンライン古本屋

国鉄型車両ファイル

PAGE TOP